• ベレリアンドのナンドール・エルフの統率者デネソール(Denethor)については、デネソール(レンウェの息子)を参照してください。
  • ゴンドールの統治権を持つ10代目の執政デネソール一世(Denethor I)については、デネソール一世を参照してください。

デネソール二世

概要

カテゴリー人名
スペルDenethor II
その他の呼び名ゴンドールの大侯 (Lord of Gondor)
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀2930~†3019(享年89)。執杖2984~3019(35年間)
エクセリオン二世(父)
兄弟少なくとも2人の姉*1
配偶者フィンドゥイラス
ボロミア(息子)、ファラミア(息子)

解説

ゴンドール統治権を持つ執政
第25代
エクセリオン二世
2953~2984
第26代
デネソール二世
第三紀2984~3019
第27代
ファラミア
3019
王の帰還

ゴンドールの統治権を持つ26代目の執政にして、実権を持った最後の執政。ボロミアファラミアの父。妻はドル・アムロスの大公イムラヒルの姉であるフィンドゥイラス
次第に暗くなっていく時代で王が不在のゴンドールを統治した。

非常に自尊心が高く、他者にも自身にも厳しい性格だった。老練かつ賢明であり、ゴンドールの伝承に通じ、賢王の風格を備えていた。
彼なりに妻のフィンドゥイラスを深く愛していたが、彼女が早逝した後は以前にもまして寡黙で気難しくなったという。二人の息子のうち、自分に似ていない兄のボロミアを特に寵愛していた。弟のファラミアには冷たく接することが多かったが、心の奥底ではファラミアのことも愛していた。
またその自尊心ゆえ、ゴンドールに現れた王位継承者であるアラゴルンと、その援護者であるガンダルフを警戒していた。

壇の下の広くて奥行きのある一番低い踏段に、黒くて飾りのない石の椅子が一脚あって、そこに一人の老人が自分の膝を見つめながら坐っていました。手には金の飾りのついた白い杖が握られていました。 …
その時老人は顔を上げました。ピピンは堂々たる骨形と象牙のような皮膚の彫りの深い顔貌を見ました。暗色の深くくぼんだ目と目の間には湾曲した長い鼻がありました。かれはボロミアよりむしろアラゴルンを思い出させました。*2

若年期

第三紀2930年、ゴンドール執政エクセリオン二世の嫡男として生まれる。
デネソールの若年期にサウロンモルドールに帰還し、その脅威はいよいよ大きなものとなっていった。父エクセリオンはゴンドールの助けとなる者なら誰であれ重用し、わけてもソロンギルと呼ばれる北からやってきた武将は陸海で活躍、ゴンドールの大将として人々の名望を集めていた。

当時すでにデネソールは老練さと賢明さを備えていたのみならず、剛勇にも優れた武人であったが、父からも周囲からも常にソロンギルに次ぐ者と見なされていた。
ソロンギルの正体はイシルドゥアの世継である北方の野伏の族長アラゴルン二世であったが、デネソールは当時からその正体に気付いており、自身の立場を脅かす者として大いに警戒していたという。やがてソロンギルは異国へ去ったが、いずれ執杖を受け継ぐデネソールの競争者となるのを避けたのだと考える者が多かった。

ソロンギルが去った四年後にエクセリオンが死ぬと、デネソールは執政位を継承してゴンドールの実質的な統治者となった。

執政として

執政となったデネソールは、老練な支配者として知られるようになる。彼は賢明だが頑迷でもあり、助言には耳を傾け、しかるのち自らの思いに従って物事を決めた。
彼の代にガンダルフゴンドールでほとんど歓迎されなくなったが、これはソロンギル(アラゴルン)と親しいガンダルフをデネソールが警戒したためであった。だが下の息子のファラミアはガンダルフを敬愛し彼に師事したため、デネソールの不興を買った。

デネソールとファラミアは西方の血が強く発現しており、遠くを視ることも、人の心を読み取ることもできた。特にデネソールは遠方の物事を詳細に見知ったために人々から驚嘆されたが、後にわかったようにそれはパランティーアの使用によるためでもあった。
自らの代にモルドールから攻撃が加えられると予見したデネソールは、ミナス・ティリスを守るランマス・エホールの防壁を再建・強化させるとともに、イシリアンの遺民を募ってイシリアンの野伏を編成し、かの地での偵察と遊撃の任務に当たらせた。

上の息子のボロミアは西方の血をほとんど発現していなかったが、剛勇に優れた大将としてゴンドールを防衛し、人々の支持を一身に集めていた。そんなボロミアをデネソールは他の何にも増して愛した。

パランティーアの使用

デネソールは即位後まもなくから、広がりゆくモルドールの影の脅威と、自尊心の高さから、それまでの執政があえて試みなかったパランティーアを密かに使用するようになっていた。
彼はアノールの石を通じてイシルの石を持つサウロンと戦い、国内外の情報を集めていた。

だがパランティーアの使用とサウロンとの戦いは、頑強な精神の持ち主であるデネソールをも消耗させ、彼はドゥーネダインにしては異例なほど早くに老け込んでいった。また、サウロンはデネソールを支配することはできなかったものの、映し出す映像を捻じ曲げることで実際以上にモルドールの戦力を強大に見せ、デネソールを次第に絶望に追いやっていった。
妻のフィンドゥイラスが早逝したのも、一つには心優しい彼女がそれに気付き、心を痛めたためであったという。ボロミアに次いで妻を愛していたデネソールはフィンドゥイラスの死後、ますます頑迷になっていった。

ついには自分に仕えるのでなければ何者も信用せず、戦の趨勢はすべて自らとサウロンとの精神の対決の結果もたらされるものと信ずるに至ったという。

指輪戦争

大いなる年サウロンはいよいよ大兵力でもってゴンドール攻撃を開始し、指輪戦争が始まった。
オスギリアスボロミアファラミアによって辛うじて防衛されたが、やがてファラミアが夢の中で繰り返し謎めいたお告げを受けるようになる。デネソールはその言葉の内、「イムラドリス」が裂け谷を指す古称であることのみを兄弟に教える。そのためファラミアはお告げの謎解きを乞うため裂け谷を求めて旅立とうとしたが、危険であるとしてボロミアが代わって志願した。デネソールもファラミアもこれに反対したものの、ボロミアの決意を変えることはできず、ボロミアは裂け谷で指輪の仲間に加わった末、パルス・ガレンで命を落とした。
ボロミアが最後に吹き鳴らした角笛の音は、はるか遠くのゴンドール領内にいたデネソールとファラミアの耳にまで届いたと言われており、後に二つに割れた角笛がアンドゥインで発見され、手許にもたらされたことで、デネソールはボロミアの死を悟る。

やがてモルドールによるミナス・ティリス包囲が近づき、デネソールは七つの烽火山に点火してローハンの救援を求めるとともに、ドル・アムロスをはじめとする辺境の諸侯国から援軍を呼び寄せる。城下の人々は疎開させられてミナス・ティリスは戦時体制となり、デネソール自身も率先して質素な食事を執り、常時鎖帷子と剣を身に帯びる武装した生活を送っていた。

ボロミアの死の真相は、指輪の仲間の一人であったペレグリン・トゥックガンダルフに連れられてやってきたことで明らかとなった。だがデネソールは息子を失った悲しみすら手段として使い、ペレグリンの心から一つの指輪の行先やアラゴルン二世の到来をも読み取った。デネソールのガンダルフへの不信は弱まるどころではなく、加えて指輪をモルドールに送ったのはデネソールにとっては愚の骨頂としか思われなかった。
だがペレグリンは、ボロミアに命を救われた恩に報じるためデネソールに奉公を申し出る気高さを見せ、冷えて頑なになっていたデネソールの心をも感動させる。デネソールはペレグリンの奉公を嘉納して城塞の近衛兵としてそばに置き、彼なりに優しい態度でペレグリンに接した*3

だがボロミアの死を惜しむデネソールは、ファラミアに対してはいよいよ冷淡かつ過酷に接するようになる。
モルドールから出撃した大軍によってアンドゥインの通行権が危機に陥ると、デネソールはファラミアをアンドゥイン防衛のための望みない戦いに赴かせた。そのためファラミアは負傷し、毒と黒の息に侵され、高熱で意識不明のまま都に帰還する。
瀕死の息子を目にしたデネソールは、ようやく自分が心の奥底でファラミアを愛していることを悟った。

狂気と死

「燃えておる、もう燃えておる。やつらはあれの身内に火をつけおった。だがまもなくすべてが燃えるわ。西方世界は衰微した。すべては劫尽の大火となって燃え上がり、一切が終わるのだ。灰だ! 灰と煙となって風に運び去られるわ!」*4

ただ一人残った息子が瀕死に陥ったことで、さしもの強靭なデネソールの精神もついに挫ける。デネソールは気力の弱った状態でパランティーアを使用し、サウロンに捻じ曲げられて実態以上に強大に見せかけられたモルドールの軍勢の映像を目撃して絶望、ついに狂気に陥った。

デネソールは臥せるファラミアと共に白の塔に引きこもってペレンノール野の合戦の指揮を放棄し、やがてペレグリンを侍従の任から解くと、ラス・ディネンの執政家の廟に赴いて意識不明のファラミアを巻き添えにした焼身自殺を図った。
これはベレゴンドの抵抗によって遅らせられ、ついにペレグリンに連れられてガンダルフが現場に到着したことでファラミアは救出される。するとデネソールはパランティーアの秘密を明かして自由の民には希望など残されていないと示し、ガンダルフを自分から統治権と息子と臣下の全てを奪っていく者だと見なすと、執政の杖を折り、燃え盛る薪の上に身を横たえて命を絶った。

デネソールはアノールのパランティーアを抱えたまま焼身自殺し、以後この石は非常に強い意志の持ち主によらなければ、火の中で焼けて萎びていく老人の手しか映らなくなったという。
ゴンドールの執政職は回復したファラミアが継ぎ、彼の下で王の帰還がなされたため、デネソールは実質的なゴンドールの統治権を持った最後の執政となった。

略歴

画像

アラン・リー作画によるデネソール、ガンダルフ、ピピン

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優ジョン・ノブル
日本語吹き替え勝部演之

原作では、ファラミアが負傷するまでは冷静かつ合理的に軍の指揮を行い、ローハンへの援軍要請などを行っている。だが映画では、ローハンへの援軍要請のための烽火を点火させず、赤い矢もローハンに送っていない(狼煙は、ガンダルフに指示されたペレグリン・トゥックが点火した。赤い矢は登場しない)。一方で、ファラミアに無謀なオスギリアス奪回を命じるなど、最初から非常に高い自尊心、ガンダルフへの猜疑心などが示されている。
デネソールがパランティーアを使っていたという設定は登場しない。彼はミナス・ティリスに迫り来るモルドールの軍勢を肉眼で見て、それで絶望する。またベレゴンドも登場しない。
ファラミアを巻き込んで焼身自殺を図る点は同じだが、死亡の状況はやや異なり、飛蔭に蹴られて火が燃え移ったまま都の第七層まで疾駆し、大岩の先端から投身する形になっている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるデネソール

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるデネソール(右手に昏睡するファラミア) 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるデネソールとパランティーア 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるデネソールの火葬

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 3019年時89歳でなお矍鑠と執政職を務めていたあたり、やはり薄れたとはいえ西方の血を受け継いでいる人なのだな、と思う -- 2012-10-10 (水) 21:03:53
    • 通常より早く老けこんだみたいに書かれているが、それでもあれは十分若々しい。 -- 2015-01-05 (月) 11:04:35
      • 映画も60歳位にしか見えないよね -- 2017-02-28 (火) 00:42:36
  • 「親子代々伝えられた血統が何であれ、彼の中にはなにかのはずみで西方の人の血が紛れもなく流れてる」とガンダルフが言ってたが、西方の血ってなんだと思う?ごく普通のヌーメノール人の血だとしたら執政以外のヌーメノールの遺民たるゴンドール国民にだって多少は流れているだろうし・・・ひょっとして何かのはずみで紛れ込んだ血とはヌーメノール王家かエルフの血??とか思ってしまう。 -- 2014-05-26 (月) 22:50:40
    • 「ヌメノール王家(エルロスの家系)」の意だと思われます。
      マイアとエルフの血が流れているのはエルロスの子孫=王家のみで、他のドゥネダインは血脈的には純粋な人間=エダインの子孫が恩寵によって能力を底上げされたものに過ぎません。従って、エレンナ大島が沈没して恩寵が失われると、一般ドゥネダインは比較的急速に「中つ国の人間」と区別が付けづらくなっていくのに対し、王族はその変化がゆるやかだとされています。それは王族の能力が、恩寵だけではなく血脈にも由来しているからです。ゴンドール上層部が、王家に異国人の血が混ざることをあれほど問題視した理由もおそらくそこにあります。
      王家と同様に西方の血が入っていたからこそ、執政家は第三紀末になるまで持ちこたえることができたと同時に、異国人の血を加えて堕落を速めた王家に対して執政家はより純血であり続けたから生き残ったのだ、という意識がかれらの誇りの密やかな源になっていたのではないかと思います。(二つの塔でファラミアがフロドらに語った執政家の歴史に、そのような意識が見え隠れしているような) -- 2014-05-28 (水) 01:25:17
  • 小さい頃に映画を観たけど、この人のことに関しては食事シーンしか印象に残らなかったなぁ……なんとも言えない食べ方だった……。 -- 2014-09-22 (月) 13:09:47
    • 映画のデネソールは、映画のキャラクターとしてはストーリー上正解でしょうが、原作からするとこれ以上にない最低の描き方でしたね。映画版で間違いなく一番割を食っている人物・・・ -- 2014-10-08 (水) 10:16:37
      • ボロミアとファラミアも微妙だった。 -- 2016-04-16 (土) 14:06:28
      • 確かにファラミアは微妙だったが、ボロミアは原作よりも映画描写のほうが好きだなあ、俺は。 -- 2016-04-16 (土) 15:31:00
      • プッツンしたのが原作よりも早かっただけであって、それ以前は原作通りだったのかも。映画の時間軸だといつプッツンしたんだろうな -- 2018-02-08 (木) 14:34:52
      • デネソールとファラミアは聡明さが全然見られない凡人のような描かれ方でしたね。デネソールはただの意地悪陰気オヤジ。ファラミアは良心と多少の賢明さは有る武将程度と原作ファンからすると本当嘆かわしい。 -- 2018-04-12 (木) 03:25:32
    • どうみてもプチトマトにしか見えないものを食べているシーンで「うぉぃ、南米原産…」と思ったものだが、考えてみると既に教授からして「じゃがいも」を出しているんだった -- 2015-09-16 (水) 22:34:19
    • たばこを喫ってるひともいますしね -- 2016-04-16 (土) 08:45:23
  • てかアラゴルンと歳1つ違いなのか。 -- 2015-01-29 (木) 18:37:30
  • ボロミアは指輪に誘惑され、弟のファラミアは父親を理解出来ず不貞腐れ、そのデネソールは鬱状態と、親子共々困難続きだった。誰も責められない。戦争のせい。 -- 2015-06-05 (金) 12:07:30
  • パランティーアに蝕まれる姿が、スマホ依存症のようだ -- 2015-06-05 (金) 23:47:54
    • 膨大な情報に触れることができるが、結局頭が捌ききれない。ある意味似てるかもですね。 -- 2015-11-28 (土) 11:26:51
      • エゴサーチしてストレス高めるデネソールとかイヤだ(笑)。荒らしを注意して、結局は荒らしに加担してしまう自治厨タイプの性格ですね、この人は。 -- 2015-11-29 (日) 07:21:50
      • ついでにソロンギルと打った結果は…お察しください -- 2015-11-29 (日) 11:10:15
      • もしかして: アラゴルン二世 -- 2016-04-16 (土) 08:48:38
  • 身内の死に際して火葬で殉死ってインドのサティから取ったのかなぁ -- 2015-06-27 (土) 11:11:03
    • ヴァイキングにも同様の風習があったようです -- 2016-04-16 (土) 08:50:43
  • LotrRO ェ・・・・・ -- 2017-05-03 (水) 03:48:03
  • 働きすぎで根詰めすぎて、自分でも気づかないうちに病んでる人いるよね。教授には未来世代が抱える病理を予想できていたのか? -- 2018-02-08 (木) 14:39:38
  • ボロミアはもしかしたら奥さんに似てたんかも。だから自分似のファラミアより可愛がった。ファラミアは同族嫌悪というか、執政で西方の血ゆえの自分の虚栄心を鏡で見るようにファラミアを見てしまったのかな…。頭が良い人が陥りがちな感情。 -- 2018-07-01 (日) 07:03:26
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 The Peoples of Middle-earth』によると、デネソール二世はエクセリオン二世の第三子で最初の息子とされている。
*2 指輪物語 王の帰還』「ミナス・ティリス」
*3 後にデネソールは、ガンダルフが自分に対するスパイとしてペレグリンを送り込んだと発言しているが、最初からそう疑っていたのか、後になってファラミアの重傷とパランティーアがもたらした狂気故にそう考えるようになったのかははっきりしない
*4 指輪物語 王の帰還』「デネソールの火葬」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-01 (日) 07:03:27 (18d)