トールキン指輪物語事典

概要

カテゴリー書籍・資料等
スペルTolkien The Illustrated Encyclopedia

解説

著者はデビッド・デイ。『ホビットの冒険』『指輪物語』『シルマリルの物語』に登場する人物、生物などの辞典で、イラストも収録されている。内容はそれらの作品に登場した事を整理したもので、『終わらざりし物語』などからの引用は少ない。
ケースの付いた、イラストの一部がカラーの通常版と、ケースが無くなって全て白黒になった普及版の二種類がある。

正確性についての問題

労作ではあるものの、その内容の正確性については批判も少なくない。

代表的なものとしては、原作中で出自が不明な者(ウンゴリアントスリングウェシルドラウグルイントム・ボンバディルゴールドベリ水中の監視者恐るべき獣)を全てマイアールに分類している、といったものがある。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 誤植あり -- くい
  • トールキンが触れていない設定などについて、勝手に想像して書いているところがあるように思う…。
    • 読み手それぞれの想像に委ねて、あえて明示しなかったという作者の意図も汲取らなきゃね -- 2017-10-31 (火) 23:58:47
  • シルマリルを読む前にこれを読んで、年表で灯火の時代とかいうネーミングに想像力を掻き立てられてワクワクしてたら、シルマリル本編ではあっという間に過ぎ去っててショックだったw -- 2013-03-31 (日) 23:20:31
  • 執筆者の想像でふくらませた記述も多いが、これだけ膨大な本(400ページ近く)としてまとめたエネルギーには敬服する。 -- 2016-04-23 (土) 15:03:31
  • 挿絵は20人くらいで分担してるらしく、差が激しい。バット◯ンみたいな「ノルドールの戦士」とか、某グ◯ンワルドみたいな「冥王サウロン」とか -- 2016-04-23 (土) 15:06:50
    • 正直に言って「やる気あるの?」って言いたくなるような適当さの絵も多い。セオデンとかを描いてる人の絵は悪くないと思うけど -- 2016-04-23 (土) 23:46:11
  • "a piece of garbage", "worthless", "junk don't bother" and "avoid this or any of David Day's books like the plague."・・・・・・リンク先すごい言葉が並んどるなw -- 2017-03-09 (木) 18:41:07
    • リンク先だけでなく、名のあるトールキン研究家たちも批判してるみたい。日本では評価高いっぽいけど。 -- 2017-05-19 (金) 00:09:12
  • 出版年を見てみたら1994年だった。HoMEの刊行も終わってない頃だから色々食い違ってたり、憶測で書かれてる所があるのも無理はないのかも。 -- 2017-03-09 (木) 21:04:43
    • まあHoMeと全く関係ない間違いも多いんですけどね。 -- 2017-03-09 (木) 21:21:39
      • ぶっちゃけた話、間違いに関しては大して気にしてない。指摘されるまで殆ど気づかなかったし -- 2017-03-09 (木) 21:45:54
      • 別に気づかない分には構わないけれど、これを下敷きにしてよく知らない人に教えたり、wikiに事実として書き込んだりするのがヤバイ。 -- 2017-03-09 (木) 21:55:20
      • 化けミミズのコメント欄で議論されてたことだな。間違いは広まるの早いし鵜呑みにされがちだという。 -- 2017-05-19 (金) 09:37:33
      • この前も某所で星を落とせるマイアがいるって言う人がいたから、そんなヤツいたっけって聞いてみたらイルマレが光の槍を降らせるって答えが帰ってきたよ。化けミミズのコメント欄で言われてた事は本当だなあと実感した。自分も気をつけよう。 -- 2017-08-28 (月) 15:18:40
  • あれ、なんか項目減らされたり表現変えられてる………。 -- 2017-03-09 (木) 22:03:56
    • すいません内容書き換えてる人、何故書き換える必要があったのかコメントしてもらえませんか。 -- 2017-03-09 (木) 22:34:22
      • コメもらえなかった場合、意味のない改変として差し戻しますのでよろしくお願いします。 -- 2017-03-09 (木) 22:37:16
    • 事実を述べれば良いのであってことさらに悪評に読者の注意を向ける必要はないので、そこの言い回しはフラットにしました。不正確な記述がリストされていましたが、たとえば戸田奈津子の誤訳の項や小説『The Hobbit』の訳語対応表のように、問題を指摘するのであれば実際の文章を原文と併せて引用して示さなければ公平ではありません。さらに重大な誤記と些細な言い回しに近いものとが混在していてリストに採用する基準が不明瞭でした。 -- 2017-03-09 (木) 22:44:03
      • ということは原語版を手に入れなければダメってことですか。うーん、流石にそこまでしてやる気は起きないですねえ。 -- 2017-03-09 (木) 22:48:16
      • 日本語版を参照しただけでは、それがデビッド・デイ著の原文からある問題なのか、翻訳で生じた問題なのか判断ができないでしょう。仮に翻訳で生じた問題であれば、それをデビッド・デイの落ち度として紹介するのは冤罪になります。全てを一人でやる必要はないですが、しかし個人の名誉に関わることなのですからその程度の慎重さは最低限必要でしょう。 -- 2017-03-09 (木) 23:02:13
      • これに関して言えば訳者の人が田中明子先生にも最後に確認して頂いたとの記述があるので、それが事実であれば翻訳で生じた間違いはあまり無いと思いますね、個人的には。 -- 2017-08-28 (月) 15:14:41
  • 確かに間違いが多いが、ピクシブ百科事典やアニヲタWiki(仮)の指輪関連の記事に比べりゃまだマシよ。あっちはwikipediaで垢BANされたのが書いてるからな。 -- 2017-10-28 (土) 22:10:04
    • あれは真面目な記事じゃないから。面白半分に読むものだから -- 2017-10-29 (日) 00:06:46
      • それがわからない人もいるのよ。トールキン神話に詳しくない人は特にね。 -- 2017-10-29 (日) 01:05:05
      • 元は分かってる人が悪ふざけで書いてるやつなんだけどね。 -- 2017-10-29 (日) 01:28:35
      • 他の読者全員が笑って許してくれる訳じゃないのは分かる -- 2017-10-29 (日) 02:12:54
      • 事典と銘打っていようと根本的に同人誌文化だから -- 2017-11-01 (水) 17:48:18
    • 匿名掲示板や中つ国wikiのコメント欄で信じ込んでたと見受けられる人もいたしな。化けミミズのコメント欄で過去に危惧していた人は慧眼だったな。 -- 2017-10-29 (日) 07:49:38
    • 作者本人以外による説明という点で一緒。執筆者の解釈を眺めて楽しむものでしょ。 -- 2017-10-30 (月) 01:20:11
      • 正しく原作に触れてる人なら問題はないけどね。上にもある通り詳しくない人が見て鵜呑みにする危険性がある。 -- 2017-10-30 (月) 09:49:30
      • 仮に作者が解説しようとも、作品の中で書かれている事が全て。ちゃんと原作も読まずに他を真に受ける様な層は、もはや救い様がない。作品を楽しもうという気持ちすらなく、要約だけ読んで理解した気分だなんてAIにも笑われる。 -- 2017-10-30 (月) 20:11:12
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-01 (水) 17:48:19 (325d)