ゴンドリン

概要

カテゴリー地名
スペルGondolin
その他の呼び名オンドリンデ(Ondolindë)、隠れ王国(Hidden Kingdom, Hidden Realm)、隠れた都(Hidden City)

解説

シンダール語で「隠れ岩山(Hidden Rock)」の意。第一紀ベレリアンド北方に存在した、エルフ隠れ王国の名。
エホリアスの内側にあるトゥムラデンの平原に存在し、北のキリス・ソロナス、南のクリッサイグリムに住む大鷲たちが外敵の接近を見張っていた。エルダマールの都ティリオンを模して築かれ、中つ国の中で最も美しい都とされた。

中つ国に帰還したノルドールの公子の一人トゥアゴンは、ウルモの啓示に従って、エホリアスの中にあるトゥムラデンの谷間を発見する。その後トゥアゴンは構想を練り、ダゴール・アグラレブの後、トゥムラデンの中心にある石の丘アモン・グワレスに、モルゴスの目から逃れるための秘密都市を52年の歳月をかけて築き上げた。彼はこの都市を山頂にある噴水にちなみ、クウェンヤで「水の音なう岩山(Rock of the Music of Water)」または「石の歌(Stone Song)」の意であるオンドリンデと名づけ、後にオンドリンデと同じ意味のシンダール語であるゴンドリン*1の名で最もよく知られるようになった。

ゴンドリンはベレリアンドの全てのエルフ王国の中で最も長い間モルゴスの目を逃れたが、トゥアゴンの甥マイグリンの裏切りによってゴンドリンの所在地はモルゴスの知るところとなり、ついに第一紀510年、祝祭である夏の門の前夜、ゴンドリンはバルログオークなどの大軍に攻め入られ、壮烈な戦いの末陥落し滅亡した。
この戦いでトゥアゴンが死んだほか、泉のエクセリオンゴスモグと相打ちになった。
ゴンドリンドリムの生き残りはトゥオルによって導かれ、イドリルの用意した抜け道を使ってゴンドリンを脱出し、キリス・ソロナスの山道でエホリアスを下ったが、その道中で敵の待ち伏せを受け、グロールフィンデルバルログと戦い、ともに谷底へ落下して討ち死にした。その後トゥオル達はナン=タスレンを経由してシリオンの港へ逃れた。

グラムドリングオルクリストつらぬき丸はゴンドリンで作られたという。

The Fall of Gondolin』に、ゴンドリンの陥落についての詳細が描かれる予定。

ゴンドリンの構造

ブリシアハの浅瀬の北にある枯れ川の秘密の通路を通り、途中にある衛兵所である「暗き門(外門)」を過ぎると、エホリアスの険しい峡谷であるオルファルヒ・エホールに出る。ここに築かれた、木、石、青銅、鉄、銀、黄金、鋼の七つの門を通り抜けるとトゥムラデンの平原に出る。平原の中心部にあるアモン・グワレス山頂に都が築かれており、城門から都に通じる広い石段がある。広場には都の名の由来ともなった美しい噴水があり、王の居城の塔が高く聳えていた。王宮の庭にはヴァリノール二つの木の写しであるベルシルグリンガルが据えられていた。

The History of Middle-earth』における記述

「ゴンドリン」を含め七つの名称が存在すると記されている。登場順に、

  • Gondobar (City of Stone)
  • Gondothlimbar (City of the Dwellers in Stone)
  • Gondolin (Stone of Song)
  • Gwarestrin (the Tower of Guard)
  • Gar Thurion (the Secret Place)
  • Loth (flower)
  • Lothengriol

王家を含め12の高家が存在することが記されている。家名と当主の名は以下の通り。

家名当主ゴンドリン陥落時の動向
王家トゥアゴン戦死
House of the White Wingトゥオル脱出
House of the MoleMeglin(マイグリントゥオルに倒される
House of the SwallowDuilin戦死
House of the Heavenly ArchEgalmoth脱出後、シリオン襲撃時に戦死
House of the TreeGaldor脱出
House of the PillarPenlod戦死
House of the Tower of SnowPenlod
House of the Golden Flowerグロールフィンデル脱出中に戦死
House of the Fountainエクセリオン戦死
House of the HarpSalgant生死不明
House of the Hammer of WrathRog戦死

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

この名の地名が登場するがスペルが異なり(Gondrinn)、本項とは何の関係もない。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • いやー……ここらへんの話を見ているとエルフって結構非道いのねーっと思います……。 -- watata
  • トールキンはゴンドリン(の陥落のエピソード)にかなり思い入れがあったご様子。ホビットの冒険でもさりげなく触れられている。
    • 隠されし都ゴンドリン。「ホビットの冒険」の中で名前だけ出てきた時は、激しく想像力をかきたてられたものです。それにしても動員兵力が1万人(ニアナイス・アルノイディアド戦役時)ということは、総人口はどんなに軽く見積もっても2~3万人はいたでしょう。それを養う食料やら燃料やら(金属精製していたらしいし)生活必需品はどうやって入手していたんだろう?全部あの環状山脈の中でまかなったのかな?農作業するエルフってなんかイメージ湧かないなあ。 -- ボリーの用心棒
      • 人口数万人の都市が500年もの長い間モルゴスに発見されなかったのはすごいと思う。 -- エグゼクター
      • ソロンドール率いる、鷲達がモルゴスの間者をかたっぱしから始末したかららしいいです。 しかし、結局はゴンドリンは攻められてしまうわけですから。 鷲の防衛網は完璧ではなかったのかも -- ももたる 2010-05-13 (木) 17:50:45
    • 終わらざりし物語の記述からするに望みは薄いけど、トゥオルの物語と合わせた完成形がいつか出る事を祈る -- 2017-12-21 (木) 22:57:33
  • Lotroやってる人はみな不思議に思っていると思いますが、実はLotroのゴンドリンは、「Gondrinn」なので、このゴンドリン「Gondolin」とは関係がないのです -- Magi 2009-02-08 (日) 04:14:31
    • クウェンヤの「ゴンドリン」がなまってシルヴァン語とか西方語表記になってるとかなんじゃないかね。ノルドールの口から出たら問題だが。 -- 2009-02-08 (日) 17:43:21
      • 「ゴンドリン」の意味は「石の歌」(gondが岩でlinが歌)で、クウェンヤでは「オンドリンデ」らしいです。LotROでは版権の問題でシルマリル関係の単語が直接使えないそうです。難儀な話ですが…。 -- 2009-12-29 (火) 23:24:57
      • なんとなくパチものブランドっぽいノリが笑いを誘う。 -- 2010-06-07 (月) 09:46:47
    • rinnって、どういう意味なんだろう。意味なんかなかったりして。せっかくならGondolim とかにして「石の光」とか。もっとパチもんぽいか(爆) -- 2010-06-07 (月) 13:32:36
      • というか、非常にローマ字的な字面のような気が。。。 -- 2010-06-19 (土) 13:55:56
  • HoMe2巻に出てくる貴族の家門&当主名を追加しました。 -- 2011-01-21 (金) 18:16:46
    • 七つの名前も追加しました。 -- 2011-06-10 (金) 20:52:44
  • 400年て、エルフの歴史の中では大した年月じゃないと思うんですよ。人間の歴史以上に儚いですね・・・。 -- 2011-06-17 (金) 17:15:04
  • 最終的に滅んだけど、人口の割りにバルログを少なくとも2人やっつけてるからすごい。 -- 2011-12-03 (土) 10:39:01
    • ん?二匹? -- 2011-12-03 (土) 13:41:02
      • はっきりしてる泉のエクセリオンとグロールフィンデルがそれぞれ相打ちながら倒したゴスモグと名無しの合わせて二匹のつもりだったのだが・・・ -- 2011-12-03 (土) 13:56:51
  • 規模や外観は挿絵画家によってまちまち http://images4.wikia.nocookie.net/__cb20120516011925/lotr/images/9/9d/Gondolin_by_Bmosig.jpg -- 2012-10-17 (水) 19:01:21
  • ジョン・ハウのゴンドリン陥落のイラストに、龍よりも図体のデカい百足のお化けみたいな怪物がいたな。何だったのだろうか… -- 2013-11-10 (日) 00:12:58
    • 物語中で触れられているのはモルゴスが生み出した生き物のごく一部なんだろうな。龍にも空を飛ぶアンカラゴンや地を這うグラウルング等幾つかのタイプがあるみたいだからそれらの一つという設定かもしれないし。 -- 2013-11-10 (日) 17:04:21
  • ゴンドリンって名前本当に響きがいいな -- 2014-12-24 (水) 21:58:12
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 このシンダール語名は「隠れ岩山」の意にも解されて広まった。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-21 (木) 22:57:34 (157d)