シルマリル

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルSilmaril*1
その他の呼び名大宝玉(Great Jewel)、三つの宝石(Three Jewels)、フェアノールの宝玉(Jewels of Fëanor)、太古の大宝玉(Primeval Jewels)

解説

フェアノールが作った三つの大宝玉の名。上古宝玉戦争の中心となった。

シルマリルの創造

二つの木の時代フェアノールによって作られる。
シルマリルには、太陽が作られるより前に至福の地(アマン)を照らしていた二つの木テルペリオンラウレリン)の生きた光が不滅のものとなって込められていた。そのため、たとえ地の底の暗闇に置かれたとしても天空の星々の如くに自ら光り輝き、また他の光を受ければそれを喜んで見事な光彩を照り返した。シルマリルの命にあたるその光は、ダイアモンドの結晶のようでありながらダイアモンドよりも硬く、何人も傷つけることの出来ない器を肉体として宿っていたが、これがいかなる物質から造られていたのかはフェアノールの他に知り得る者はいないという。

フェアノールの最高傑作であり、その美しさに驚嘆しない者は一人としていなかった。
シルマリルはヴァルダ(エルベレス)によって聖められ、死すべき者、不浄の者、悪しき者がシルマリルを手にするとその身を焼かれるようにされた。
またマンドスは、大地も、海も、空気も、アルダの運命はすべてシルマリルの中に閉じ込められていると予言した。

モルゴスによる強奪

大敵メルコールはシルマリルの輝きを渇望し、ウンゴリアントと共謀して二つの木を殺害すると、フォルメノスを急襲してシルマリルを奪い取る。彼はそのままアマンから中つ国に逃亡し、かつての拠点のひとつアングバンドを再建すると、シルマリルを鉄の冠に填め込んで頭上に戴き「世界の王」を僭称した。

二つの木が害された時、ヤヴァンナはシルマリルに込められた光さえあれば瀕死の二つの木を蘇生させることができると訴えた。だがフェアノールは、自らが魂を込めて作り上げた作品を進んで差し出すことを拒否する。その直後にフォルメノスよりシルマリルが強奪されたとの報がもたらされたため、いずれにせよ二つの木が救われることはなかった。

この時、シルマリルが奪われると共に父フィンウェが殺害されたことを知ったフェアノールは、メルコールを「黒き敵」の意であるモルゴスと呼んだ。さらに復讐とシルマリル奪還を果たすため中つ国に帰還するようノルドール族の大部分を扇動し、七人の息子と共にフェアノールの誓言と呼ばれる呪われた誓言を立てた。フェアノール自身は中つ国に帰還して間もなくダゴール=ヌイン=ギリアスで戦死したが、呪われた誓言は後々まで禍根を残すことになる。

ベレリアンドにそれぞれ王国を築いたノルドールの公子達は、他のエルダールエダインとも協力してモルゴスと戦ったが、アングバンドの守りを打ち破ることはできず、一つまた一つと滅ぼされていった。

ベレンとルーシエンによる奪回

アングバンドの地の底で、モルゴス鉄の王冠に守られていたシルマリルだが、その一つを人間の勇士ベレンエルフの乙女ルーシエンが取り戻すという功業を成し遂げる。このことはレイシアンに謳われている。

ベレンベオル家の最後の世継であり、ルーシエンシンダールの王シンゴルと、マイアメリアンとの間に生まれた娘であった。
最愛の娘が死すべき人間の男なんぞと恋に落ちたことを知ったシンゴルは、ベレンにモルゴスの冠からシルマリルを奪って、予のところに持って参れ。その上で、ルーシエンが望むなら、お前との婚約を許してやってもよい。と難題を課し、暗にベレンを葬り去ろうとする。
しかしベレンはエルフ王フィンロドヴァリノールの猟犬フアンらの助けを得て、ついには彼を追ってやってきたルーシエンと連れ立って単身アングバンドに潜入、モルゴスの玉座まで辿り着く。そこでルーシエンが眠りの魔法を使ってモルゴスと召使達を眠らせている間、ベレンが短剣アングリストを使って鉄の冠からシルマリルの一つを取った。この時、ベレンの手は焼かれなかった。だが二人がアングバンドから脱出する時、巨狼カルハロスが立ち塞がって、ベレンの右手ごとシルマリルを飲み込んでしまう。

体内をシルマリルに灼かれて狂乱したカルハロスはベレリアンドに恐るべき禍をもたらしたが、最後にはシンゴルベレンらの狼狩りに同行したフアンと相打ちになって倒され、シルマリルはその体内から取り出された。カルハロスの毒牙で致命傷を負ったベレンはあらためてシルマリルをシンゴルに捧げて息絶えた。こうしてベレンに課された難題は成し遂げられる。
この後、死んだベレンを追って西海の彼方のマンドスの館まで赴いたルーシエンは、自分の不死の命と引き換えに、ベレンと共に中つ国へと帰還する。二人は死すべき運命の人間としてトル・ガレンの島に住まったが、取り戻されたシルマリルの一つはシンゴルの手許に残された。

奪回されたシルマリルを巡る悲劇

だが奪回されたシルマリルを巡ってフェアノールの呪われた誓言が発動することになる。

シンゴルは次第にシルマリルの輝きに魅了され、やがて手許にもたらされた首飾りナウグラミーアと一つにすることで、世に比類なき宝を作り出そうと考える。だが細工を依頼されたノグロドドワーフたちもまたシルマリルに魅了された。シンゴルとドワーフはシルマリルの填め込まれたナウグラミーアを巡って諍いを起こし*2、ドワーフたちはシンゴルを殺してついには宝を奪い取った。
これを知ったベレン緑のエルフらを率いて帰路を急ぐドワーフたちを急襲し、シルマリルを奪い返した。(サルン・アスラドの合戦?

ベレンはルーシエンのためにこれをトル・ガレンに持ち帰った。トル・ガレンの地は束の間ではあったが、シルマリルとナウグラミーアによって増したルーシエンの力によって、アマンと見紛う程に美しい地になったという。

二人がトル・ガレンに生きている間は、フェアノールの息子たちもあえて手出しをしようとしなかった。だが二人が死に、ドリアスを再建しようとしていた二人の息子ディオル・エルヒールの許にシルマリルが送られると、フェアノールの息子たちはシルマリルの引き渡しを要求する。これにディオルが返答しなかったため、フェアノールの息子たちはドリアスを襲撃してこれを滅ぼし、ディオルを殺害した。
しかしシルマリルはディオルの娘エルウィングが持ってシリオンの港へ逃れた。

エアレンディルの航海と、星になったシルマリル

やがてベレリアンド自由の民の王国はすべてモルゴスに滅ぼされ、シリオンの河口付近のわずかな地が最後の避難所として持ちこたえていた。
ゴンドリンからこの地に逃れてきた半エルフエアレンディルはかれらの主君となり、ドリアスから逃れてきた半エルフエルウィングと結婚。シルマリルも彼の手に渡る。エアレンディルの持つシルマリルの力により、この地には祝福と癒しがもたらされたという。

エアレンディルは優れた航海者となり、中つ国エルフ人間への慈悲と助力を請うため、ついに西方のアマンへ船出したが、エルウィングは留守を守っていた。
この間にフェアノールの息子たちから再びシルマリルを引き渡すよう要求があったが、エルウィングとシリオンの港の民はシルマリルを手放そうとはせず、フェアノールの息子たちは今度はシリオンの港を襲撃してこれを滅ぼした。エルウィングはシルマリルを抱えて海に身を投げた。
だがエルウィングはウルモの手によって波間から抱き上げられ、鳥の姿に変えられてエアレンディルの船ヴィンギロトへと辿り着く。シルマリルの光に導かれたヴィンギロトはヴァリノール隠しを突破してアマンに到達し、エアレンディルによるヴァラールへの慈悲と助力を請う願いは聞き届けられた。

ただしエアレンディルは中つ国に戻ることは許されず、ヴィンギロトに乗って世の終わりまで天空を航行する運命が課せられ、彼の持つシルマリルの光は中つ国の住民に希望を与える明星として空に輝くことになった。

残された二つのシルマリルの運命

残った二つのシルマリルはモルゴスの手許に残っていたが、怒りの戦いでモルゴスが滅ぼされると、シルマリルは鉄の冠から取り外され、エオンウェが預かった。
フェアノールの息子たちの生き残りであるマイズロスマグロールは、残り二つのシルマリルをエオンウェに要求したが、エオンウェはシルマリルに対する彼らの所有権は同族殺害によってもはや消滅したと伝え、二人にヴァリノールに戻って裁きを受けるよう命じた。マイズロスとマグロールは彼ら自身倦み疲れていたが、なおフェアノールの誓言に呪縛されていたため、エオンウェの営舎に忍び込み、衛士を殺してシルマリルを盗み出そうとした。彼らの行いはその場で見咎められたが、エオンウェは二人を殺すことを禁じたため、マイズロスとマグロールは戦わずして遠くへ逃れ、銘々が一つずつシルマリルを取った。

だが彼らはすでに正当な所有者とは認められず、シルマリルは彼らの手を焼いた。マイズロスは絶望してシルマリルを持ったまま火の燃え盛る大地の裂け目に身を投じて死に、マグロールはシルマリルを海中に投じた後、海辺をさまよいながら苦しみと悔恨の歌を歌い続け、二度とエルダールの間には戻らなかったという。

かくてシルマリルは一つは天空に、一つは世界の中心に燃える火の中に、そして一つはわたつみの深き底に永住の場所を見出し、いつの日か世界造り直される時まで再び一つ所に集まることはなくなった。

その後のシルマリルの光

今となっては、シルマリルの輝きはエアレンディルの星にのみ見出される。

指輪物語』でフロド・バギンズガラドリエルから贈られた玻璃瓶は、ガラドリエルの水鏡に映じたエアレンディルの星の輝きを集めたものであり、つまりシルマリルの輝きである。

「おや、旦那、おら、今まで一度も考えつかなかったな! おらたちの持ってるのは――いま持ってるのはそれの光の一部ですだよ、奥方から旦那がおもらいになったあの星の玻璃瓶にはいってるのは! おやおや、考えてみれば、おらたちもまだ同じ話の中にいるっちゅうこってすだ。話はまだまだ続いてますだねえ。えらい話というのはおしまいにならないんですかね?」
「そう、お話としては決しておしまいにならないね。」と、フロドがいいました。「だけどその中の人物たちは登場してき、やがて自分の役割がすむと行ってしまうんだよ。 … 」*3

第三紀の終わりに指輪所持者たちがアマンへ船出する時、フロドは玻璃瓶を携えて行き、見送るサムたちの目からは船上にある玻璃瓶の光がちらちらと明滅し、やがて水平線に消えていくのが見えたという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 光を宝玉にこめる・・・か。創作とはいえ一度見てみたいもんだ。 -- 2013-01-13 (日) 09:36:40
  • 「シルマリルリオン」がもし映画化されるとしたら、クリエイター達が一番難儀するのはこれのデザインでしょうね。 -- 2014-02-08 (土) 16:56:04
    • ホビットでアーケンでも充分苦労しているのでたしかに苦労するでしょう。 -- 2014-02-08 (土) 21:14:43
  • 青っぽい色してるのかな~って「シルマリル」という名前から勝手にイメージしてる(*´ω`*) -- 2014-09-26 (金) 22:03:19
    • テルペリオンとラウレリンの生きた光が込められているので、やはり金と銀が入り混じった色なのではないかと。 -- 2014-09-29 (月) 11:32:59
    • 諸々の記述(「汚れなき光」「分析不能な光」「白い炎のよう」等々)を鑑みるに白光ではないかと思われますが、「それ自身が輝くだけでなく、光を喜び、受けた光を照り返して陸離たる光彩を放った」ともありますので、環境光によっても見え方が変わっていたようです。ただ基本的には白光と考えて良いかと思います。 -- 2014-09-29 (月) 18:19:29
  • マグマにも耐える宝玉を作ったフェアノールは偉人だな(オロドルインでも解けないかもしれない) -- 2015-05-19 (火) 21:30:32
  • あまりにも行き過ぎればそれは祝福ではなく呪いになるのか。 -- 2015-11-05 (木) 02:09:48
  • フェアノールの同族に対する蛮行は父親を殺されたからと言って到底正当化出来る物では無く、またそれ以前からガラドリエルの奥方に嫌われていた事から善性の存在と呼ぶには余りにも偏屈且つ意固地な御仁かと。シルマリル創造の際に彼の人格的欠点が創造物にも焼き付けられた結果、過剰に見る物の欲望を煽る性質を得てしまったのでは?と推測してます -- 2015-11-06 (金) 21:31:07
    • シルマリル自体にマイナスの性質があったとは考えにくいかと。ヴァラールが祝福し、アルダの善性の結晶たる無垢なる光が保存され、エルフの友らの導きの星となり、終末にはアルダを救うことになるものです。フェアノールの制作動機も「二つの木の光が失われる予感があったのかもしれない」と書かれているように、邪念ではなくいくらか先見の明によるものでした。むしろ、悪に塗れた世界と人々の中でただひとつ穢れ無きものであるゆえに、善も悪もどうしようもなく惹きつけられるが、悪はその光に耐えられず焼かれて自滅する、至聖の光そのものと見るべきでは(トールキン自身そのような意味のことを言っています) -- 2015-11-06 (金) 22:01:29
  • シルマリルには手が届かないけれど、その光は絶えず見ることが出来る。希望は続くということ。 -- 2016-02-17 (水) 08:01:20
  • シルマリルを水に入れて湯を沸かしたり、何か茹でたりできるでしょうか? -- 2017-04-09 (日) 19:37:41
    • ウルモが三代目冥王になったら水も邪悪に染まるだろうから、そんときは煮えるんじゃないですかね -- 2017-06-03 (土) 22:01:39
    • というかシルマリルが邪悪なものを焼く、てのは単に邪悪を検知して高熱発してるんじゃないのでは? -- 2017-06-03 (土) 22:03:39
    • というかシルマリルが邪悪なものを焼く、てのは単に邪悪を検知して高熱発してるんじゃないのでは? -- 2017-06-03 (土) 22:03:40
      • 二重投稿すみません。「悪が輝かしいものに耐えられず自壊する」ってのを一言で例えて「焼く」と表現してるだけじゃないかと。 太陽と同根なので熱を出しても不思議はないですが、ただ熱を出してるだけなら「灼熱と酷寒を操るモルゴスが火傷を負う」というのは不自然です。 -- 2017-06-03 (土) 22:29:47
  • シルマリルそのものは善でヴァラールの祝福もまた善、しかしフェアノールのおそるべき誓言とその際の執念こそが呪いとしてその上に纏わりつき、時にはドワーフの欲を煽り、時にはエルフを頑なにし、数々の惨劇を引き起こしてきた…って解釈をしてるなあ。 -- 2017-06-07 (水) 22:51:32
    • つまり欲望を持つことが悪!まあそうなるとそもそもモルゴスが欲しいと思った時点で件の惨劇は避けられないものだったわけで…そういう意味ではエルフもドワーフも上古の(少なくとも第一紀の)時代からどんどん"モルゴスの息"に冒されて劣化しているのが分かるんだよなあ… -- 2018-08-04 (土) 06:09:47
  • しかし、フロドはシルマリルの輝きをもっていて、使命をなんとか果たせましたね。 -- 2017-12-22 (金) 14:10:58
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 複数形シルマリルリ(Silmarilli)。作中では英語風にSilmarilsと綴られることも多い。Letter#131では「汚れなき光の輝き(radiance of pure light)」と説明されている。
*2 この諍いの原因については後世色々なことが言われており、ドワーフは当時からシンゴルが報酬を拒んだのが原因であると主張していた。主にエルフの史料から編纂されたものであるシルマリルの物語本文では、このドワーフの主張は偽りだとされ、欲に駆られたドワーフがシルマリルとナウグラミーアの権利を主張したためだとされている。後にガンダルフはエルフとドワーフの不和について「どちらの話も聞いている」と述べてあえて判断を下すことをしなかった。
*3 指輪物語 二つの塔』「キリス・ウンゴルの階段」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-04 (土) 06:09:47 (13d)