• 『ホビットの冒険』に登場したドワーフ、トーリン・オーケンシールド(Thorin Orkenshield)についてはトーリン二世を参照してください。
  • ダイン二世の息子で、エレボールの山の下の王国の王位を継いだ石兜トーリン三世(Thorin III)についてはトーリン三世を参照してください。

トーリン一世

概要

カテゴリー人名
スペルThorin I
種族ドワーフ長鬚族
性別
生没年第三紀2035~2289(享年254)。在位2190~2289(99年間)
スライン一世(父)
グローイン(息子)

解説

長鬚族の王
先代
スライン一世
1981~2190
トーリン一世
第三紀2190~2289
次代
グローイン
2289~2385

ドゥリン一族の王。
第三紀2210年にトーリンは父スライン一世が築いたはなれ山の王国から、灰色山脈へ移住した。当時の灰色山脈はあまり開発が進んでおらず、ドゥリンの一族の多くが集っていたからである。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • トーリンが移住した後のエレボールは放置されたのでしょうか、それとも親族の誰かに統治させたのでしょうか? -- 2013-04-09 (火) 12:05:27
    • 五代下の子孫にあたるスロールはエレボールの出身になってますし、誰かが統治していたのでしょう -- 2013-04-09 (火) 15:50:15
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-04 (金) 20:57:09 (1540d)