ゲリオン

概要

カテゴリー地名
スペルGelion

解説

東ベレリアンドを流れる大河。全長はシリオンのおよそ二倍にもおよび、途中には滝も早瀬も無いかわりに終始流れが急であった。
レリア山から流れる大ゲリオンと、ヒムリング山から流れる小ゲリオンが一つとなってサルゲリオンの西を南下し、合流点より四十リーグ(約193km)下るとエレド・ルインから西へ流れ出るオッシリアンドの川々(アスカールサロスレゴリンブリルソールドゥイルウェンアドゥラント)が合流する。アスカール川の北を平行して通っているドワーフ道が、サルン・アスラドでゲリオン川を渡っている。ゲリオンはタウア=イム=ドゥイナスの東をさらに南下して最後は大海に流れ込むが、あまりに長大なため河口まではベレリアンドの地図に記載されていない。

コメント

コメントはありません。 Comments/ゲリオン?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-18 (火) 16:45:43 (306d)