トゥルカス

概要

カテゴリー人名
スペルTulkas
その他の呼び名アスタルド(Astaldo)
強き力のトゥルカス(Tulkas the Strong)
種族アイヌアヴァラール
性別
生没年
配偶者ネッサ

解説

ヴァラールの中で最も力と武勇に優れるヴァラクウェンヤで「剛勇なる者(the Valiant)」の意のアスタルドの異名を持つ。妃はネッサ

外見は金色の髪と鬚に、血色の良い肌。両の手のみを武器とし、地上を走るもの全てを追い越す疲れ知らずの俊足を持ち、角力や力比べを好む。
大胆な性格で、スポーツであれ戦いあれ、いつも笑っている。一方、物事には無頓着で、かれは過去にも未来にもほとんど頓着することなく、助言者としては全く役に立たないが、辛苦に耐える友であるとある。だが容易に怒らぬ代わりに、容易に忘れることもなかったともあり、仇敵メルコールには深い憎しみを持ち続けた。

ヴァラールの闘士

トゥルカスが来たのはアルダの黎明期、ヴァラールメルコールとの間ではじめて戦いが行われていた時であり、ヴァラールとしては最後にアルダへやってきた。トゥルカスの参戦でメルコールは退散し、ヴァラールはアルダの建造を成し遂げることができた。

しかし、この戦いのさなかに、大いなる力と大胆さを併せ持った精霊が、遥かな天上で、この小王国に戦いがあることを聞き、ヴァラールを助けに来た。そしてアルダは、かれの哄笑に満たされた。こうして強き力のトゥルカスは来たのである。*1

アルダの春を祝う宴がアルマレンで開かれると、トゥルカスはその席上でネッサを娶った。メルコールは仇敵を恨み恐れていたため、トゥルカスが眠り込んだ隙を突いて二つの灯火を破壊した。トゥルカスはメルコールを追跡したが、アルダの混乱のため追い詰めることはできず、ヴァラールはアマンに撤退することを余儀なくされた。

その後行われた力の戦いでは、ウトゥムノの深奥に追い詰められたメルコールと組み打ち、遂に彼を打ち負かす。
メルコールが一度マンウェに許されてからは自制心をもってマンウェの判断に従っていたが、彼の反逆が明らかになると、捕らえるために審判の輪の会議から真っ先に退席している。しかし行方をくらましたメルコールを捕らえることはできなかった。
後にメルコールが二つの木を損ない、シルマリルを奪ってヴァリノールから逃亡した時も、トゥルカスはオロメと共に彼を追跡したが、メルコールはウンゴリアントの助力を得ていたためやはり捕らえることができなかった。

このようにアルダでも最大の武勇の持ち主であるが、その性情が闊達である余り助言者としては役に立たない。ヴァラールが、シルマリルを受け渡すようフェアノールに求めた一幕にもそれがあらわれている。

やがて、トゥルカスが叫んだ。「おい、ノルド! 応か否か、口を利け! だが、誰にヤヴァンナの願いが拒めよう。そもそもシルマリルの光は、ヤヴァンナの作品から出たものではなかったのか」
しかし、作り手アウレが言った。「短気を起こされるな! われらがかれに求めているものは、あなたにはお分かりにならぬほど大きな犠牲なのですぞ。今しばらく、沈黙の時をかれにかし給え」*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 過去に無頓着なのに容易に忘れることが無いとはこれ如何に -- 2011-11-23 (水) 11:51:23
    • シルマリルリオンは設定が相反していることが時々あるからなw まぁ教授自身が纏め上げたものではないからしょうがない。 -- 2012-03-01 (木) 10:47:18
      • 彼からすれば、それは過去ではなく清算されていない現在進行形の問題。という認識なのでは -- 2013-01-16 (水) 10:17:18
    • 自分の油断で中つ国を焼き払われてしまった過去があるから、モルゴスに関することが起こると重大な過失を思い出すからかもね。 -- 2016-02-26 (金) 10:10:36
  • トゥルカスとネッサでかけっこしたら、やっぱりトゥルカスが勝つんでしょうか -- 2011-11-23 (水) 13:13:53
    • トゥルカスさんとネッサさん、 今日も灰色の天気雨降るアマンの岸辺で仲良くおっかけっこ。 「あははははは~!つかまえてご覧なさい♪♡」 「ははは、こいつう♡!!」 逆戻りして行方知れずになったエルフの船も、 いくたりかあったかもしれません。 -- 2013-05-17 (金) 23:18:34
  • 性格は松岡修造のようなイメージ -- 2011-11-23 (水) 16:09:16
    • それはともかく(笑)、モデルとしてはヘラクレス、およびトールでしょうか -- 2012-02-06 (月) 01:01:17
    • 私はドラゴンボールの孫悟空のイメージだ w -- 2015-01-06 (火) 22:33:06
      • "容易に怒らぬ代わりに、容易に忘れることもなかった"——悟空の場合、前半はそうだけど後半は違うかな。天津飯、ピッコロ、ベジータ…かつての仇敵でも一戦交えれば仲間にしているし。ベジータに至っては(自ら手を下してないとはいえ)ヤムチャたちを死に追いやった瀕死の彼をあっさり見逃している -- 2017-04-21 (金) 19:15:05
    • 某海賊漫画のげんこつ中将を思い浮かべたのは、俺だけか? -- 2016-06-24 (金) 04:07:22
    • 真っ先に思い浮かんだのは、「少年アシベ」の天堂先生の顔でした -- 2017-04-21 (金) 06:26:31
  • 設定的にエオンウェとどっちが強いのか怪しい人。軍神としてのエオンウェと武の神としてのトゥルカスの違いだろうか -- 2012-03-01 (木) 00:50:09
    • トゥルカスに1票。エオンウェはマイアだし、ヴァラであるトゥルカスの方が上でしょ。…単純すぎか? -- 2012-04-29 (日) 11:39:52
    • 軍勢の指揮という点では、エオンウェの方に分がありそうですね。単身の戦闘では、トゥルカスが圧勝しそうではありますが。おそらくエオンウェが自由にできる軍勢はヴァラール(マンウェ)による委譲に依存していると考えると、そういうところに強弱とは違った純然たる"差"があると考えることもできそうです。 -- 2012-12-31 (月) 06:14:14
    • エオンウェは軍神・武神って感じでトゥルカスは闘神って感じだ -- 2017-04-21 (金) 10:54:05
    • エオンウェは致命的な失策を二度犯しているからね。サウロンを追い詰めておきながらマンウェの裁きを受けるように言うだけで逃げられた。シルマリルを手にしたマイズロス・マグロール兄弟を捕らえるチャンスがありながら、結局宝玉が失われるに任せた。エオンウェの兵もマイアールだろうから、二人を殺さずとも捕縛する術はあったはず -- 2017-04-21 (金) 19:24:12
  • 関羽と張飛を足したような感じでしょうか? -- 2012-08-01 (水) 17:11:27
  • トゥルカスに負けてる所見るにメルコールは器用貧乏な気がする、創造でもアウレ以上とは思えんし -- 2013-11-09 (土) 20:00:30
    • ウツムノと配下の怪物達に力注ぎ込んで弱体化してたからねー、全盛期のメルコールと一騎打ちする所を見たかった -- 2016-06-22 (水) 21:36:39
      • その頃は鉄山脈も隆起させたりしてるしね、アルダに降りた直後がメルコールの全盛期だから、遅れてやってきたトゥルカスとはぶつからないのよね -- 2017-04-21 (金) 10:56:05
  • ウトゥムノでのかくとう -- 2015-01-06 (火) 20:57:30
  • え~と…脳筋? -- 2015-01-06 (火) 21:15:17
    • そんなハッキリ言っちゃトゥルカスに気の毒だよw -- 2017-04-21 (金) 10:57:32
  • もしこの人がメルコールの代わりに堕落してたら、どんな感じになってたでしょうか?アルダ全ての生きる者を見境なく投げる迷惑なヴァラ。彼に似たバルログも他のマイアールに相撲をしかける存在となる。マンウェに怒られそうになると、メルコールみたいに地下要塞に隠れないで、地上をダッシュで逃げる。でも彼の言うことは全く他人には賢いとは思われないので、言葉には耳を貸されない。本人に悪気はないので罰せられてもなぜそうなったのか理解できない。そのくせ容易に罰を受けたことを忘れずに粘着質に追い続ける。そんな想像をしてしまった。 -- 2015-01-06 (火) 22:23:11
  • ELPのタルカスってこれが元ネタ? -- 2016-02-23 (火) 04:44:00
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「世の初まりのこと」
*2 同上「ノルドール族の逃亡のこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-21 (金) 19:24:12 (305d)