シリル

概要

カテゴリー地名
スペルSiril

解説

ヌーメノールで最も大きな川。メネルタルマノイリナンの谷に源を発し、ミッタルマールから島の南側の海岸へ向かって流れる。
下流へ行くほど蛇行した緩やかな川となり、最後は広い沼地と葦の平原の中で無数の小さな流れに分岐した。河口付近は何マイルにも渡る白い砂浜と灰色の小石の原で、砂の中を流れる川筋は絶えず変化していた*1。河口付近の沼や池の間にある固い地面には、漁師たちが村を作って住んでいた(ニンダモスはその一つ)。

コメント

コメントはありません。 Comments/シリル?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ヌーメノールの島の海岸は基本的に崖だったが、島の南側は例外的に土地が緩やかに下りながら浅い海へと続いていた

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-27 (木) 14:52:14 (1086d)