トロル

概要

カテゴリー種族
スペルTrolls
その他の呼び名トログ(Torog)*1

解説

シンダール語トログの翻訳名。上古冥王モルゴスが生み出した、巨体と怪力を持つ種族。

ホビットの冒険』においてはバートトムウイリアムという名のトロルが登場し、ビルボ・バギンズたちを襲った。ただし童話的な性質の『ホビットの冒険』においては、トロルの描写は『指輪物語』などに登場するものとはかなり雰囲気が異なっており、トロルの財布がしゃべるという描写もある。

『指輪物語』では、ビルボ達を襲った先述のトロルのエピソードが語られている以外に、トロルの直接描写は少ない。サウロンの軍勢の中にいて戦いに加わっているのが数カ所で触れられているほか、遠ハラドから来た人間が「半分トロルのような」という比喩表現で現れたり、木の鬚が「エントのまがいもの」としてトロルを語ったりしている程度である。
シルマリルの物語』でも、やはりモルゴスの軍勢の中にいる記述がわずかにあるだけである。

特徴

外見

氏族によって若干ばらつきがあるが、いずれもエルフ人間より巨体。石のように固い皮膚を持ち、並の剣で歯が立たない。血はオークと同じく黒い。

能力

怪力を持つが、一般的に知能は低い。元々は言葉を持たず、ほとんど獣と変わるところが無かったというが、彼らを利用しようとしたサウロンに知恵を仕込まれた結果、使える範囲の言葉をオークから習い、ある程度組織的な行動がとれるようになった。太陽の光を浴びると石になってしまう*2ので、夜間にのみ活動する。ただしオログ=ハイは陽光に耐えることができる。

文明・文化

ほとんど文明や文化らしいものは持たない。おそらく国家の概念もないが、冥王の意志の下に隷属している。
ホビットの冒険』に登場した岩のトロル(バートトムウイリアム)は上着を含む服を着ており、ビールをジョッキで飲み、動物や他種族の者*3を調理道具で料理して食べている。

住居

トロルの岩屋(troll-hole, trolls' lair)と呼ばれる住処を作り、昼はそこで過ごす。住居の中には略奪品や食糧などが蓄えられていることが多い。冥王の軍に所属していないトロルは、そのような住居で少数で共同生活をしていると思われる。

歴史

指輪物語』での木の鬚の台詞によれば、モルゴスエントを真似て作った生き物だという*4第一紀のモルゴスの軍勢の中に既にトロルはいたが、トロル独自での団体行動というものをしないためか、あまり歴史上にはトロルの事は出てこない。
第二紀第三紀以降のサウロンの軍では、しばしばトロルが強力な部隊として登場し、モルドールのみならず霧ふり山脈エテン高地などのエリアドール北方にも半独立的に出没するようになった。

氏族

具体的な差ははっきりしないが以下のように呼び分けられることがあり、それぞれ特徴があると思われる。ただしこれらの呼称は、同じものを別の語で言い表しただけのものを含んでいる可能性があり、必ずしも呼び分けの数だけ氏族があるということを意味しない。

  • 石のトロル、岩のトロル (Stone-trolls)
    ホビットの冒険』のバートトムウイリアムがこれにあたる。

  • 岩穴トロル (cave-troll)
    指輪の仲間モリアの中で遭遇し、フロドつらぬき丸で突き刺した相手と思われるトロル。緑の苔むした岩のような黒っぽい皮膚に、指のない扁平な大足を持つ。

  • 山のトロル (mountain-trolls)
    ペレンノール野の合戦で破城槌グロンドを操作したトロル。

  • 山トロル (hill-trolls)*5
    黒門の戦いで隊伍を組んで攻撃してきたトロル。体躯は人間より高く厚みがある程度で、鉤爪のある節こぶだらけの手を持つ。角質の板状の鎧(あるいは皮膚)を身にまとい、黒い円形の盾と重い槌で武装していた。倒した者の喉を噛み切るならわしを持つ。ピピン塚山出土の剣でこのトロルの首領(troll-chief)を倒している。
    またアラゴルン二世の祖父アラドールは山トロルの一団によって殺されたという。

  • オログ=ハイ (Olog-hai)
    サウロンが種の交配で生み出したトロルの改良種。陽光への耐性を持つ。

  • トロル人間 (troll-men)
    ペレンノール野の合戦モルドールの同盟軍として言及される。オークヴァリアグと同じく日の光を忌むとされるが正体は不明。また下記の半トロルとの関連も不明。

  • 半トロル (half-trolls)
    ペレンノール野の合戦モルドールの同盟軍だった遠ハラドの黒い人間が「半分トロルのような(like half-trolls)」と言及されている。実際に半トロルという種族がいるのか、あくまでも比喩なのかは不明。また上記のトロル人間との関連も不明。

  • 雪トロル (snow-troll)
    雪の中を白装束で単身敵陣へ乗り込んだヘルムの外見を表わす比喩として登場する。実際にそのような種族がいるのかは不明。
言語

オークから習った言葉(オーク語)を使った。また西方諸国の岩のトロル(バートトムウイリアム)は崩れた西方語を用いた。サウロン暗黒語をトロルにも使わせて、自身の僕の共通語にしようとしたが、オログ=ハイを除いて失敗した。

偏見

他のほとんどの種族を嫌っている。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

モリアの洞窟トロルほか、モルドールの軍勢の中には黒門の開閉や攻城兵器の運用を担うトロル、ペレンノール野の合戦黒門の戦いで鎧を帯びて最前線で戦う戦闘用のトロルが多数登場する。オーディオ・コメンタリーでピーター・ジャクソンは、モリアの洞窟トロルは低い知性をオークに利用されていると語っている。
また裂け谷への道中では『ホビットの冒険』で石になった3匹のトロルが背景として登場する。

グッズ

映画『ホビット』における設定

『思いがけない冒険』に原作通り、バートトムウイリアムの3匹のトロルが登場する。
『ロード・オブ・ザ・リング』では言葉らしい言葉を発していなかったトロルだが、若干童話要素が薄められたものの、バートたちは原作に近い、やや間抜けな会話を行っている。

原作でトロルの描写がなかった五軍の合戦には、オークに使役されている形で複数の武装したトロルが登場する。背中に投石機を背負っていたり、捨て身の頭突きで城壁を突き崩す攻城兵器の役回りの者、スタンピーのように道具扱いされている者もいた。

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

敵として多数登場するほか、PvMP時のセッションプレイでトロルが操作可能。
トロルとフオルンの中間の姿のような、木トロル(wood-troll)という氏族が登場する。他のトロルに比べて小型だが、動きが素早い。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 進撃のトロル -- 2014-12-19 (金) 16:54:51
    • 確かに今までの倍以上もある超弩級の奴やら、明らかに手足と身体のバランスがおかしい奴がいたからPJがパクッた可能性もある。 -- 2015-01-04 (日) 08:54:55
    • ビルボ「旅に出て…一匹でも多くのトロルを駆逐したいです!」トーリン「理由としては悪くない…わかった、こいつは俺が預かる」 -- 2015-03-29 (日) 10:23:50
      • サウロン「貴様は豚小屋出身、家畜以下だ!!」  オーク「はっ!自分は家畜以下であります!」   -- 2016-01-07 (木) 01:45:02
      • 特に理由の無い暴力がフィーリを襲う! -- 2016-05-30 (月) 00:39:58
      • オーリ「もしくはこいつを奴らのケツにぶち込む」 -- 2016-11-13 (日) 21:34:10
    • 実際、共通点とか繋がりはあるよね、進撃とトールキンワールド -- 2015-08-02 (日) 00:24:50
  • 決戦の行方では半トロルらしきものもいましたね。あと、1作目のコミカルなトロルの雰囲気は無く、LOTRのトロリズムに戻ってましたね。 -- 2015-01-05 (月) 13:58:25
    • 出生の違いでは?人間も地方によって全く異なりますしね。 -- 2015-02-14 (土) 10:05:21
    • 一作目の彼らは、あの時局にあってサウロン側の招聘にも応じず、3人で自由な野暮らしをしていた”善良”なトロルだったのかもしれませんね。 -- 2015-02-14 (土) 13:49:27
      • (´;ω;`) -- 2015-11-27 (金) 13:33:42
      • サウロンさんが去り、早春の月の光を浴びて、三人はクリプトビオシスからよみがえります。「あれ、ぼくたちよくねむったねぇ。」「そうだね、なんかわるいゆめみてたみたいな・・・」「ひさしぶり、なつかしいふるさとの谷間にかえってみたいな。」「それは大変よろしいアイディアでありますからにしてからに。(広川太一郎さんの声で)」 -- 2015-11-27 (金) 21:23:20
      • 西方語が喋れたり簡単な計算ができたり、トロルの基準からすると大変高度な知能を持っていたこの3匹は、サウロンかモルゴスの試作品が脱走したものかもしれませんね -- 2016-05-30 (月) 01:38:10
      • 自分たち以外の仲間との知能差(小学生レベルと幼児レベル?)が大きすぎて嫌になって人里に降りてきたとか? -- 2016-05-30 (月) 02:26:43
      • 三人組の会話からすると食べ物(人間等を含む)を求めて山から下りて来たようです。襲った村を食いつくしたとか -- 2016-05-30 (月) 23:29:15
  • snow troll の項目で「実際にそのような種族がいるのかは不明」と書かれているけど、ページ内の広告でsnow trollのスタチューがありますねw -- 2015-03-24 (火) 09:54:49
  • SEE版『決戦のゆくえ』にて、大量の追加シーンがありましたね。『旅の仲間』以外の作品では1カットも追加シーンが無かっただけに、凄く嬉しかったです。それにしても手足の無いトロルがあんなにも活躍するとは思いませんでした。 -- 2015-11-25 (水) 23:57:25
    • トロルは乗り物(新ジャンル) -- 2015-11-26 (木) 12:14:34
      • シャドウ・オブ・モルドールを連想しました(タリオンが操るのはトロルじゃないけど) -- 2015-11-27 (金) 01:22:28
    • 原作ホビットの冒険で少し触れられていた、フリークス系のトロルについては死に設定かと思っていたけど、映画で色々やってくれました。 -- 2015-11-27 (金) 00:11:28
      • オログ=ハイの雛形みたいなのもいたね -- 2015-11-27 (金) 22:00:03
  • オークの場合はちゃんと雌雄の別があるようだけど、トロルの方は繁殖力があるのかどうか本当に怪しいと思う -- 2016-05-13 (金) 12:50:55
    • ドワーフと違って、マジで石から生まれるのかも -- 2016-05-13 (金) 23:36:51
    • 実際教授の草稿の中には、オークの死霊を石像に宿らせたものがトロルだというアイデアもあるようですね -- 2016-05-14 (土) 00:03:46
  • トロールってノルウェーの伝統妖精だったのね。トールキンが発案したクリーチャーだと思ってた -- 2016-07-27 (水) 14:53:42
    • エルフやドワーフと同様、多種雑多なイメージがあったtrollを(ファンタジーにおいて)巨躯の怪物のイメージに一本化したのはトールキンの功績ですから、モンスターとしてのトロルはほぼトールキン考案といってよいです。 -- 2016-07-27 (水) 17:53:31
      • 日本人にとっちゃトロルと言えばムーミンじゃね? 束教授の功績は否定しないが -- 2016-07-27 (水) 23:24:51
      • 日本では、ゲームなどでいつの間にか捨象されていったような気がする。 -- 2016-07-27 (水) 23:31:48
      • ルーンクエストのトロウルキンやウッドトロルみたいな小型種も存在するんだけど、知名度低いよね -- 2016-07-28 (木) 23:55:10
      • 比較的最近描かれたポッターシリーズでもデカくてのろまな怪物だった辺り、欧米でもそれがデフォなんかな? -- 2016-08-13 (土) 00:25:33
      • そういえばローリング氏もイギリスだしね -- 2016-08-13 (土) 23:11:07
      • 小型のゴブリン、人型のオークまではイメージはほぼ同じだが、トロルとなると作品によってかなり幅があるから、トロルと聞いただけでは正直イメージに迷うな -- 2017-05-06 (土) 06:59:49
      • ホビットの冒険で3トロルの英語男性名ga -- 2017-09-14 (木) 19:39:30
    • 三匹のヤギのがらがらどん読んだことないの?(驚 -- 2016-07-28 (木) 01:52:23
      • 「三匹のやぎのがらがらどん」におけるogre的なtroll像も確かにありましたが、それは他の様々なtroll像に優越するイメージではなかったということです。民話のtrollは人喰い巨人ばかりでなく、人間と同サイズのものや、人間より小さなもの、凶悪ではなくひょうきんなものや、人間に役立つものを与える等、elf,fairy,dwarf,gnome,ogreといった言葉と互いに重なり合う、非常に広汎で雑多な「妖精的なもの」全般を指し示す語彙の一つであるに過ぎませんでした。(トーベ・ヤンソンが自分の考案した小生物に「ムーミン・トロール」と名付けたのもおそらく同じ事情によるものです) -- 2016-07-28 (木) 02:39:15
  • 身を挺して活路を開いたり味方を庇ったり先陣を切ったり -- 2016-09-16 (金) 15:40:05
    • そこだけ切り取るとまるで主人公だ -- 2016-09-18 (日) 11:20:03
  • トロルの死体は放置してたら日に当たって石化しますよね?オークは埋めるか焼くかすればいいけど、トロルは町中で死んだか、道を塞いでる個体以外は野ざらしにする方がいいかも。 -- 2017-05-04 (木) 07:57:13
    • うまいポーズで、くたばってくれたら、安上がりの彫像になりますね( ´∀`) -- 2017-05-04 (木) 08:21:54
      • ワロタ -- 2018-05-04 (金) 09:06:36
    • 実際、トロルを砕いて街の補修に使ってたりして。実際に砕けるかどうか分からないし住民からクレームが来そうだが。 -- 2017-05-04 (木) 10:20:23
    • 道の真ん中みたいに往来のあるところで石化されたら、迷惑極まりないよね。 -- 2017-05-06 (土) 23:03:51
  • 映画で戦争に参加してたトロルは日光にあたっても石にならないの? -- 2018-01-06 (土) 00:43:31
    • あれはオログハイとかいうサウロンが作った改良種で太陽に抵抗力があるらしい。ウルクハイのトロル版だと思えば間違いない -- 2018-01-06 (土) 01:54:33
  • シャドウ・オブ・ウォーの小隊長とかを見てると、種族内でも知性のばらつきが激しいんじゃないかと思う。上はそこそこ頭が回るけど、下は獣と同程度しかないとか。 -- 2018-01-06 (土) 01:57:53
    • オークも人間も知性に一定の水準があるけど、トロルにはそれが無いのかも。 -- 2018-01-06 (土) 01:59:23
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 単数形
*2 ホビットの冒険』ではその理由を「トロルが生まれたもとの山の岩(the stuff of the mountains they are made of)にもどって、動きだせなくなる」と説明されている。一方『追補編』では、彼らが上古の薄明(the twilight of the Elder Days)で生まれた種族なので、太陽の光に耐えられないことが示唆されている。
*3 作中では羊肉を火で炙って食べており、ビルボ13人のドワーフが料理されかけている。またウイリアムバートトムが二人だけで人間の村を一つと半分食べ尽くしたと言っている。
*4 同じ台詞で木の鬚は「オークエルフのまがいであるのと同じこと」と言っているが、実際のオークの起源に関しては不確かである。
*5 山のトロル(mountain-trolls)と紛らわしいが、瀬田貞二田中明子訳の『王の帰還』『追補編』本文の表記に従った。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-04 (金) 09:06:36 (142d)