グワスロ

概要

カテゴリー地名
スペルGwathló*1
異訳グワスロー
その他の呼び名灰色川(Greyflood)、グワス=ヒーア(Gwath-hîr)、グワシア(Gwathir)、アガスルシュ(Agathurush)

解説

シンダール語で「沼からの影の川(shadowy river from the fens)」の意。共通語では灰色川と呼ばれた。
ニーン=イン=エイルフ(白鳥の沢)ミスエイセル(にびしろ川)グランドゥインが合流して大海に注ぐ川で、ミンヒリアスエネドワイスの境界を形成する。ニーン=イン=エイルフから川が始まる場所には南北街道の渡り場でもあるサルバドの浅瀬が、河口にはロンド・ダイアの港があった。

終わらざりし物語』によると、第二紀のはじめにタル=アルダリオンヌーメノールの探検隊が訪れた時、この川のあるミンヒリアスエネドワイスの一帯は大森林に覆われていた。

当時は、潮の香と大風に満ちた海岸地方を通り過ぎるとすぐ、森が両の川岸から迫り、川幅は非常に広かったがそれでもなお、巨大な木々の投げかける影が水面を深々とおおっていた。その中を、冒険者たちの小舟は静かに未知の国の懐へとさかのぼったのである。*2

そのためヌーメノール人ははじめ、この川を「影の川(River of Shadow)」の意であるグワス=ヒーア、またはグワシアと名付けた。川を遡って後にニーン=イン=エイルフ(白鳥の沢)と呼ばれるようになる大沼沢地に達した冒険者達は、これがこの川の水源であると誤解したことから、川の名を「沼から発する影の川」を意味するグワスロへと変えた。
タル=アルダリオンがグワスロの河口に建設したロンド・ダイアははじめ、木材伐採の拠点として成長し、やがてヌーメノールから中つ国エリアドールへと至る入口としての重要性が認められると共に、要塞化されていった。そのためグワスロはアドゥーナイクアガスルシュと呼ばれるほどヌーメノール人によく知られた地となった。

第二紀末から第三紀のはじめにかけて、グワスロの重要性は変わらず、アルノールゴンドールとをつなぐ主要な交通路として整備されていた。ロンド・ダイアの要塞港はすでに打ち捨てられていたが、代わりに南北街道が通るサルバドに港が設けられた。グワスロはミンヒリアスエネドワイスの平原を流れる穏やかな川で、川幅が広いため、喫水の浅い船であれば帆走あるいは手漕ぎで難なくサルバドの港まで至ることができたからである。
しかし第三紀末には、サルバドや街道などグワスロ周辺の施設は打ち捨てられて廃墟となっていた。

コメント

コメントはありません。 Comments/グワスロ?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Gwathloと表記されていることもある
*2 終わらざりし物語 上』「IV ガラドリエルとケレボルンの歴史」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-01 (木) 02:04:41 (55d)