タル=ミナスティア

概要

カテゴリー人名
スペルTar-Minastir
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第二紀1474~1873(享年399)。在位1731~1869(138年間)
イシルモ(父)
タル=キアヤタン(息子)

解説

ヌーメノールの王
第10代
タル=テルペリエン
1556~1731
第11代
タル=ミナスティア
第二紀1731~1869
第12代
タル=キアヤタン
1869~2029

ヌーメノール11代目の王。伯母である女王タル=テルペリエンが結婚しなかったため彼が王位を継いだ。
アマンへ憧れから、ヌーメノール西岸のアンドゥーニエに近いオロメトの丘に塔を建て、一日の大半をその塔から西を眺めて過ごしたのでこの名で呼ばれた。
ミナスティアはエルダールを愛していたが、同時に羨んでもいた。

彼はサウロンと戦うギル=ガラドに、キアヤトゥアを提督とする大艦隊を援軍として送った。*1

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • アングマールの魔王のお祖父ちゃん。孫がサウロンの一番弟子になったことを知ったらどう思うだろう。 -- ホビット 2009-01-01 (木) 19:21:36
    • ICE設定ですけどね。いずれにしても一番弟子というのは語弊があるかと。ナズグルもサウロンに嵌められた、ある意味哀れな存在だと思います。堕落する要素があったとはいえ、それが人間というものだし、「一番弟子」呼ばわりは「ボロミアがサウロンに寝返った」と言うようなもの。 -- 2009-01-02 (金) 04:10:38
  • この人が援軍を送らなければエリアドールばかりでなく中つ国西岸は、サウロンに占領されていたのは間違いなし。 そうなれば、後の物語に登場する人物は存在しえない。 この人にもっと感謝しよう!! -- ピーチ番頭 2010-06-02 (水) 04:43:00
    • この人の子の代になってから、物に執着するようなロクでもない王が輩出するようになったのは、サウロンの呪い? -- 2011-12-12 (月) 10:11:39
  • エルダールを愛し、羨む・・・  その感情は次第に拡大しヌ―メノール全土を覆ってゆくんだろうね。今の豊かさに精神的に満足出来ているこの時代までが一番幸せだったと思うよ。国力自体はまだまだ発展途上で最盛期には遠く及ばなくても。 -- 2011-12-20 (火) 23:47:24
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 追補編』の第二紀の年表上ではタル=ミナスティアが海軍を送ったのは1700年とあるが、「エルロスの家系」ではタル=テルペリエンの死去とタル=ミナスティアの即位は1731年とされ、両者の記述は矛盾している。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-20 (火) 23:47:24 (2252d)