グロールフィンデル

概要

カテゴリー人名
スペルGlorfindel
種族エルフノルドール
性別
生没年不明

解説

名はシンダール語で「金髪(Golden-haired)」の意。裂け谷上のエルフの一人。

グロールフィンデルは背が高く、体は真っ直で、髪は輝く金髪、顔は美しく若々しく恐れを知らず、喜びに満ちていました。目もとは晴れやかながら鋭い光をたたえ、声はまるで楽の音のよう。額には知恵が宿り、手には力がひめられていました。*1

グロールフィンデルは、第三紀3018年の大いなる年に、ナズグールに追われているフロド・バギンズ達を救援するために裂け谷から派遣された者の一人だった。
彼は果野橋を監視していたナズグールを追い払い、そこに安全の印として緑柱石を残した。そのためフロドとアラゴルン達は無事に橋を渡ることに成功し、その後グロールフィンデルに出会う。グロールフィンデルはフロドの負ったモルグルの刃の傷を癒やすことはできなかったが、しかし可能な限りの手当を施し、フロドはわずかに傷の影響が改善したのを感じている。
しかし九人のナズグールが一団となって襲いかかってくるとさしものグロールフィンデルでも正面から抗しきることはできず、自分の馬アスファロスにフロドを乗せてブルイネンの浅瀬まで逃げ切るよう命じて送り出した。そして残った一行に松明を持たせて後を追い、岸に残っていたナズグールを増水したブルイネンに追い落とすことに成功した。
この時、半ば幽界に身をおいていたフロドはグロールフィンデルが白い光を放って輝く姿となって現れるのを目撃しており、後にガンダルフかつて浄福の国に住まったことのある者は、同時に二つの世界に生きておって、見えるものにも見えないものにも抗し得る大いなる力を持っている*2と述べている。

エルロンドの会議にも参加しており、一つの指輪を処遇すべき途は大海のかなたへ送るか、あるいは破壊するかしかないと提言した。

サウロンが滅ぼされ、アラゴルンがエレスサール王として戴冠した後、ミナス・ティリスでエレスサール王とアルウェンの結婚式が執り行われることになった時には、エルロンドらと共にミナス・ティリスを訪問している。

魔王についての予言

追補編』によると指輪戦争より1000年ほど前の第三紀1975年、北方王国アングマールとの最後の戦いの折にも、グロールフィンデルは裂け谷からの援軍として派遣され、魔王を退散させている。
この時後を追おうとするエアルヌアを留め、魔王についてかれは人間の男の手では討たれぬだろう(not by the hand of man will he fall)と予言したのが、他ならぬグロールフィンデルであった(この予言はペレンノール野の合戦で成就することになる。詳細は魔王の項目を参照)。

第一紀のグロールフィンデル

第一紀ゴンドリンの大将の名としてもグロールフィンデルが登場しており、『シルマリルの物語』では「ゴンドリンの金華家の宗主、黄色い髪のグロールフィンデル」と述べられている。
ニアナイス・アルノイディアドではエクセリオンと共にトゥアゴンを守りつつ戦って、ゴンドリンに撤退した。
ゴンドリンがモルゴス軍の攻撃によって陥落した際、グロールフィンデルはゴンドリンを脱出するトゥオルら一行と行動を共にするが、キリス・ソロナスバルログと戦って相討ちとなり、谷底へ落ちた。グロールフィンデルの亡骸はソロンドールによって運び上げられ、一行によりキリス・ソロナスの山道の傍らに作られた石の塚に埋められた。その後この塚には緑の芝草が生え、黄色い花々が咲いた。

一説(トールキンの試案の一つ)によると、彼と裂け谷のグロールフィンデルは同一人物で、キリス・ソロナスで死んだ後、マンドスの館から復活して中つ国に舞い戻ったとなっている。彼がナズグールに対抗できる大きな力を持つのもそのためであるといい、中つ国のエルフを援助する任を帯びて第三紀1000年頃、イスタリと共に中つ国へやってきた。アマンで彼はオローリン(中つ国におけるガンダルフ)の友となり、その親愛の情は中つ国に来てからも続いていたとある。

備考

映像作品では登場しない。ラルフ・バクシ監督作品『ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語』ではレゴラスピーター・ジャクソン版監督作品『ロード・オブ・ザ・リング』ではアルウェンが代わりの役回りで登場する。

一方、映画『ホビット 思いがけない冒険』では、エルロンドが率いていたオークの討伐隊の中に、兜を被っていない金髪のエルフがいるのが確認できる(下画像左)。これがグロールフィンデルであると明言はされていないが、一部のファンの間やメディア上では彼ではないかと言われている。

物語本編で割愛されることが多い分、映画の世界観を土台にしたゲームに登場する機会が多く、『LEGO The Lord of The Rings』(画像2枚目)『The Lord of the Rings Strategy Battle Game』(3、4枚目)、『The Lord of the Rings Trading Card Game』(6、7枚目)、に登場している。

tumblr_inline_mpny8uNGEk1qz4rgp.png Glorelf.png 667944-17180-54-pristine.jpg 99061463039_ArmouredGlorfindelNEW01.jpg lotr00050.jpg lotr18013.jpg

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるグロールフィンデル

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 戦うアルウェンはなかったことに。あれは黒髪のグロールフィンデルなのです。多分。 -- 2007-09-09 (日) 04:26:01
    • 女装した上にアルウェンの声を真似ていたとは。グロールフィンデル恐るべし(笑) -- 2007-09-09 (日) 13:40:37
    • グロールフィンデルさん、普段のナズグル相手程度では女装して金髪なのかもしれませんが、でも、本当のいざというときには黒髪の男に戻り、苦労をかけた母さんの歌をうたうのかもしれません。 -- 2013-01-22 (火) 23:07:54
  • 金華公という表記を目にすることがあるが、どうやら二次創作における呼び名らしい。一次資料には出てこない。 -- 05 2007-10-15 (月) 01:16:37
    • 「金華公」はファンが付けた一種の呼び方ですね。仰る通り公式のものではありません。 -- にに 2011-01-30 (日) 01:57:08
    • 金絲猴みたいでいやだなあw -- 2014-12-26 (金) 14:10:21
    • 金華ハムって読んじゃった。 -- 2015-01-14 (水) 11:12:49
    • 金華公というのは単に「金華家の宗主」という意味であり、単に称号化しただけなので二次創作というのはちょっと違うと思いますが。いわば Lord of the Golden Flower といったところでしょう。 -- 2015-08-08 (土) 10:26:48
    • 上の方が仰るように、Lord of the House of the Golden Flowerを和訳したものが金華公というだけだと思いますね。二次創作というのはHoMEがまだあまり知られていなかったために広がった誤解ではないかと。 -- 2015-08-08 (土) 11:17:20
  • マンドス出戻りだとして、肉体はどのようにして調達(笑)されたのだろう。再成長だとすれば見た目が違ってしまうし、しかし塚から出てくるのでは三流ホラー小説だし… -- 05 2007-10-15 (月) 01:20:45
    • やっぱりトールキンの世界観では、彼岸から此岸への移行はその存在が内包している「力」を著しく減衰させるんでしょうね。マイアたちもそうだし。もし復活してもゴンドリン時代のパワー持ってたらナズグルの魔王やモリアのバルログとタメ張れるでしょう -- 2007-10-17 (水) 23:32:01
      • それはありえる。ゴンドリン陥落時にバルロクと相討ちだったような。 -- 2014-03-16 (日) 07:38:42
    • エルフの転生は、近親者のもとに新たに生まれ、大人になるにつれて前世の外見や記憶が戻ってくるのだそうです(HoMeより)。 -- 2013-03-15 (金) 03:37:31
      • それを聞くと、やっぱり完全に元のままではないと思ってしまうのは人間の感覚だからだろうか -- 2014-03-16 (日) 10:25:40
  • バルログと相討ちとはガンダルフクラスの実力の持ち主なのでしょうな。映画で観たかったよ。 -- ろん 2008-03-16 (日) 22:59:19
    • 原作を知らないで映画みた俺から言わせればこれ以上登場人物が増えるのは止めてほしいがw -- 2010-05-22 (土) 08:51:46
    • まさに超人。そんな戦士が居たら映画だとバランス崩壊しそうですね -- 2015-03-03 (火) 16:47:23
  • アスファロスの意味って花でしょう?馬に結構かわいい名前つけてますね。 -- 2009-03-04 (水) 21:02:28
    • 我々が「散り急ぐその花の様込みで」桜を愛でる感覚で名づけたなら、案外別の趣を持つと思います。 -- たー 2010-03-02 (火) 00:15:42
    • 前半のasfaは、サンスクリット語の馬を表す語、asva の変形だそうな。後半のlothはご存知「花」で… -- 2012-04-05 (木) 21:22:45
  • 額に知恵が宿るのか...だからエルロンドは...いやなんでもない。 -- 2013-06-27 (木) 08:59:53
    • 「これは叡智の証なのだよアンダーソ…いやアラゴルン」 -- 2013-06-27 (木) 12:27:45
    • いわゆる「秀でた額」というやつですな -- 2013-06-27 (木) 17:12:20
  • 背が高いそうなので、実写化されてたらリー・ペイス氏なんか身長的に良かったと思う。スランドゥイル様しちゃったけど。 -- 2015-01-05 (月) 13:23:24
    • 本当に金髪の人は、まゆげ黒くはないですよ。 -- 2015-09-17 (木) 11:39:02
  • 思いがけない冒険に出てきたエルロンドの討伐隊に一人だけ金髪がいる辺り本音では本編でも出したかったんだろうか。 -- 2016-06-01 (水) 10:03:08
  • 旅の仲間の秘密会議でエルロンドの隣にエルフがいたがそれではないのか? -- 2017-06-16 (金) 07:20:23
  • フィンロドといい、マンドスの館から出られる条件って何なのかな。案外本人が望めば出入り自由だったりするのだろうか -- 2017-10-14 (土) 16:57:30
    • 基本的には、死んでマンドスの館へ行ったエルフは全員がいつかは出てきて転生します。中にはもう一度受肉するのを拒むエルフもいますが、それは弱さの証と見なされました。例外としてフェアノールのような大罪を犯した者のみが転生禁止。 -- 2017-10-14 (土) 17:17:51
    • なんと。そうだったんですか……! その情報がどこに書かれているかは分かりますか? -- 2017-10-16 (月) 12:03:14
      • 横レスだけどもHoMeの10巻じゃなかったかな。グロールフィンデルの復活に対しての考察は12巻だと思った。 -- 2017-10-16 (月) 14:46:18
      • なるほど。少々英語力が心もとないですが、いずれHoMeも読まなければなりませんね。お二人とも解答ありがとうございました。 -- 2017-10-16 (月) 15:26:05
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「数々の出会い」
*2 同上 フロドが目覚めた直後

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-03 (金) 15:11:51 (17d)