シルマリルの物語

概要

カテゴリー書籍・資料等
スペルThe Silmarillion
異訳シルマリルリオン

解説

ホビットの冒険』『指輪物語』の前史となる本。トールキンはこれを完成する前に他界。死後に息子のクリストファーの編集を経て、1977年に出版された。

作中では、唯一なる神エルによる地球(アルダ)の創造、アルダの支配権を争うヴァラールメルコールの戦い、エルフ人間ドワーフの誕生、エルフの中つ国から至福の国への移動(大いなる旅)、シルマリルを巡るノルドール・エルフの中つ国帰還とベレリアンドでの戦い(宝玉戦争)、ベレンルーシエンの物語(レイシアン)、トゥーリン・トゥランバールの闘い(ナルン・イ・ヒーン・フーリン)、エアレンディルの航海までの第一紀の物語、ヌーメノールの繁栄と没落(アカルラベース)、指輪戦争に至るまでの経緯(第二紀第三紀)、そして索引とエルフ語に関する資料が収録されている。エルフドワーフ人間のことはあるが、ホビットのことにはほとんど触れられていない。

指輪物語』序章にある、西境の赤表紙本の写本のうち)フィンデギルの筆写した写本の一番重要な点は、この本にだけ、ビルボが「エルフ語から翻訳したもの」のすべてがのせられていることである。その三巻は、一四〇三年から一四一八年の間に、ビルボが裂け谷であたれるだけの資料にあたり、聞ける限りのひとに聞いて書いた、博識達文の著作であった。とはこの本の事と考えられ、ビルボ・バギンズの編纂によって当世に伝えられたという形になっていると思われる(ただし先述の通りトールキンはこの本を完成させる前に死去したため、その構想は不完全な物となっている)。

この本に採用されなかったトールキンの原稿や草稿などは、『終わらざりし物語』や『The History of Middle-earth』などに収録されている。またこれらの本の記述をクリストファー・トールキンが纏めて再編集し、物語の一部分をピックアップした『The Children of Húrin』『Beren and Lúthien』がある。

目次

標題紙のテングワール

『シルマリルの物語』標題上部
『シルマリルの物語』標題下部

ð taləs v ð first ajə ƕen morgoþ dwelt in middlə earþ
nd ð elvəs madə wor upin him for ð rekoverī v silmarils
to ƕich arə appended ð downfall v numenor nd ð historī v
riŋs v powr nd ð þird ajə in ƕič ðesə taləs komə to ðeir end

The tales of the First Age when Morgoth dwelt in Middle-earth and the elves made war upon him for the recovery of the Silmarils, to which are appended the Downfall of Númenor and the history of the Rings of Power and the Third Age in which these tales come to their end

訳し方については、フェアノール文字の項を参照。

日本語版について

ホビットの冒険』『指輪物語』の翻訳を行った瀬田貞二が他界したため、指輪物語で瀬田を手伝った田中明子が翻訳を勤めた。
日本では、2003年に本書の新版が出版された。旧版では上下別巻だったものが、新版では一冊に纏められた。新版では原書のSecond Editionを底本にしており、冒頭にトールキンの手紙(『The Letters of J.R.R.Tolkien』Letter131)の文章が入っているほか、クリストファー・トールキンによる修正も入っている。またエルフ語の日本語表記も、より正しい発音に近いと思われる片仮名表記に改められた。

映像化について

何度か映画化など、映像化の企画は上がっているが、権利を持つクリストファー・トールキンが許可していないため、全て実現していない。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ディアゴスティーニ 週刊シルマリル 初回「アイヌアの音楽」は980円 -- 2015-03-07 (土) 02:33:04
    • 全巻集めるとシルマリルができあがります? -- 2015-03-11 (水) 00:29:10
  • 映画化するにも24章分の話をまとめるのも難しそうだね。ビルボが全体を案内してくれるだろうけど。またフリーマンに出てほしい。 -- 2015-04-05 (日) 22:56:20
    • と言うか、無理に1~24章までを全部映像化する必要は無いでしょう。そもそも1つの大きな箱(物語)の中に小さな箱(個々の英雄譚)がいくつも入ってる訳ですから、そのどれか一つをピックアップするのが現実的だと思います。 -- 2015-05-09 (土) 00:41:30
      • 特に映画は主役をはっきり決めるでしょうね。エルフか人間に絞るんだろうな。 -- 2015-06-09 (火) 17:59:17
  • 新版では旧版2巻が一冊になった割にはページ数が減っているようですが、省略された部分があるのでしょうか? -- 2016-02-13 (土) 10:55:28
    • 翻訳が修正された以外は、省略された部分はありません。むしろ内容的には多少増えています -- 2016-02-13 (土) 12:22:13
      • そうなんですか。ありがとうございます。ついにシルマリルに進む時が来たようだ。 -- 2016-02-13 (土) 22:38:36
  • ノルドールの中つ国への帰還って、十字軍を意識してる?十字軍のやったことが可愛く思えるくらい悲惨な結末だけど -- 2016-05-03 (火) 17:11:23
  • エルフを演じられるだけのプロポーションを持った俳優を何十人と集めなければならない時点で映像化は無理。エキストラはまだどうにかなるかもだが主演俳優だけでも相当数必要だし。 -- 2016-05-25 (水) 08:57:29
  • Youtubeにはファンの作ったトレイラーが幾つかある。その中でも一番再生数が多い一本をhttps://m.youtube.com/watch?v=RT9UcZPT2DU -- 2016-07-04 (月) 23:38:05
    • ベレンとルシエンが、カリブの海賊の宣教師と人魚w -- 2016-07-05 (火) 14:05:30
    • モルゴスとゴスモグが大体合ってるのがw -- 2016-07-05 (火) 14:42:18
    • このモルゴス、アーサスさんじゃないですか -- 2017-11-12 (日) 04:43:28
  • トールキン版平家物語 -- 2016-08-05 (金) 11:04:12
  • ナルゴスロンド、メネグロス、ゴンドリン、アングバンドは是非とも映像で見たい。いつぞやの副官時代のサウロンの鎧みたいに、誰かが趣味か仕事の一貫としてそこだけでも作って欲しい -- 2016-11-20 (日) 02:28:46
  • 映像化されるって噂を聞いたんですが本当なのでしょうか? -- 2017-05-13 (土) 13:30:03
  • アニメは辞めてほしい…やはりドラマかそれか出来れば映画化してほしい 最終章はエアレンディルとアンカラゴンの戦い(怒りの戦い)をしてほしいな -- 2017-08-23 (水) 04:27:11
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-12 (日) 04:43:28 (318d)