スロール

概要

カテゴリー人名
スペルThrór
その他の呼び名山の下の王(King under the Mountain)
種族ドワーフ長鬚族
性別
生没年第三紀2542~†2790(享年248)。在位2589~2790(201年間)
ダイン一世(父)
兄弟フロール(弟)、グロール(弟)
スライン二世(息子)

解説

長鬚族の王
先代
ダイン一世
2585~2589
スロール
第三紀2589~2790
次代
スライン二世
2790~2850

ダイン一世の息子でスライン二世の父。トーリン・オーケンシールドの祖父。トーリンとダイン二世によって復位がなされるまで、エレボール(はなれ山)山の下の王国に君臨した最後の山の下の王であった。

当時ドゥリンの一族灰色山脈を本拠としていたが、2589年に冷血竜によって父ダイン一世と弟フロールが殺されると、スロールは叔父のボーリンと共に脱出して父祖の地であるエレボールに戻った。スロールの治世に山の下の王国は歌に歌われる大きな繁栄を迎えた。
だがその繁栄を聞きつけたスマウグによって2770年に王国は滅ぼされ、スロールはまたも父祖の地を追われることになった。彼は息子スラインと孫トーリン、そして少数の縁者と忠実な従者と共に放浪し、褐色人の国に一時住まった。

やがてスロールは、エレボールの秘密の入り口を示した地図とその鍵、そして自分が持つ最後の宝である七つの指輪の一つを息子のスラインに譲り渡すと、自らは従者のナルだけを連れて一族のもとを離れ、無謀にも遠祖の地であるモリアに帰還しようとした。これは悲運と放浪生活のために頭がおかしくなっていたとも、指輪に込められたサウロンの悪意の影響とも言われている。
スロールは、霧ふり山脈赤角山道より東に越えてナンドゥヒリオンにやってくると、引き止めるナルを置いて単身でモリアの東門から中に入っていった。だが彼はアゾグに殺された上、その遺体はオークたちによって切り刻まれ、烏の餌にされた。

ナルによってスラインにもたらされたこの知らせ、すなわちドゥリンの世継ぎである長鬚族の王に対する侮辱が、他の氏族のドワーフ達をも激怒させ、ドワーフとオークの戦争ナンドゥヒリオンの合戦)の発端になった。

映画『ホビット』における設定

俳優ジェフリー・トーマス
日本語吹き替え不明

エレボール山の下の王国の王として登場。原作とは異なり、エレボールの財宝やアーケン石に執着して正気を失っている暗君のように描かれている。かつてラスガレンの白い宝石の取引でスランドゥイルと交渉が決裂し、彼がドワーフに悪感情を抱く原因の一つとなった。
スマウグ襲来でエレボールを追われた後、モリアに向かってその地の再興をしようとするが、そこにはすでにオークに占拠されており、ナンドゥヒリオンの合戦が発生。その場でアゾグに斬首されて殺された。

画像

『ホビット』におけるスロール

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 生涯で2回も龍に襲われた不幸なドワーフ王。考えてみれば、龍に襲われるに足る財宝を貯えられたのも、きっと力の指輪のパワーによるものだったのでしょう。その上非業の死を迎え、それがまた膨大な量の一族の流血を招く。指輪の力、恐るべしといったところですね。 -- カイト
    • 金鉱堀と金儲けに長けたのが災いしちゃったのですなあ・・・力の指輪は確かに所持者にパワーを与えるけれど、エルフ以外の所持者はことごとく最悪の末路を辿る。これ指輪ワールドの常識ねw -- 2013-08-17 (土) 12:49:59
      • 力の指輪のうちエルフの3つの指輪を除いた全てはサウロンがその製造に介在してるからね。 -- 2013-08-17 (土) 17:09:22
    • スランドゥイルが呆れるのも無理はないな。何回同じ事繰り返すんだよと。 -- 2016-05-19 (木) 17:01:26
      • ↑映画の彼の描き方は酷かったです。原作と混同してほしくない。 -- 2016-05-19 (木) 18:39:06
      • 知ってるよ。 -- 2016-05-19 (木) 19:43:07
      • 少なくともスランドゥイルに関してはおまゆうだが() -- 2016-05-19 (木) 23:08:14
      • ↑↑知ってて混同するような書き方したってことです? -- 2016-05-20 (金) 00:03:17
  • 私はあれだけの黄金があれば正気を失う自信がある -- 2012-12-26 (水) 17:29:54
  • スラ王に超嫌味ったらしい財宝自慢なんかしないで友好の証とかテキトーな理由で贈っていればスマウグ襲来の時に助けてくれたかもしれないのに。 -- 2013-12-30 (月) 05:57:55
    • それはないだろう、たとえ勝算があっても多大な犠牲を出してまでスマウグをしとめる気はなさそう。 -- 2013-12-30 (月) 22:23:29
      • スマウグはともかく、その後のドワーフの難民問題で助けてくれたかも。 -- 2013-12-31 (火) 11:53:10
      • >それはないだろう〜  だな -- 2017-10-28 (土) 21:08:54
    • 映画版のこいつはふん縛って説教垂れるくらいされても良いと思う。 -- 2015-03-14 (土) 00:44:12
    • CSでSEEを初めて見たけど、スラ王へのあの態度はなかったよなー。気位高いエルフ王が公式の場であんな侮辱受けたら、そりゃ見殺しにもするわな。 -- 2017-10-28 (土) 18:40:39
      • SEEじゃなかった、EEだった。 -- 2017-10-28 (土) 20:15:50
  • 映画のナンドゥヒリオンで最前線で戦ってた様子を見るに、エレボールを奪われてからのほうが健康的なような気がしなくもないw -- 2014-04-11 (金) 03:22:46
  • 結構若くして王になってるんだな・・・ -- 2014-12-09 (火) 20:22:04
    • スロールにもスラインにもトーリンみたいなハンサムな頃があったんだよなあ… -- 2016-06-03 (金) 00:42:57
  • 映画設定ではエルロンドが会ったことがあると言っているけれどそれっぽい記述はどこかにあるのですか? -- 2015-05-09 (土) 00:52:51
    • 原作でも映画でも、直接描写はされてないですねえ -- 2015-05-09 (土) 19:03:35
  • 「わーい課金し放題だー」 -- 2017-06-16 (金) 00:29:12
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-28 (土) 21:08:54 (240d)