シルヴァン語

概要

カテゴリー言語
スペルSilvan tongue
その他の呼び名

解説

シルヴァン・エルフの言語。といっても独自の言語ではなく、シンダール語の方言のようなものと考えられている。
シルヴァン・エルフは自分たちの文字を持たず、シンダールから文字を習った者は、可能な限り読み書きにはそのままシンダール語を使った。ロスローリエンでも闇の森でも、その地にシンダールが入ってくると主にシンダール語が使われるようになり、シルヴァン語はほとんど話されなくなったと思われる。ただし一部のシルヴァン語の単語のみが、その土地のシンダール語の中に残った。

シルヴァン語の存在を思わせるものとして『指輪物語』には下記のくだりがあるが、『追補編』によると、これはロスローリエンガラズリムが話すシルヴァン訛りのシンダール語であるに過ぎず、訛りを聞き取れなかったフロドが別のエルフ語と勘違いしたものであるという。

それからまた別の澄んだ声がエルフ語で何かいいました。何といっているのか、フロドにはほとんどわかりませんでした。というのも、霧ふり山脈の東に住まうシルヴァン・エルフたちが自分たちの間で使っている言葉は、西のエルフたちの言葉と同じではなかったからです。レゴラスは上を見て、同じ言葉で答えました。*1

Iron Crown Enterprisesによる設定

ICE設定では、シルヴァン語はベステウァ(Bethteur)と呼ばれる。

コメント

コメントはありません。 Comments/シルヴァン語?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間 下』 「六 ロスロリアン」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-18 (土) 23:35:55 (1277d)