ケレブリンボール

概要

カテゴリー人名
スペルCelebrimbor*1
異訳ケレブリムボール
その他の呼び名エレギオンの領主 (Lord of Eregion)
種族エルフノルドール
性別
生没年不明~†第二紀1697年
クルフィン(父)

解説

名はシンダール語で「銀の手(Hand of Silver)」の意。エレギオンの領主で、グワイス=イ=ミーアダインの中で最も優れた工人。一つの指輪を除く力の指輪の制作者。中でも三つの指輪は、ケレブリンボールただ一人の手により作られた。

彼はフェアノールの五男クルフィンの息子であり、フェアノール王家に連なる最後の者であった。しかし誓言に縛られてシルマリルを執拗に求める父親を見限り、クルフィンがナルゴスロンドを追放された後もその地に留まった。こうして彼は第一紀宝玉戦争を生き延びる。

第二紀となっても彼は中つ国に留まり、ノルドールの残党が築いたエレギオンの領主となる。彼は工人集団グワイス=イ=ミーアダインの一員として、上古の記憶を保ち、荒廃した中つ国を癒やすという大望を抱いて多くの仕事をなした。またカザド=ドゥーム(モリア)ドワーフと友好関係を築き、両種族を富ましめた。モリア西門の扉は彼がドワーフのナルヴィと共に作ったものであり、イシルディンで描かれたその意匠はケレブリンボールの手によるものである。

だがケレブリンボール達は技術と知識を求めるあまり、正体を隠して接近してきたサウロンの言葉に耳を傾けてしまう。
彼らはサウロンの助力を得て力の指輪を制作し、ケレブリンボールはサウロンが去った後、全ての指輪の中で最も美しい三つの指輪を独力で作り上げた。やがてサウロンがオロドルイン一つの指輪を作り上げると、ケレブリンボールは指輪を嵌めたサウロンが力の指輪についての詩を口にするのを遠くから耳にし、その正体と目論見に気づく。そこで彼は三つの指輪を分散して隠し(三つの指輪の守護者)、サウロンに抵抗した。

第二紀1697年にエレギオンが攻め落とされた時、ケレブリンボールはミーアダインの館の大扉の前でサウロンに立ち向かったが、取り押さえられて捕虜となる。彼は拷問にかけられたが、三つの指輪の所在だけは決して明かそうとせず、殺された。
サウロンはオークの矢に貫かれたケレブリンボールの死体を吊り下げて旗印代わりとし、エリアドールを蹂躙したという。

異説

終わらざりし物語』によるとケレブリンボールは、ガラドリエルアラゴルン二世に贈った緑の石の製作者でもあるという説がある。
そこではケレブリンボールはクルフィンの息子ではなくゴンドリンの宝石細工師とされており、イドリルが息子のエアレンディルに与えたオリジナルの緑の石の製作者エネアジルの友人であり、ガラドリエルに思いを寄せていたとされる。
これはフェアノールの末裔とされている『指輪物語』および『シルマリルの物語』の記述とは矛盾する。

ゲーム『Middle Earth』シリーズにおける設定

中つ国に魂を縛られ、モルドールをさ迷う幽鬼として登場する。

ゲーム内では、主人公タリオンに憑依することで高い飛躍力や、瞬間移動、分身、人体破壊など、常人を遥かに超えた驚異的な身体能力を発揮させている。アズカルの弓矢や短剣等、幽鬼の力に由来する武器も所持している。また、幽界に入ることで敵の行動や隠された仕掛けなどを探る隠密行動が可能になる。それらの他にも、オークを洗脳し操るという本作最大の特徴とも言える能力の多くも、ケレブリンボールの幽鬼としての特性となっている。

シャドウ・オブ・モルドール

黒門ウルク=ハイの襲撃を受け、死にかけていたタリオンの前に憑依して彼を蘇らせ、共に冥王の手先と戦う(タリオンはケレブリンボールの霊が憑依しているためゲーム内でも死ねず、何度でも蘇るという設定)。サウロンへの復讐心以外の記憶を失っており、妻子を殺されたタリオンへの復讐に手を貸すことで自らの復讐も果たそうとする。
モルドールの各所にはケレブリンボールに縁のある遺物が眠っており、それらを拾い集める事で、失われた記憶と共にケレブリンボールがいかなる最期を遂げたのかが明らかにされていく。

甦った記憶によれば、エレギオンで敗れた後、捕虜となって妻子と共にモルドールへ連れて行かれ、一つの指輪に文字を刻む仕上げの作業を強要された。サウロンの隙を突いて指輪を奪い逃走した後、指輪の力を使い明王(みょうおう)(Bright Lord)と呼ばれる存在になってサウロンに対抗した。真の指輪の王を名乗り、洗脳によってオークの軍団を掌握してモルドールの地をも浄化しようとするが、一騎討ちでサウロンを追い詰めた直後に指輪がサウロンの手に戻り敗北。妻子が処刑されるのを見せられた上で自らも殺された。

以上の経緯は、死体がエリアドールを席巻した軍の旗印代わりにされたという原作の記述と異なっているが、拷問を受けて殺された具体的な場所までは書かれていないため、ある程度は辻褄が合うような設定となっている。

シャドウ・オブ・ウォー

サウロンに対抗してサンマス・ナウアで新たな力の指輪を作り上げる。だが、その直後に人間の女の姿で現れたシェロブによって指輪を奪われてしまう。蜘蛛と取引した二人は、不本意ながらもミナス・イシルを守ることでサウロンを妨害する。タリオンはこの頃から、シェロブの示した未来を変えようと、頻繁に彼女と接触するようになる。それが不確かな幻視でしかないと知るケレブリンボールはシェロブの言いなりになるタリオンに対して徐々に不満を募らせていく。また、ケレブリンボール自身の性格も徐々に変貌し、他者を利用し切り捨てようとする非情さや、自らの目的を阻む存在を蔑み、強引に押し通そうとする不遜な言動が目立つようになる。

二人はその後も、モルドール各地の要所を攻め落とし明王の軍団を作り上げていくが、サウロンを倒すことに執着するケレブリンボールと、ゴンドールや同胞の人間たちを救いたいと願うタリオンの関係には次第に綻びが生じ、両者の対立はバラド=ドゥーアでの戦いで決定的となる。ケレブリンボールはナズグル化したイシルドゥアを配下にしようとしたが、タリオンはその意思に背いてイシルドゥアの魂を解放してしまう。これに怒り失望したケレブリンボールは共に行動していたエルタリエルに指輪を渡し、瀕死のタリオンを捨てて去った。この時点でのケレブリンボールの目的は、自らが明王として冥王にとって代わり、中つ国から悪を一掃するという遠大な野望へと発展していた。

新たな寄り代に乗り換えたケレブリンボールはバラド・ドゥーアの門前でサウロンと対峙し、因縁に終止符を打とうと戦った。一時はサウロンを追い詰め、跪かせるまでに至ったが、洗脳の意志をはね除けたサウロンはかつて自分がそうされたようにエルタリエルの指を切り落とし、指輪を弾き飛ばした。エルタリエルから引き剥がされたケレブリンボールの魂は、そのままサウロンに取り込まれてしまった。そしてサウロンとケレブリンボールはバラド・ドゥーアの頂上の炎の眼と化し、その姿で終わることのない戦いを続けることとなった。

エンディングでは、フロドによって指輪が葬られた時、消滅する間際のサウロンの目から青い光が分離して飛び去っており、ケレブリンボールが脱出したらしい事が示唆されている。ただし、いずれにせよ一つの指輪が失われたことにより、幽鬼のケレブリンボールもじきに消滅すると推測される。

画像

幽鬼化したケレブリンボール生前のケレブリンボール回想でのケレブリンボール

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ロード公開時に購入した指輪物語文庫版を久しぶりに読み返したら、彼の名前が初めて出てきたときはケレブリンボール。次にガンダルフの台詞に名前が出たときは、ケレブリムボールだった。なんか、得した感じ。 -- 2014-12-17 (水) 12:57:30
    • モリアの門の前では「ケレブリムボル」でした(旧版です)。古い銘文の中なので擬古的な読み方をしているのだと思っていました -- 2017-10-06 (金) 23:54:08
  • 悲惨な最期を遂げた方ですが、ビルボやフロドの時代になってもドゥリン一族は代々「ケレブリンボール本人から贈られた魔法の指輪」を別格視して尊重しています。フェアノール一族でここまで人望や友情に恵まれた人も珍しいです。 -- 2014-12-17 (水) 19:21:21
    • モリアの扉の合言葉である「友」ってケレブリンボールの事だったのかな。職人同士、ドワーフとは通じるものがあったのかもしれない。 -- 2015-02-28 (土) 16:56:50
    • ドゥリン一族がその点を格別視しているのは必ずしもケレブリンボール個人の人望や友好関係が理由ではなく、「これは正当な指輪だ」ということを言うためのある種の権威付けではないでしょうか。 -- 2015-02-28 (土) 21:30:56
  • SoMだけでの設定だけどもBright Lord=明王の二つ名って面白い。冥王の読み「めいおう」への引っ掛けと、冥いに対する言葉として明るいを当てたんだろうな。でも一つ間違えると「みょうおう」になるけどw -- 2015-02-27 (金) 23:15:20
    • 第一紀のエルフなら「みょうおう」でも間違いじゃない気がw -- 2016-05-20 (金) 13:30:58
  • 何故上級王のギル=ガラドの宗主下にならずに自分の領地を持とうとしたんでしょうか。それもかなり離れた場所に。 -- 2017-01-24 (火) 02:53:12
    • 側にモリアがあったからですよ。エレギオンの頁を参照のこと。 -- 2017-01-24 (火) 14:07:23
  • 指輪戦争の裏で人間のレンジャーのスタンドになってたとは・・・・ -- 2017-06-27 (火) 23:11:49
    • エレン・ニンマル(elen-nimmal)=スター・プラチナ -- 2017-10-16 (月) 23:41:31
  • どんな拷問を受けたのか… -- 2017-08-19 (土) 23:58:18
  • シャドウオブモルドールでは可哀想すぎた… -- 2017-09-09 (土) 22:25:11
    • それが一転してシャドウ・オブ・ウォーだと根性悪くなってる。親父や爺さんの血が発現したのかってくらい。 -- 2017-10-17 (火) 21:50:58
      • そしてその二人よりも悲惨な運命に・・| -- 2017-10-17 (火) 22:31:51
    • 最初は同情しまくってたのに、続編じゃ指輪の影響か、どんどん高圧的になってきてしかもその最期?は…… -- 2017-10-27 (金) 11:58:53
      • やっぱエルフは森の中や海辺でひっそりと歌って暮らすのが一番なんだな -- 2017-11-03 (金) 21:05:17
    • 最期・・・光と闇が合わさり最強に見える -- 2017-11-09 (木) 02:18:42
    • 一つになったって字面だけ見れば腐女子が喜びそうな展開なんだけどね -- 2017-11-27 (月) 01:46:04
  • 最初ケレブリンボールが主人公の一人と聞いてなんで指輪の製作者が?というか死んだじゃんと思ったがちゃんと設定を崩さないようにしてるという...でも悲惨すぎません...? -- 2017-10-11 (水) 13:45:18
    • 指輪製作に協力した罪による呪いでモルドールに縛り付けられたケレブリンボールが幽鬼の力による恐怖でウルクの精神を直接支配するという設定や相手の目を覗き込む演出が好き。サウロンの模倣に堕していったサルマンの末路を想起させるブランドされたウルクの手形マークも -- 2017-10-15 (日) 23:55:38
  • モルドールに比べると大分サウロンみたいな暴君的な性質が強まってたけど、これは新たな指環によるものなのか記憶が戻って元々の人格が表に出ただけなのかどっちなんだろう? -- 2017-10-30 (月) 13:38:36
    • 父親がクルフィン、爺さんがフェアノールだからな・・・。しかも親父は爺さんに一番似ていると来た。 -- 2017-10-30 (月) 14:26:46
    • 全部じゃないかな。ただでさえモルドールという暗黒が強まる土地で復讐という負の念を抱き続け、更にはサウロンと同じく指輪まで作ってしまった。夢物語でしかなかった野望が現実味を帯びてしまったから欲望が出てきたのだと考えている。 -- 2017-11-03 (金) 10:10:00
      • 土地そのものが、負の側面を増幅させる作用があるみたいですしね。 -- 2018-02-23 (金) 09:26:16
    • 一人だけで作った3つの指輪は悪の性質を持っていないことから考えて、昔はそんな性格ではなかったのではないか。ただ、「誇り高く過酷な性格であった」と言われているから、目的のためには手段を選ばないところはあるかもしれない -- 2017-11-03 (金) 21:52:52
    • 第二紀に奪った一つの指輪の力でサウロンを追い詰めた時の成功体験と指輪自体の影響が大きいでしょ。 -- 2017-11-08 (水) 18:02:39
  • 幽鬼なのに何で顔の皮剥げてるんだろうね。 -- 2017-11-09 (木) 03:29:13
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シンダール語で「銀のような」の意味のcelebrinと、「拳」の意味のpaurを合わせた名。paurは拳(fist)だけでなく手(hand)の意味でも使われる

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-23 (金) 09:26:16 (94d)