ダゴール・ブラゴルラハ

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルDagor Bragollach
その他の呼び名ブラゴルラハ(Bragollach)、第四の大合戦(the fourth of the great battles)、第四の合戦(Fourth Battle)

解説

シンダール語で「(にわ)かに(ほのお)流るる合戦(Battle of Sudden Flame)」の意。単にブラゴルラハとも呼ぶ。宝玉戦争におけるベレリアンド第四の合戦。
太陽の第一紀が始まって455年目の冬の新月の夜、サンゴロドリムから突如として火の川が流れ下ってアルド=ガレンを焼き尽くし、鉄山脈が噴火した。火の川の奔流は多くの者を飲み込みながらドルソニオンの高地とエレド・ウェスリンにまで達して山腹の森に火事を起こし、混乱を引き起こした。
その後にグラウルング*1バルログたち、そして夥しい数のオークの大軍が襲来し、アングバンドの包囲が打ち破られた。これ以後、ベレリアンドにおいて戦いが完全に終息することはなかったが、この第四の合戦自体はモルゴス側の猛攻が次第に下火になった春の訪れと共に終わったと考えられている。

襲撃の矛先をまともに受けたドルソニオンを防衛していたアングロドアイグノール、そして彼らに仕えていた族長のブレゴラスを含むベオルの族の戦士たちの大多数が討ち死にした。しかし、西側のシリオンの山道の近くで戦っていたブレゴラスの弟バラヒアセレヒの沢地で包囲されていたフィンロドを多くの犠牲を払いつつ救出し、フィンロドはその謝礼として彼の一族が難渋した時には必ず助けるという誓いを立て、その証として自分の指輪をバラヒアに与えた(バラヒアの指輪)。

ヒスルムフィンゴルフィンフィンゴンの軍勢は、多くの犠牲を出しながらエイセル・シリオンの砦への退却を余儀なくされた。ハドルと彼の次男グンドールは主君フィンゴルフィンの後衛を守って討ち死にした。

東の辺境を防衛していたフェアノールの息子たちの内、ヒムラドケレゴルムクルフィンアグロンの山道で敵に大きな損失を与えたものの敗北し、民と共にナルゴスロンドへ逃れた。
ロスランの平原を守備していたフェアノールの民の乗手たちと、ゲリオン川上流のマグロールの山間を守備していたマグロールグラウルングオークの襲撃を受けて敗北し、マグロールはヒムリング山のマイズロスの許に逃れた。
カランシアの領国であるサルゲリオンオークの軍勢によって全土を荒らされ、オークはさらにゲリオン川を渡って東ベレリアンドアムロドアムラスの領土も蹂躙した。カランシアは自分の民とアムロドとアムラスの民の残党を集めるとラムダルを越えて南へ逃れ、アモン・エレブに見張りを置きつつ、オッシリアンド緑のエルフの助けも得て抵抗を続けた。
兄弟の中ではマイズロスヒムリング山の砦だけが持ち堪え、彼の許にはドルソニオン東の辺境から戦意を持って留まっていた者たちが集結した。マイズロスはオークベレリアンドへ侵入しないよう、アグロンの山道を奪還した。

ベレリアンドの惨状と一連の敗北の知らせに逆上したフィンゴルフィンは単身アングバンドの城門まで乗馬ロハルロールで駆け、モルゴスに一騎打ちを挑んで斃れた。

その後の局地的な合戦とその影響

北方にいた灰色エルフの大多数はこの時南下してドリアスナルゴスロンドファラスの港へと避難し、またオッシリアンドや、その先のエリアドールの荒野へと逃れる者もいた。
中つ国の東にいた人間たち(東夷)にも、戦争と、アングバンドの包囲が破られたという噂が伝えられた。

バラヒアの妻エメルディアに率いられたベオルの族の生き残りの女子供はドルソニオンを脱出し、ブレシルドル=ローミンへと逃れたが、バラヒア自身は息子のべレンと生き残っていた男たちと共にドルソニオンの無宿者となって踏みとどまった。

ダゴール・ブラゴルラハからほぼ二年近くが経過した頃、オロドレスが守備していたトル・シリオンサウロンの襲撃を受け陥落し、シリオンの山道が奪われた。
これによってハラディンの族が住むブレシルにもオークが襲来した。ハラディンの族長ハルミアシンゴルに急使を送り、ドリアスの国境警備隊長ベレグが指揮するシンダールの軍勢の救援を得て、侵入してきたオークの軍団を潰滅させた。
この戦いの時にフーリンフオルは味方と切り離され、ブリシアハの浅瀬でオークに包囲されたが、ウルモの加護によってシリオン川から立ち上った霧に姿を隠され、浅瀬を渡ってディンバールに遁れた。そこでソロンドールによって救出されてゴンドリンへと連れて行かれ、トゥアゴンの客人として一年近く滞在した後、ドル=ローミンへと送り届けられた。

ダゴール・ブラゴルラハから七年が経過した頃、モルゴスが新たな攻撃に打って出て、ヒスルムに大軍を送り込んだ。エレド・ウェスリンへの攻撃は苛烈で、エイセル・シリオンの包囲戦においてガルドールが討ち死にしたが、息子のフーリンオークを撃退した。
フィンゴンは北から攻めて来た軍勢を相手にヒスルムの平原で戦い、数に押されて苦境に陥ったが、キーアダンの船隊がドレンギストの入り江を遡って西から救援に駆けつけたおかげで、辛うじて勝利を収めた。

同じ頃、ドルソニオンに踏みとどまっていた無宿者たちベレンを除いて皆殺しにされた。
それからさらに四年後、ベレンはようやくドリアスに逃れ、そこでルーシエンに出会った。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • この戦いでの「火の川」というのはモルゴスの魔力でできた魔法の炎なんだろうか。
    • 玄武岩質溶岩流?
    • 魔力と溶鉱炉を総動員させ、サンゴロドリムの火口から溶岩流と火砕流をすごい勢いで流れさせたのではないでしょうか。 -- ボリーの用心棒
    • サンゴロドリムから溶岩を流すとアングバンドも被害を受けそうな… モルゴスのことだから対策を立てていたのかな。 -- 2008-09-10 (水) 10:46:20
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 グラウルング以外のが参戦したとは述べられていない。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-08 (水) 13:04:52 (838d)