セオドウィン

概要

カテゴリー人名
スペルThéodwyn
種族人間ロヒアリム
性別
生没年第三紀2963~3002?(享年39?)
センゲル(父)、モルウェン(母)
兄弟セオデン(兄)、姉三人
配偶者エオムンド
エオメル(息子)、エオウィン(娘)

解説

センゲルモルウェンの末娘。エオムンドと結婚し、エオメルエオウィンの母となる。
姉妹の中で最も美しく、兄セオデンからとても愛された。夫エオムンドが戦死すると彼女も間もなく病で亡くなった。セオデンはセオドウィンの死を嘆き悲しみ、遺児のエオメルとエオウィンを養子にした。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • セオデン王が最も愛した末の妹…でもエオメルとエオウィンの母親と言うだけで、ほとんど記載がないのですね。エオムンド公とのなれそめや、どうして後を追うように死んでしまったのか…想像する以外にないのが残念です~ -- ぼめこ
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-05 (火) 18:18:33 (1289d)