グンダバド

概要

カテゴリー地名
スペルGundabad
異訳グンダバード、グンダバッド
その他の呼び名グンダバド山(Mount Gundabad)

解説

灰色山脈霧ふり山脈がぶつかるところにある山の名。

スロールアゾグに殺されたことをきっかけとする、第三紀2793年から始まったドワーフとオークの戦争では、ドワーフ達はこの地のオークの拠点を真っ先に攻撃して奪取した。
2941年の五軍の合戦の際、ゴブリンワーグの連合軍がエレボールに進軍する前にいったん集結したのもこの地だった。

The Peoples of Middle-earth』によると、ドワーフの七人の父祖の長老不死のドゥリン長鬚族の祖)が目覚めたのがこの場所であったため*1全ドワーフに崇拝されており、しばしばグンダバドでドワーフ各氏族の大集会が開かれていた。グンダバドという名も元々はクズドゥルに由来するものであるという。
だが第二紀からサウロンの手先のオークによって占拠されたため、ドワーフの大きな怒りを買うことになった。

映画『ホビット』における設定

アゾグボルグはグンダバドの出身となっており、『決戦のゆくえ』では、エスガロスで戦ったボルグらがグンダバド出身ということに気がついたレゴラスが、タウリエルと共にグンダバドの要塞を偵察するところが描かれている。
グンダバドから出撃してエレボールへと向かった軍勢の中には、ゴブリン町出身のゴブリンと思われるものもいた。

グンダバドの軍勢は五軍の合戦に参加。この軍勢がエレボールの目前までたどり着いたときは、ドル・グルドゥアの軍勢を率いていたアゾグ、ボルグは死んでいたが、トーリンフィーリキーリも倒れ、湖の町の人間森の王国エルフくろがね連山ドワーフの軍勢はかなりの戦力を失っていて危険な状態だった。しかしグンダバドの軍勢は、大鷲ビヨルンによって蹴散らされた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 原書房さんのホビット文庫版の解説によると、「グンダバドはドワーフの祖ドゥリンが初めて目ざめたところで、ドワーフの聖地であり、オークによって占領されていることが、ドワーフとオークの反目の主な原因と『ミドルアースの歴史』に記されている」とのこと。 -- 2013-01-13 (日) 12:55:01
    • 自分たちの始祖の地を占拠されて居ればそれは怒り狂いますね。 -- 2013-01-13 (日) 19:54:25
    • そりゃグンダバドじゃなくてモリアの話……いい加減な解説にも程がある。映画化で興味を持った人が信じてしまったらどうするんでしょう? 映画便乗で文庫化して目につきやすくなっているのが性質が悪い。 -- 2013-01-13 (日) 23:52:51
    • 自己レスです。私も初めて聞いたのですが、複数の英文サイトにもそのような記述があるので、まんざらいい加減でもないのではと思います。ミドルアースの歴史をお持ちの方がいらっしゃれば、確認できるんですが・・・。-−−子馬のサム -- 2013-01-14 (月) 15:22:51
      • 『The People of Middle-earth』に、確かにグンダバドについての記述がありますね。私の英語力がつたないので正確に訳し切れているか微妙ですが、ドワーフの7人の父祖のうちのひとりがグンダバドで目覚めたためにグンダバドはドワーフに崇拝され、しばしばグンダバドでドワーフの各氏族の集会が開かれたらしいです。グンダバドという名前もクズドゥルに由来するそうです -- 2013-01-14 (月) 17:11:57
      • おお、ありがとうございます。これですっきりしました。--子馬のサム -- 2013-01-15 (火) 02:02:20
      • 上の者です。偏見にとらわれた上に無礼千万な物言い、大変反省しております…… -- 2013-01-16 (水) 17:13:52
    • 確かに、自分たちの神聖と考えている聖地を、醜く、不潔で、悪臭を放ち、敬意をはらわず、傍若無人に振る舞うヨソ者に奪われたら、誰だってキレるだろう。 おまけに奴等は、意味もなく、先住者を嘲笑い、攻撃するから、タチが悪いし。 -- 2014-08-14 (木) 13:12:10
  • これが最後だからって出来る限り中つ国を隅々まで映像化しようとしたんじゃないかPJw -- 2014-12-15 (月) 23:55:01
  • 『決戦のゆくえ』でまさか観光案内されるとは思わなかった。しかもほぼミナス・モルグル -- 2014-12-20 (土) 01:00:46
    • 中つ国パンフレットだよねえw 既視感があると思ったらそれかモルグル。 -- 2014-12-21 (日) 20:08:11
    • あれだけじゃあね…門の中もどういう街並み?か、見せて欲しかった。 -- 2015-03-17 (火) 10:01:38
  • 神聖な土地とは言っても物欲の強いドワーフの事だから、何も取れなければ、祭祀を行う以外は基本、放置していたのだろう。 それをオークに付け込まれて奪われたとか? -- 2014-12-22 (月) 10:12:41
    • ケレド=ザラムの一件からもわかるように、ドワーフは神聖なものを大事にする性分ですよ。アウレの民であるかれらの物欲は虚栄や贅沢心からのものではなく、あくまで美しく優れたものに対する愛情に根ざしたものです。グンダバドが奪われたのは第二紀、サウロンが中つ国を席巻していた時代のことですから、単純にモリアを死守するので手一杯だったのではないかと。 -- 2014-12-22 (月) 12:50:12
      • ドワーフはアウレの工芸品への称賛は惜しまないけどヤヴァンナの創造物への愛は抱かないから、土地には執着してもその土地に生きるものには執着しないかも -- 2014-12-22 (月) 17:51:21
    • オークと違ってドワーフの総数が少なかったのでは -- 2014-12-22 (月) 20:59:47
  • 個人的にはクズドュルよりも暗黒語に聞こえるように思えます。 -- 2015-02-13 (金) 11:49:48
  • クズドゥル由来という設定とはいえ、五世紀ごろのブルグンド族の王グンドバド(Gundobad)と名前が酷似してますね。ゲルマン的な響きを狙ったのかもしれませんが。 -- 2015-04-02 (木) 14:58:05
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 廃案になったが、長鬚族が目覚めたのはエレド・ミスリンという設定もあったようである

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-02 (土) 21:31:36 (1175d)