ゴクリ

概要

カテゴリー人名
スペルGollum
異訳ゴラム
その他の呼び名スメアゴル(Sméagol)、こそつき(Slinker)、くさいの(Stinker)、こそこそ小僧(Sneak)*1、がつがつ野郎(gobbler)*2
種族元来ホビットストゥア
性別
生没年第三紀2440年?~†3019年3月25日
不明
兄弟不明
配偶者なし
なし

解説

ゴクリ*3とはいつも喉を鳴らしていることに由来する通称で、本名はスメアゴル*4。スメアゴルの名は、時に彼本来の(善良な)性質を表す時に、ゴクリとは分けて使われることもある。サムワイズ・ギャムジーは「スメアゴル」のほうをこそつき、「ゴクリ」のほうをくさいのと呼んで区別した。
がりがりに瘦せて老いているが、生命力だけはぎらぎらしている哀れな生き物として描写されている。

「sss...」と摩擦音を強調した喋り方をし、これは邦訳ではハ行がサ行に置き換わった口調として翻訳されている(例、いとしいひと→いとしいしと)。また孤独な生活のため、いつも自分自身に語りかけるような喋り方をし、自分のことを半ば指輪と同一視して一人称には「わしら(we)」を使用する。ただしこれらの特徴は、前述の「スメアゴル」の人格が優位な時にはなりをひそめることがあった。
全身がぬらぬらしたものに覆われた黒っぽい小さな生き物で、手足には水かきがあり、カエルやイモリのように岩壁に垂直に張り付くことができる。飛び出てうるんだ目は普段は青色をしているが、怒りなどで感情が高ぶると緑の炎が灯ったように見える。
生の魚を特に好んで食べる。しかし食べられるものなら何でも喜んで食べるようで、虫や小動物はおろか、オークホビットまでも餌食にしようとする。太陽のことを「黄色い顔」、のことを「白い顔」と呼んで忌み嫌い、昼も夜も光を避けて行動するのが常であった。

一見弱々しい外見とは裏腹に、油断のならない危険な存在であり、獲物に忍び寄っては強い力で首を絞め上げ、息の根を止めることを得意とする。
性質は険悪で、生き延びるためなら罪を犯すことにも誓いを破ることにも良心の呵責を感じない。特に「いとしいしと」(一つの指輪)にまつわることには恐るべき執念と意志の力を発揮する。また、レンバスヒスラインのロープなど、エルフにまつわるものには強い拒否反応を示す。
その一方で、かつての善良だった頃の性質を完全に失ってしまったわけではない。

生い立ち

「わしには悲しい話に思える。」と、魔法使はいいました。「そういったことは、他の者にだって起こりえたじゃろうよ。わしの知り合いのホビットたちにだって、な。」*5

スメアゴルは、アンドゥイン上流のあやめ野の近くに住んでいたストゥア族に近縁のホビットであった。
第三紀2463年頃、親族で友人であるデアゴルと釣りにでかけ、そこでデアゴルが川底から一つの指輪を発見する。するとスメアゴルは直ちに指輪の魔力に捉えられ、その金の指輪を「誕生日の贈り物」として自分に渡すよう要求。断られると、デアゴルを絞め殺して指輪を奪い、死体を隠した。

ほどなくして、その指輪をはめると自分の姿が見えなくなることに気付くと、元来の詮索好きの気質を増長させて仲間の秘密を嗅ぎ回るようになる。そのため一族から忌み嫌われ、いつも喉を鳴らすようになった様子からゴクリと呼ばれるようになった。やがてとうとう、族長であった祖母に集落から追放された。
同族から追われたゴクリは、やがて太陽の光から逃れるためと「根源にあるでっかい秘密」を求めて2470年頃、霧ふり山脈の地下に潜入し、地底湖を見つけてそこに棲み着いた。

すでに精神の大部分を指輪の魔力に冒されていたゴクリは、それ以上新たなことを行う気力が残っておらず、地底湖に棲息する目のない魚を捕らえて食べては、実に600年近くもの歳月を暗闇の中で生き続けた。やがて洞窟の上方にゴブリン町が築かれ、オークなどが迷い込んでくるようになると、それすらも襲って食べるようになる。
彼は孤独と良心の呵責から絶えず自分自身と指輪に向かって話しかけるようになり、指輪を手に入れた一件についても「誕生日の贈り物」として祖母がくれたのだという嘘の話をでっち上げ、自分でもそれを信じ込むようになった。

ホビットの冒険』でのゴクリ

深い地のおくの、この暗い水のほとりに、年よりのゴクリというものが住んでいました。これがどこから来たのか、だれなのか、どんなやつなのか、なにもわかりません。それはただ、ゴクリでした。二つの丸くて青い大目玉をのぞけば全身くらやみのようにまっ黒でした。*6

2941年、ゴブリン町から逃げ出して地底湖へ迷い込んだビルボ・バギンズが、ゴクリと遭遇する。
ゴクリはビルボの持つエルフの短剣を恐れたのと、その前にゴブリンの子供を捕食してそれほど空腹ではなかったために、彼に話しかけ、成り行きからなぞなぞ遊びでゴクリが勝ったらビルボを食べ、ビルボが勝ったらゴクリが彼を洞窟の出口まで案内するということになった。
ビルボとなぞなぞ遊びをする内に、かつてホビットであった頃の記憶が蘇ってきたゴクリはイライラを募らせ、最終的に勝負に負けてしまったことでその怒りは頂点に達する。ゴクリはビルボを裏切って彼を食おうとするが、その時になって自分が指輪を失くしてしまったことに気付く。

半狂乱の末、ビルボがそれを手に入れた可能性に思い至ったゴクリはいよいよ怒り狂い、逃げたビルボを追跡して洞窟の出口へ向かったが、その後ろを、偶然指輪を指にはめて姿が透明になっていたビルボがつけていた(ゴクリはビルボの存在に気づかず、彼を追跡しながら指輪の秘密を口走ってしまい、そのためビルボは指輪の透明になる力を知ることになる)。
洞窟の出口にいたる道で待ち伏せするゴクリを、ビルボはエルフの短剣で殺そうという誘惑に駆られるが、姿が見えない自分の有利と、ゴクリの哀れな様子から思い止まり、危険を冒してゴクリの上を飛び越えて脱出することを選ぶ。

ビルボに指輪を奪われて逃げられたことを悟ったゴクリは、「どろぼう」の「バギンズ」をあらん限り呪詛して生き続けることとなった。

『ホビットの冒険』から『指輪物語』までのゴクリ

さんざ蹴とばされ、穴の中に追いやられ、あげくの果ては大事なものを強奪される、こんな目にあって黙って我慢してられるもんかどうか、見てておくれ。おれには今ではいい友達がたくさんいるぞ。みんな、いい友達で、とても強いんだ。きっとおれを助けてくれるだろう。バギンズに思い知らせてやるぞ。*7

一度は外界とオークへの恐怖からビルボ・バギンズの追跡をあきらめたゴクリだが、指輪から切り離されたことで幾分気力を回復したのと、それでも断ち切ることのできない執念から、2944年には棲家である洞窟を捨てて「どろぼう」の追跡をはじめる。
ビルボの跡をたどってエスガロス谷間の国まで来たゴクリは、立ち聞きをしてビルボが「ホビット庄」(Shire)なるところにいることを突き止めたが、まっすぐそこには向かわず、おそらく指輪から受けた影響のために2951年にモルドールへ引き寄せられた。
2980年頃にシェロブと知り合ったゴクリは、そこで仲間を得ようと考えていたようだが、3009年頃にはモルドールの手先に捕らえられてサウロンの許に引き据えられ、拷問を受ける。そこでゴクリが白状した内容から、サウロンは一つの指輪が再び見出されたこと、それが「なんとか庄」(Shire)の「バギンズ」なる者の手に渡ったことを知るに至った。
この時以来、ゴクリはサウロンを極度に恐れる一方で、自分のいとしいしとを奪おうとしている最大の対抗者と見なすようになった。

3017年、モルドールから釈放されたゴクリは、死者の沼地アラゴルン二世に捕らえられ、闇の森森の王国へ連行された。そこでガンダルフはゴクリを尋問し、指輪がアンドゥインから発見されたことや、ゴクリがモルドールでも尋問を受けたことなどを知る。
そのままゴクリは森の王国に留め置かれたが、森のエルフは彼を親切に扱ったらしく、監視の下で森を散歩したり木に登ったりすることが許されていた。

しかし3018年(大いなる年)6月20日、サウロンの命を受けたオークの部隊が森の王国を襲撃し、ゴクリはその混乱に乗じて逃亡する。
エルフとオーク両方に追われたゴクリは8月頃にモリアへ逃げ込んだ。だが道に迷い、かろうじて西門を発見するがそこから出ることができず、飢え死に寸前の状態でモリアに閉じ込められてしまった。

指輪物語』でのゴクリ

「スメアゴルは、かわいそうによう、かわいそうによう、ずっと前にどっかへ行ってしまったよ。スメアゴルはいとしいしと取られた。それで行方知れずになったのよ。」
「お前が一緒に来てくれたら、また見つけられるかもしれない。」と、フロドがいいました。*8

3019年(大いなる年)1月、ゴクリにとっては幸運なことに指輪の仲間モリアへとやってくる。ゴクリはそのままモリアからロスローリエン国境まで、さらにアンドゥインでは丸太を舟代わりにしてエミン・ムイルまで一行を追跡。指輪の仲間が離散した後も、指輪を持つフロドサムワイズをつけ続けた。しかし二人はゴクリの追跡を察知しており、エミン・ムイルにおいてゴクリは二人に捕らえられる。

フロドはゴクリを憐れんで助命したのみならず、本来のスメアゴルの名で呼び、彼が善良な性質を取り戻せるように接した。この呼びかけに応えて目を覚ました「スメアゴル」はフロドに懐き、可能な限りフロドの力になろうとした。一方で「ゴクリ」の性質も消え去ったわけではなく、指輪を奪い返す機会を虎視眈々と伺っていた。
モルドールへ入るための道案内を任されたゴクリは、死者の沼地から黒門へ、そこが不通であることがわかってからはイシリアンを南下してキリス・ウンゴルの秘密の抜け道まで、二人を導いた。その間も「スメアゴル」と「ゴクリ」は葛藤を続け、サムワイズはそんなゴクリに不信の念を抱き続けた。

キリス・ウンゴルへ至る階段において、スメアゴルは一時心底から年老いたホビットとしての性質を取り戻すかに見えた。だが結局は指輪の魔力から逃れることはできず、トレヒ・ウンゴルにおいてゴクリはフロドとサムワイズを裏切り、二人をシェロブの餌食にしようとした。
この試みはサムワイズの活躍により失敗し、モルドール国内で再びゴクリは隠れ潜みながら二人を追跡することになる。

滅びの山に三者が達した時、ゴクリはようやくフロド達の目的が指輪の破壊であることに気付き、最後の襲撃を試みる。サンマス・ナウアにおいてサムワイズを打ち倒し、フロドに襲いかかったゴクリは、彼の右手の薬指*9ごと噛みちぎってついに一つの指輪を取り戻した。
だが狂喜したのもつかの間、バランスを失ったゴクリは足を踏み外し、いとしいしとと諸共に滅びの罅裂へと身を落としていった。

深い奥から、「いとしいしとおお」と、泣き叫ぶかれの最後の声が聞こえ、そしてかれはいなくなりました。*10

こうして、かつてガンダルフが憐れみの意味を説き、わしの心の奥底で声がするのじゃ。善にしろ悪にしろ、かれには死ぬまでにまだ果たすべき役割があると。そしてその時が至れば、(ゴクリを殺さなかった)ビルボの情は多くの者の運命を決することになるかもしれぬと。*11と予言したとおり、ゴクリの働きによって最終的に指輪所持者の任務は達成された。

画像

アラン・リー作画によるフロド、サム、ゴクリ

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優アンディ・サーキス(モーションキャプチャ及び声)
日本語吹き替え長島雄一

字幕、吹き替え共にゴラムと表記・発音されている。
モーションキャプチャを駆使したフルCGによって表現されており、その優れた「演技」は高く評価された。背などにモルドールでつけられた拷問の傷跡がある。

アラゴルンガンダルフのゴクリ追跡、それと二人のゴクリの尋問と森の王国からの逃亡の話は省かれている。
旅の仲間』のモリアのシーンでゴラムが少し登場するが、その後『二つの塔』以降で、アンディ・サーキスの表情を反映させるためにゴラムのCGが改良されたため、外見は多少異なっている。
王の帰還』でシェロブの元に行く前に、ゴラムは荷物のレンバスを捨て、フロドサムの仲を割くための演技をして、サムを追い払った。また、サンマス・ナウアではフロドから一つの指輪を奪ったのちに、驚喜乱舞ではなく、フロドと指輪の奪い合いになり、はずみで滅びの罅裂に指輪とともに落下した。

『王の帰還』冒頭では、スメアゴルがデアゴルを殺して指輪を奪い、それがために仲間から追われてゴラムに変貌していく様が描かれた。
ホビット庄に帰還して酒場で酒を酌み交わす四人のホビット達の後ろで、アンディ・サーキス演じるホビットが、カボチャを抱いて笑顔で踊っている姿が見られる。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるゴクリ『ロード・オブ・ザ・リング』におけるゴクリ『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』におけるゴクリ『ロード・オブ・ザ・リング』における過去のスメアゴル

グッズ

映画『ホビット』における設定

俳優アンディ・サーキス(モーションキャプチャ及び声)
日本語吹き替えチョー*12

原作と同様、ゴブリン町の地下深くの洞窟にいるところにビルボ・バギンズと遭遇。その直前にゴラムが落とした一つの指輪をビルボが拾っている。またゴラムとビルボはなぞなぞ遊びで勝負している。
外見はほぼ『ロード・オブ・ザ・リング』の時と同じだが、モルドールに行く前であるため、そこで拷問によってつけられた事になっている傷はない。

画像

『ホビット』におけるゴラム(ゴクリ)

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

ブルイネンの浅瀬の近くで、川の魚を漁り、オークに追われているゴクリの姿を見ることができる(ただし「ゴクリ」という名前は冒険者にはわからない)。
エルフとオークに追われて、モリアに逃げ込む直前の様子と思われる*13

さらにその後闇の森でゴクリを追跡し、同じくゴクリを追うオークと争うことになるクエストがある。
時間軸としては、指輪の仲間ロスローリエンに滞在している前後の話と推定される。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるゴクリ 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における死者の沼地でのゴクリ

備考

ブラジルで発見された新種のザトウムシに、スメアゴルの名に由来するIandumoema smeagolの学名が付けられた。ひっそりと洞窟に住んでいたことに由来する*14

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • グッズのうち1つの画像が何故かゴクリでなくヨーダになっとる・・・ -- 2016-10-31 (月) 08:34:47
    • ヨーダになっとるヨーダ -- 2016-10-31 (月) 11:38:06
    • ワロタ -- 2018-05-04 (金) 09:46:22
  • ビートルズ版指輪物語のゴクリ役がまさかのジョン・レノン -- 2016-11-01 (火) 20:19:31
  • 映画では溶岩にずぶずぶ沈んでいったけれど,実際は比重や粘度的に沈むようなことはない気がする.上に乗ったまま燃えるのが正しいのではないだろうか.それとも滅びの山の溶岩は温度が高すぎて,触れたそばから体が気体になってしまったから沈んだように見えたのか. -- 2016-11-03 (木) 12:57:52
    • 燃やすのが映像的に残虐だったからか、あるいはピージャクがT2好きだったとか -- 2016-11-03 (木) 14:16:49
      • 単純にワーナーからやりすぎるなとお達しがあったかと スマウグでも生体が焼け爛れる映像はなかったからね -- 2017-03-19 (日) 23:43:46
    • 上に乗ったまま燃えるのは流石にない 滅びの山の溶岩はえげつないほど高温だろうし高さてきに考えてもおかしくないと思う でも沈み方は少し不自然だったかな笑あと少し沈む速度も早かったな まあでも本当にリアルにしたらかなりグロくなるだろうし原作どおりにグロテスクに燃え溶けながら泣き叫ぶのは流石にヤバイと思う… -- 2017-06-14 (水) 22:09:59
    • 指輪には様々な魔力があるんだから、1.指輪パワーが熱抵抗力を与える 2.でも滅びの山の溶岩は指輪を滅ぼすので浮かせるほどのことは起こらない 3.結果ゴクリは熱に抵抗できるまま溶岩に沈む 4.溶岩が指輪に到達した時点で魔力が切れて火葬 とかになるとか?まあ指輪はめてないからなさそうだが -- 2018-01-22 (月) 02:40:41
      • 指輪それ自体ですら熱に耐えられなかったのに、所持者まで守れるはずがありません。それに指輪を所持していた者達に物理的な守りの魔力が働いていたような描写も特に無かったのでは。 -- 2018-01-22 (月) 21:06:49
  • 刺身や寿司は汁気が無くて満足しなさそう。 -- 2017-01-23 (月) 10:39:46
    • 醤油や酢は雑味 -- 2017-01-23 (月) 10:48:42
      • 新鮮なお魚、酢になんて浸けたら台無しよ! -- 2017-01-23 (月) 17:56:31
    • ゴクリはあくまで川魚限定か、それとも海の魚もいけるか。 -- 2017-01-23 (月) 12:37:25
      • いけないけとも無いけど、泥臭い川魚に慣れきった身とすれば淡白で味気なく感じそう。 -- 2017-01-23 (月) 18:03:49
      • 生の淡水魚は寄生虫たっぷりよ🐛 -- 2017-04-25 (火) 21:45:48
      • ゴクリは指輪を手に入れたらどうしたいのかを語っている部分があります。(二つの塔 沼渡り)「ゴクリさまよ!毎日毎日さかな食べる、日に三度ね、海から取れたての。」海の魚の味は知ってるようですよ。もちろんあこがれてるだけかもしれませんが。それにしてもささやかだ。。。 -- 2017-10-14 (土) 20:58:36
      • 他の所持者の野望が凶悪すぎるだけ -- 2017-10-14 (土) 21:39:49
      • ゴクリは海に行ったことがないと自分で語っていますから、海の魚の味は知らないはずです。憧れてるんでしょうね。 -- 2017-10-14 (土) 22:58:42
  • 旅の途中でフロドが徐々に指輪に惹かれていくのに対し、スメアゴルはゴクリより優位に立っていく対比よ -- 2017-04-24 (月) 21:48:32
    • 依存症の切り口で考えると、しばらく指輪所持者でなかったことと、フロドを慕った心、残っていたスメアゴルが救いへの道だったと思う。 -- 2017-08-11 (金) 10:40:06
  • もうこれゴクリ物語でいいじゃない。ロード・オブ・ザ・ゴクリ -- 2017-05-19 (金) 10:20:06
    • それじゃ「ゴクリのむれをとりしきる頭」になっちゃうよ -- 2017-05-23 (火) 11:11:43
    • 「その昔のゴクリのむれをとりしまっていたゴクリの頭」(『ホビットの冒険』上巻 2002年新版第9刷 164ページ)ですかね。 -- 2017-05-23 (火) 12:46:38
      • 2009年版でもこのままなんですよ。ここだけでも直してもらえないものか -- 2017-10-20 (金) 01:24:57
    • 「ゴクリへの道」、副題は…? -- 2017-09-14 (木) 02:13:05
  • 原作では泣き叫びながら死んだのか…少し可哀想… -- 2017-05-23 (火) 20:36:15
    • Out of the depths his last wail "Precious", and he was gone. 苦痛と驚きで一瞬の叫び声をあげ、消滅したものと思われます、そんなに長く苦しまなかった、と思いたい -- 2017-10-20 (金) 01:19:55
  • 指輪をビルボに取られた後に 老い が追いついて来なかったのは何で? -- 2017-05-28 (日) 05:59:07
    • 追いついてますよ。「かれはあいかわらず指輪への渇望にとらわれておるのに、指輪はかれを貪ることを止めておった。で、かれは少し元気を回復してきた。かれは年を取ったように感じた。がっくりと老いこんだように感じた」と指輪を失った後のゴクリについてガンダルフが述べています。 -- 2017-05-28 (日) 17:13:59
  • ロード·オブ·ザ·リングにおける設定で[驚喜乱舞ではなく、フロドと指輪の奪い合いになり、はずみで滅びの罅裂に指輪とともに落下した。]とありますが驚喜乱舞はしてましたよ 飛び跳ねながら、いとしいしと!いとしいしと!と驚喜してましたから -- 2017-06-14 (水) 21:58:07
  • ホビットと指輪物語の映画6作品すべて合わせても、ゴクリがリングをはめるシーンは、『王の帰還』の冒頭・最初に手にした時の1回だけ3秒弱。死ぬ瞬間すらはめてない。 -- 2017-07-10 (月) 21:52:55
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シャグラト嗅ぎ手が用いた表現。
*2 嗅ぎ手が用いた表現。
*3 原語の‘Gollum’は彼が喉を鳴らす音をあらわした擬音語で、トールキンの造語。邦訳の「ゴクリ」は、それを日本語的に表現(意訳)したもの。
*4 あやめ野近辺の人間の言葉で「穴を掘る、這うように穴に入る(burrowing, worming in)」の意味の名前Trahaldを、トールキン古英語で「翻訳」したもの
*5 指輪物語 旅の仲間』「過去の影」
*6 ホビットの冒険』「くらやみでなぞなぞ問答」
*7 『旅の仲間』「過去の影」 ガンダルフの語るゴクリの一念。
*8 二つの塔』「スメアゴルならし」
*9 日本語版『指輪物語』では中指となっているが、third fingerの誤訳。
*10 王の帰還』「滅びの山」
*11 旅の仲間』「過去の影」
*12 長島雄一の新芸名
*13 ただし原作では、闇の森から逃れておぼろ谷口からモリアに入ったのであり、ブルイネンの浅瀬付近に出没するのは位置関係がおかしい
*14 新種のザトウムシにあのキャラクターの名前 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-04 (金) 09:46:22 (24d)