ケレド=ザラム

概要

カテゴリー地名
スペルKheled-zâram
異訳ケレド=ザーラム
その他の呼び名(かがみ)(うみ)(Mirrormere)

解説

クズドゥルでの呼び名*1で、共通語では(かがみ)(うみ)と呼ばれる。
霧ふり山脈の東側、モリアの東門があるナンドゥヒリオンの谷にある、暗い水をたたえた湖。長めの卵形で、谷の北側にある峡谷へ向けて深く突き刺さった槍の穂のような形をしている。峡谷の奥には段々の滝があり、『unfinished index』によるとこの滝の水はケレド=ザラムに注いでいる。
ギムリガラドリエルは、「ケレド=ザラムの水は暗く、キビル=ナーラの泉は冷たい」と語っている。

湖の南の端は明るい空の下で影も届きませんが、その水は暗い色をたたえていました。ランプのともる部屋から仰ぎ見るよく晴れた夕暮れの空のような深い藍色をしていました。水の面は小波一つ立たず静まりかえっています。その周りはなだらかな草地が、木一本生えていない湖の縁まで、ゆるい勾配を描いて、途切れなく続いていました。*2

ドワーフの聖地

上古不死のドゥリンはこの湖を覗き込み、湖面に自分が王位につく幻影を見た。それが切っ掛けになってカザド=ドゥーム(モリア)が作られたという。以来ケレド=ザラムはドワーフの聖地として崇拝され、ドゥリンが初めて湖を覗いた場所にはこれを記念するドゥリンの石(Durin's Stone)という石柱が作られた。だが第三紀末には石柱の先は折れ、表面は風雨にさらされてひび割れ、刻まれていたルーン文字も薄れて読めなくなっていた。

指輪の仲間がモリアを出た直後、ギムリと彼に誘われたフロド・バギンズ、そしてフロドに付いてきたサムワイズ・ギャムジーの三人は、ドゥリンの石が立つ場所からケレド=ザラムの湖面を覗き込んだ。そのときは昼間だったにもかかわらず、湖面に映った風景には周囲の山々に囲まれた星空が見え、水辺に屈む彼ら自身の姿は見えなかった。

「ああ、美しくも妙なるケレド=ザラムよ!」と、ギムリがいいました。「ふたたびドゥリンの目覚める日までその冠の横たわるところ。いざさらば!」*3

画像

アラン・リー作画によるナンドゥヒリオンとケレド=ザラム

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

湖畔にはドゥリンの石があり、湖には常に星空が映っているのが再現されている。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、ナンドゥヒリオンとケレド=ザラム

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 映画で旅の仲間一行がモリアに入る直前、謎の巨大軟体生物が襲ってきた湖がケレド=ザラムなのでしょうか? -- 2014-11-26 (水) 00:00:52
    • あちらはモリア西門シランノン川が堰き止められてできた湖であり、東門の先にあるケレド=ザラムとは別物です。ケレド=ザラムは映画では登場しませんでしたね。 -- 2014-11-26 (水) 00:35:39
      • あのモリア壁は西側だったのですね。 -- 2014-11-26 (水) 04:07:41
  • モリアがオークに占拠されたり、戦争があったにも関わらず、荒らされる事がなかった聖地。 それだけでも奇跡ですね。 -- 2018-02-19 (月) 22:02:41
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 The Treason of Isengard』によると、glass-poolの意。ヘレヴォルンの項も参照。
*2 指輪物語 旅の仲間』「ロスロリアン」
*3 同上。ケレド=ザラムを立ち去る時のギムリの言葉。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-16 (木) 23:36:03 (63d)