タル=パランティア

概要

カテゴリー人名
スペルTar-Palantir
その他の呼び名アル=インジラドゥーン*1(Ar-Inziladûn)
先見者(The Farsighted)
種族人間ヌーメノール人
性別
生没年第二紀3035~3255(享年220)。在位3177~3255(78年間)
アル=ギミルゾール(父)、インジルベース(母)
兄弟ギミルハード(弟)
ミーリエル(娘)

解説

ヌーメノールの王
第23代
アル=ギミルゾール
3102~3177
第24代
タル=パランティア
第二紀3177~3255
第25代
アル=ファラゾーン
3255~3319

名はクウェンヤで「遠くを見る者(He who looks afar)」の意。ヌーメノール24代目の王。
インジルベースに体も心も似て忠実なる者に属し、その言葉は先見者として王党派にも恐れられた。

アドゥーナイクでの名はアル=インジラドゥーン*2だが、それまでの王たちが行ってきた反ヴァラール・反エルダール的なやり方を悔いてタル=パランティアの名で即位する。そしてヴァラールとエルダールに対する敬愛を復活させようと試みた。
彼はメネルタルマへの参拝を復活させ、放置されていたニムロスの手入れを行い、「この木が枯れる時はヌーメノール王家も滅びる」と予言した。しかし多くの国民の心をなびかせることは出来ず、その上王党派を率いる弟のギミルハードとその息子ファラゾーンの妨害にあったため改革は進まなかった。だが忠実なる者にとっては、しばしの平和な時代だった。
彼はアンドゥーニエで過ごすことが多く、オロメトの丘にあるタル=ミナスティアの塔に登って西の方を眺めることもあった。だがトル・エレッセアから再び船がやって来ることはついになかった。

遅くまで結婚せず、子供は娘のミーリエルだけだった。彼の死後、ミーリエルがヌーメノールの女王となるはずだったが、ファラゾーンが彼女と強引に結婚し王位を簒奪した。

即位年

追補編』収録「代々の物語」の第二紀の年表には「三一七五 タル=パランティアの悔悛。ヌメノールの内戦。」とあり、『シルマリルの物語』収録「アカルラベース」にも「インジラドゥーンは王位につくと、再び昔のようにエルフ語の称号を用い、タル=パランティアを名乗った。」とある。この二つからアル=ギミルゾールの没年とタル=パランティアの即位年は3175年と考えられる。
だが『終わらざりし物語』収録の「エルロスの家系」では、アル=ギミルゾールの没年は3177年となっている(結果、タル=パランティアの即位も3177年となる)。クリストファー・トールキンの註によると、初めは3175年と書かれたものが後に3177年に修正されており、なぜこのような修正が行われたかは謎であるという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 末期ヌーメノールの王の中で例外的に長寿 -- 2008-11-29 (土) 21:27:31
    • やはりヴァラールひいてはイルーヴァタールへの敬愛ゆえでしょうか? -- 2008-12-01 (月) 04:01:23
    • 長寿……ですか?アル・アドゥーナホール以来のヌメノール王はいずれもタル・パランティア同等の寿命ですが…… -- 2015-04-25 (土) 01:17:01
  • 堕落していくヌーメノール王家の中で数少ない王。 しかし、改革していくには、味方の少なさ、時の運に恵まれなかった。 なんで、その時にヴァラールは助け船を出してくれなかったのだろう? -- 斉藤チロン 2010-06-02 (水) 04:50:08
    • アタナミア大王の時は、使者を派遣したのに。 来てくれたら、彼とそれに続く忠実なる者にとって、大いなる助けになったのに・・・・・・ -- 2011-12-12 (月) 10:37:43
      • 歴史には残らなかっただけで、もしかしたら、定期的に使者が訪れていたかもしれないよ。 ただ、改心には至らなかっただけで。 タル=パランティアの頃になると周りが王党派だらけで、使者やエルダールが来たとしても、王に会わせず、有無を言わさずに追い返していたかもね。 -- 2012-02-14 (火) 16:32:56
      • 彼はヌーメノール西部のアンドニーエに塔を作ってエルダールの船が来るのを待っていたが一度も来なかったとの記述があるよ。 彼の時代になると周りが敵対する王党派だらけで例え、王が悔悛したとの噂がエルダールに広まったとしてもヤバイから来られなかったのかも。 -- 2012-02-15 (水) 04:06:05
    • 中つ国よりもはるかに近い距離にあるのだから、定期的に使者でも派遣して、指導してもらいたかったよな。 ヴァラールは放置しすぎだよ。 -- 2011-12-17 (土) 11:24:26
    • 見守ってくれていることを明確に示してくれれば中立的な者達も忠実なる者となったでしょうし、ヌメノールの国民全体も忠実な立場を選んでいたでしょうにね。 -- 2011-12-17 (土) 19:31:13
    • ヴァラールは、自分達への信仰とかにはそれほど関心がなく、さらに、エルフに干渉しすぎてフェアノールのようなものが生じたことへの反省もあって、あえて干渉しないようにしていたのではないでしょうか。ヴァリノールは彼らの領域ですが、中つ国、さらにヌメノールは人間たちの領域であり、その運命はそこに住むものが決めるべきだと・・・。 -- 2012-01-19 (木) 21:00:29
    • ただ、サウロンら悪のマイアなどが力をつけて、モルゴスが戻ってきそうならば阻止する、という行動原理に思えます。最初にモルゴスを捕まえたときに軽い罰で済ませたように、ヴァラールには悪が理解できない。それゆえに、エルロスの末裔たるヌメノール人たちが、こともあろうかサウロンの佞言にたぶらかされてヴァリノールを襲うとは想像もつかず、ことが起こってしまってから(衝撃のあまり?)あまりにも激越な罰を下してしまったのでないでしょうか -- 2012-01-19 (木) 21:14:33
      • 激越すぎてヌーメノール自体を沈めたのばかりでなく、それによって発生した大津波によって、中つ国自体も大きな被害に。 罰するのは罪を犯した当事者だけにしてもらいたいものである。 -- 2012-01-27 (金) 21:39:19
      • 空想科学読本の柳田理科雄氏も記述していたが大きい大陸が一晩で沈むと周りの海水が引き寄せられて一箇所にぶつかる。 その反動で津波が発生し回りの陸地を襲うから被害は沈んだ大陸だけに留まらないとあった。 それを考えると教授の構想は的を得ていたことになる。 さすがだ。 -- 2012-01-27 (金) 23:33:23
      • 海底軍艦のくだりだね。 本編からかなり脱落したけど -- 2012-01-28 (土) 20:13:23
      • 第三紀の中つ国西岸の主だった港は、キアダンの灰色港と海賊のウンバールしかないから、おかしいと思ったが、その時の津波のせいだったのね。 ヌーメノール時代には、海岸の至る所に港があったはず。 -- 2013-11-15 (金) 17:04:29
      • ゴンドールの港湾都市であるペラルギアも、河口から遡った所にあるからね。 ヌーメノール時代には、河口付近に大きな港があったかも知れないけど、津波で破壊され、たまたま残ったペラルギアを港として、定めたのかもね。 -- 2013-11-20 (水) 14:10:18
    • 末期にはもうヌメノールに施せる手立てはないでしょう。ヴァリノール寄りの勢力を援助すれば、さおさら羨望と憎悪を掻き立てて造反者を増やすだけですよ。節士派にしても、自身らにヴァラールの好意があると自信を持てば主体性が鈍るはずです。最後にエルに頼ろうとしてミーリエルが溺れ死に、自分達の判断で中つ国への脱出を図ったエレンディルらが生き残ったように。こうなる以前はヴァラールは使者を立てて説得に努めたりと、援助も指導もしていますから、それでもヌメノールの凋落は防げなかったということなのでしょうね。 -- 2012-01-19 (木) 22:41:12
    • 施せる手立てがないから見捨てるというのはあまりの酷でしょう。 少数派になりつつあったとは言え忠実なる者はいたのですから。 彼の時代にも使者を立てるなどして援助すれば、その後の歴史は大きく変わったかもしれませんよ。 それでも凋落は防げなかったら、残った少数派をどこかに避難させる手もあったかもしれませんし。 -- 2012-01-21 (土) 10:55:04
    • 見捨てたわけではないと思いますよ。ただ、直接的な援助をしても事態は好転するよりむしろ悪化したのではないかと思うわけです。自分達の意思で島を脱出してすら、故郷とヴァリノールへの憧憬は禁じがたいものがあったというのに、もしそれがヴァラールの指導によって行われでもしていれば、後世の彼らは故郷を捨てさせて不死から永遠に引き離したと、なおさら強く西方を憎むようになったのではないでしょうか。 -- 2012-01-21 (土) 17:11:52
      • 忠実なる者だけを新しい土地に避難させても世代が変われば、堕落してヌーメノールと同じ道に。 結局は過ちを繰り返す羽目になるから、今度は放置しないで、ヴァラールの使者やエルダールに定期的に指導してもらうようにしたほうがいいかもね。 -- 2012-01-27 (金) 21:35:58
    • 心を閉ざしていない者にそれとなく「予感」を与えるなどの目立たない形で援助していたかも。少なくともウルモが指くわえて見ていたとは考えにくい -- 2017-12-13 (水) 23:35:20
  • 聖書から見れば、ユダ王国の歴代王の中で唯一ヤハウェを崇拝したヒゼキヤ王に該当するのかな? -- 2015-03-08 (日) 19:16:16
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 追補編』での訳はアル=インジラドゥン。
*2 終わらざりし物語』によると、インジラドゥーン(Inziladûn)は「西方の花(Flower of the West)」の意味。クウェンヤではヌーメルローテ(Númellótë)。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-13 (水) 23:35:20 (71d)