ゴブリン

概要

カテゴリー種族
スペルgoblins
その他の呼び名オーク

解説

作中でオークとほぼ同義で使用されている言葉。goblinという単語は元々英語に存在するため、「オーク」というローハン語起源の西方語を、英語に翻訳するのに使われた言葉と考えるのが妥当と思われる。
ホビットの冒険』においてはこちらの表記が使われていたが、『指輪物語』での表記はほとんどオークとなっている。

『ホビットの冒険』の記述によると、灰色山脈の麓にはゴブリンとさらにホブゴブリン(hobgoblins)もいるとされ、序文*1によると、ホブゴブリンとは大型のゴブリンのこととされている。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

モリアに巣食うオークがしばしばモリアゴブリン(Moria Goblin)と表記されている。おそらくゴブリンという言葉が地下に住むオークに用いられる名称として再定義されているものと思われる。地上のオークよりも小柄で目が大きく、身軽で壁や天井に這りついて移動している。

映画『ホビット』における設定

霧ふり山脈ゴブリン町に登場。アゾグが率いるオークとは違う造形になっていて、差別化が図られている。特に大ゴブリンのデザインは、他のオークとは大きく異なる。
『決戦のゆくえ』では主力ではないものの、オーク・トロルと共に戦列に加わっている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

小型のオークという扱いになっている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 『ホビットの冒険』には、さらに「ホブゴブリン」という種が登場しているのですが、これってオークでいうスナガでしょうか? -- 2011-10-20 (木) 15:59:52
    • むしろ、ウルクハイなんですけどねえ。ホブって。 -- 2012-03-04 (日) 12:42:55
    • どちらかと言うとスナガは、鼻が利く→犬→コボルドっぽいイメージですね。ウルクより小柄という点も共通してるし。 -- 2012-03-05 (月) 02:20:36
    • 『ホビットの冒険』原書のトールキンの序文(岩波版にはありません)によると、「ゴブリンの大型のものはホブゴブリンと呼ぶ」とあります。そのため、ウルク=ハイを指すという解釈が一般的ですが、厳密には(ゴブリン王やアゾグのような)大型個体も指します。 -- 2014-04-04 (金) 21:24:17
  • ホブゴブリンって、元来は「性質の悪くないゴブリン」って感じなんだけどね。RPGだとゴブリン上位種って設定になってること多いけど -- 2014-03-06 (木) 23:11:53
    • のようにトールキンが大型種と定義しています。これは、アルダではエルフや人間も「古く強力な種族=丈高い」ので、ホブゴブリンは大型と定義したという説もあります。これを踏襲して大型ゴブリンとしたのがTRPGのAD&D第1版ですが、RPGの不文律や定義は大半がAD&Dで(海外の -- 2014-04-04 (金) 21:27:43
    • RPGやファンタジー小説に踏襲され、そのまま常識化したものです(オーク=豚顔などのトールキンに一切ない設定も含め)。 -- 2014-04-04 (金) 21:29:36
  • 『ホビットの冒険』と、わずかな『指輪物語』中での用例を参照すると、北国(ロヴァニオン)のオークを指す俗称に思えますね。それほど厳密な用語ではないのでしょうが。 -- 2014-03-17 (月) 19:15:00
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 岩波書店の『ホビットの冒険』にこの序文はない

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-11 (日) 03:06:14 (197d)