• この項目は、トーリン・オーケンシールドの父であるスライン二世(Thráin II)について解説しています。
  • 山の下の王国の最初の王スライン一世(Thráin I)についてはスライン一世を参照してください。

スライン二世

概要

カテゴリー人名
スペルThráin II*1
種族ドワーフ長鬚族
性別
生没年第三紀2644~†2850(享年206)。在位2790~2850(60年間)
スロール(父)
トーリン二世(息子)、フレリン(息子)、ディース(娘)

解説

長鬚族の王
先代
スロール
2589~2790
スライン二世
第三紀2790~2850
次代
トーリン二世
2850~2941

スロールの息子。トーリン二世(オーケンシールド)フレリンディースの父。

エレボール(はなれ山)スマウグが襲来した時、スラインは父と共に秘密の入口を使って逃げ延び、以後はわずかな一族郎党を連れて放浪の生活を送ることを余儀なくされた。
やがて父スロールは、彼に七つの指輪の内の最後の一つを譲り渡すと、単身モリアへ帰還しようとしてアゾグに殺される。この報せを聞いたスラインは大いに悲憤し、ドワーフの七氏族に使者を送って一大連合軍を招集、霧ふり山脈オークに戦争を仕掛けた。決戦となるナンドゥヒリオンの合戦においてドワーフの連合軍は勝利を収めたが、払った犠牲も大きく、スライン自身も片目と片足を負傷し、モリアを奪回する望みも叶わなかった。

ドゥリンの一族の王となったスラインは再び褐色人の国を放浪する生活に戻るが、やがてエリアドールの先の青の山脈に居を構える(トーリンの館)。
しかしスロールから受け継いだ七つの指輪がもたらす悪影響のため、スラインは黄金への渇望に苛まれるようになり、ついには僅かな従者を連れてエレボールを求める旅に出た(その従者の中にはバーリンドワーリンもいた)。
ところが一行は死人占い師に目をつけられ、闇の森でスラインは一人消息を絶つ。彼はドル・グルドゥアに連行されて拷問を受け、最後の七つの指輪も奪われた。

そのままドル・グルドゥアの土牢に放置されていたスラインを、同地に潜入したガンダルフが発見。スラインは指輪のことを口走るばかりで自分の名前も忘れてしまっていたが、最後にスロールの地図とエレボールの秘密の入り口の鍵をガンダルフに託すと「息子へ」と言い残して息絶えた。

映画『ホビット』における設定

俳優アントニー・シャー?
日本語吹き替え阪脩?

『思いがけない冒険』回想シーンに登場。ナンドゥヒリオンの合戦において行方知れずとなる。父スロールの戦死を目の当たりにし、正気を失ったと言われていた。その後、ドワーフ軍を立て直したのが息子のトーリン二世だった。
ガンダルフが、スラインからエレボールの地図と鍵を受け取っていてトーリンに渡した設定は原作と同じだが、スライン自身がどうなったのかは語られていない。

『竜に奪われた王国』冒頭の回想シーンでは、トーリン達がはなれ山へと旅立つ約10ヶ月前、焦茶の国の近くにいたという噂を聞いたトーリンが現地へ探しに行ったが、発見できずに帰ってきてブリー村躍る小馬亭に立ち寄っている。そこでガンダルフに出会い、トーリンはスラインのことをガンダルフに尋ねた。その時スラインは、トーリンにエレボールへと向かうようガンダルフに言伝を頼んでいたことが明らかになる。

エクステンデッド・エディションではさらに詳しい話をトーリンとガンダルフが語っており、ガンダルフとスラインが最後に会ったのはナンドゥヒリオンの合戦前となっている。また、ナンドゥヒリオンの合戦でスロールが殺された後、スラインは息子トーリンの代わりにアゾグと戦おうとして、そのまま行方不明となったとされている。その時スラインは、七つの指輪のうちの一つを持ったままだった。
さらにエクステンデッド・エディションでは、ドル・グルドゥアに潜入したガンダルフの前に、半ば正気を失い、指輪を指ごと奪われた姿のスラインが現れる。スラインはガンダルフに連れられて脱出しようとしたが、エレボールには誰も近づいてはならないとかつてとは逆のことを言い、トーリンへの別れの伝言をガンダルフに頼んだ後、死人占い師(ネクロマンサー)の影に飲み込まれた。

画像

『ホビット』におけるスライン(山の下の王国で)『ホビット』におけるスライン(ドル・グルドゥアで)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 映画版では彼はどうなったんだろ?。 原作と違ってドル・グルドゥアは、廃墟になっていたみたいだし。 -- 2012-12-25 (火) 05:14:56
    • 映画で彼が正気を失ったのは、アザヌルビザールで父親を殺されてしまったからとあるからね。 その後、いろんな所を彷徨ううち、ガンダルフに地図と鍵を渡したのだろう。 もしかしたら、まだ生きている可能性もあるかも? -- 2013-01-01 (火) 21:12:58
    • それはないと思う。 アゾグがトーリンと対峙してた際、お前の親父は腰抜けだったと抜かしている。 映画では、アゾグに殺された可能性もある。 -- 2013-01-02 (水) 19:58:55
    • ガンダルフ一行がスラインの持ってた地図と鍵を持ってるってことは映画上でももう故人じゃないかな -- 2013-02-10 (日) 10:43:45
    • 以前も投稿しましたが、囚われたガンダルフを逃がす役目の可能性があると思います。一番古い(’11年)の予告編にはスラインらしき人が映ってますし・・・ -- 2014-07-14 (月) 17:21:51
  • ダインやスランドゥイルのようにファンが多くないせいかあまり取り沙汰されていないが、PJ版映画ホビットのトーリン美化による最大の犠牲者だと思う。スロールの死に怒り狂ったスラインの呼びかけによって始まった大戦争で最後の最後まで戦っていたはずの王が、父親の死に狂乱して敵前逃亡した扱いとか酷い。 -- 2013-02-19 (火) 00:51:44
    • EE版では多少マシになった、ガンダルフとの会話ではトーリンの事も気にかけていたようだし。 -- 2014-12-05 (金) 16:02:30
  • 原作ではナンドゥヒリオンの合戦で片目を失ったとあるのに、映画版ではスマウグ襲撃以前に既に隻眼でしたね。ミスかな。 -- 2013-11-30 (土) 02:05:41
    • そもそも映画で、スラインがナンドゥヒリオンの合戦で何をしていたのか、その後どうなったのかがよくわからないんですよね。片目を失ったのもいつか不明 -- 2013-12-31 (火) 12:27:09
    • 第2部EE版では隻眼ではなかったですね。。。 -- 2014-12-05 (金) 00:58:43
    • EEを見る限りでは指輪はアゾグに盗られたことになるのか? -- 2014-12-05 (金) 15:11:52
  • 予想ですが、第三部で囚われたガンダルフを逃がすのはこの人ではないかと。 -- 2014-03-21 (金) 12:16:10
    • 俺はラダガストがと思っていたが、確かにそんな展開も面白いかもしれない。これまで所在不明にしてきたことを伏線ととるなら -- 2014-04-24 (木) 00:59:48
    • そして息絶えると・・・・・ -- 2014-04-26 (土) 15:47:21
  • 第一部の最初の予告編でこの人らしきドワーフが映っていたのが↑のように予想した理由です。設定画集にも載っているのに本篇で無かったことにするのはさすがにどうかと・・・・ -- 2014-09-19 (金) 19:30:19
    • 竜に奪われた王国・SEE予告で、ガンダルフと話している額に入れ墨のある老人はもしかして・・? -- 2014-09-22 (月) 10:32:16
  • EE版届いたので観ましたが、スラインについてかなりのシーンが追加されていました。 -- 2014-11-11 (火) 19:01:24
    • まるでE.T.の中に入ってる人みたいで、ホビット並に小さく見えました。 -- 2014-11-12 (水) 20:57:53
    • スライン、EE版でサウロンに喰われちゃうんだよね… -- 2014-11-12 (水) 19:19:17
  • 結局、特に役割が与えられたわけでもなく、1作目では隻眼だったはずが無かったことにされ、とあまりにも無意味な改悪でしたね。いつものことですが。 -- 2014-12-05 (金) 05:40:08
    • あれ、やっぱり死んじゃったんでしょうか。コメンタリによれば死んだらしいですけど。それでもまだ、幽閉されたガンダルフを助ける役割にならないかと期待しているんですがねー -- 2014-12-05 (金) 15:02:27
      • あれで生きていようものなら、今度はサウロンの恐ろしさが微妙なことになりますし。 -- 2014-12-06 (土) 07:45:08
      • 映像的にはサウンロンがスラインを攻撃した(殺した)というよりも、おまえは邪魔だとばかりに払われた感じでしたけどね。 -- 2014-12-07 (日) 00:03:12
    • 指輪のせいで正気を失い、エレボールに戻ろうとして逸れて捕らえられ、ドル・グルドゥアに閉じ込められていた……なんて台詞で説明するにも映像にするにも冗長すぎるだろうな -- 2014-12-06 (土) 08:59:09
      • 上手くやれば冗長ではないし、下手にやれば冗長になる、というだけの事だと思います。映像の性質は言い訳にはなりませんよ。もっと濃い内容を巧みに表現している映画はいくらでもあるのですから、映像の表現力はそんな貧困なものではないはずです。 -- 2014-12-06 (土) 11:19:17
      • スラインの指輪は、その後誰が所持しているのでしょう。でも指輪があっても負けたというのは…。 -- 2015-01-14 (水) 14:05:03
      • 確かに。指輪があっても意味が無いくらい弱い?トーリンに渡しておけば良かったのに。あと役者がなんでコロコロ変わるのでしょうかね。 -- 2015-04-03 (金) 20:24:11
    • 別にいてもいなくても変わらん、とっくに用済みキャラのじじいになんでそこまで気を使わにゃならんのかね -- 2014-12-06 (土) 22:57:11
      • 「いてもいなくても変わらん、とっくに用済みキャラ」なんて物語には存在しませんよ、よく作りこまれた物語であれば尚更。逆に言えば、そんなキャラクターがいたとすれば物語が杜撰に作られていることの何よりの証拠。 -- 2014-12-06 (土) 23:41:19
      • そういう意味では劇場版に入れなかったのは正解だったんでしょうね。 -- 2014-12-06 (土) 23:44:37
      • 入れようと思えば入れられたでしょうけど、そうなると上映時間がどうしても伸びますからね。映画館で座って見ているお客と、家庭で好きな時に見られるDVD(SEE)とはその辺が違いますから。これに限らずSEE版の映像って、興味深く面白くはあるけど、映画作品としてはやはり無駄だなって思うものが多いですから。 -- 2015-02-15 (日) 14:50:12
  • 白木みのるが演じればよかったのに -- 2015-01-14 (水) 22:42:02
  • なお、断末魔はウィルヘルムの叫びだった模様 -- 2015-04-03 (金) 18:17:34
  • EE版のスラインの姿で、サウロンの残虐さと卑劣さが際立つ。この放置プレイのような(笑)身勝手な行為も支配者ならでは。 -- 2015-04-04 (土) 18:35:07
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 古ノルド語で“切望せし者”の意

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-11 (火) 21:12:00 (349d)