グラムドリング

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルGlamdring
その他の呼び名敵くだき(Foe-hammer)、なぐり丸(Beater)

解説

シンダール語敵くだきの意*1。『ホビットの冒険』『指輪物語』においてガンダルフが振るうエルフの名剣。
上古ゴンドリンで鍛えられた剣であり、オークゴブリン)が近くにいると刃が青白く輝いて警告を発する。柄には宝石があしらわれ、鞘も美しい作りになっている。トーリン二世オルクリストと対になっている。

エレボールへの遠征途上、トーリンとその仲間トロルの森トロルの岩屋を調べた際、貯蔵品の中からオルクリストつらぬき丸と共に発見された。そこでガンダルフが自らの剣として選び出し、身に帯びるようになった。
裂け谷で剣を鑑定したエルロンドによると、元来はゴンドリンの王(トゥアゴン)が身に付けていた剣*2であり、ゴンドリンの没落によってオルクリストともども失われ、それが流れ流れてエリアドールのトロルが死蔵する事になったと考えられるという。またエルロンドは剣にルーン文字で刻まれていたグラムドリングの名を「敵くだき」と訳した。
ゴブリン町ゴブリンにもこの剣はなぐり丸の名で知られており、「かみつき丸」ことオルクリストよりも恐れ憎まれていた。

指輪戦争でも、指輪の仲間の統率者として裂け谷を出立したガンダルフはこの剣を帯びていた。
ドゥリンの橋バルログ(ドゥリンの禍)と対峙した際には、バルログが繰り出した火の剣を受け止めて粉々に打ち砕くなどしている(剣の強さによるものか、ガンダルフの力によるものかは不明)。
ガンダルフが白のガンダルフとして蘇生した後も、彼はこの剣を帯び続け、サウロンの敗北後も、少なくともブリー村への旅までは帯剣している記述がある。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ガンダルフが持っているのが確認ができるが、原作とは異なり、オークが近くにいても光らない。
DVDのオーディオコメンタリーでピーター・ジャクソンは「予算削減のため」と言っているが恐らくジョークで、つらぬき丸との差別化を図るためのものと思われる。また『ホビット』のメイキングでジャクソンは、原作だとグラムドリングと同様にオークに反応して光るが、映画では光らないオルクリストのこともあわせて「光る剣がたくさんあると、(スターウォーズの)ライトセイバーみたいになってしまう」とコメントしている。

鍔の部分にはアンゲアサス・ダイロンで、次のようなシンダール語の銘が彫られている。

Turgon aran Gondolin tortha gar a matha / vegil Glamdring gûd dae[dhe]lo[th] dam an Glamhoth
(トゥアゴン アラン ゴンドリン トルサ ガル ア マサ / ヴェギル グラムドリング グード ダエロ ダム アン グラムホス)

Turgon king [of] Gondolin wields, has and holds / [the] sword Glamdring, Foe [of] Morgoth's Realm, hammer to the Orcs.
ゴンドリンの王トゥアゴンが帯びて握りし / グラムドリングの剣、モルゴス王国の敵、オーク砕き)

映画『ホビット』における設定

入手の経緯や、エルロンドによる由来の説明が、原作とほぼ同じように描かれている。
やはりオークが近くにいても光らない。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ホビット(映画)では光らなかった でもちゃんと「なぐり丸」と言ってくれて嬉しい -- 2012-12-09 (日) 02:01:03
    • あぁ、14日の全国公開を前にしてネタバレとは…しかも光ることを期待していたのに…二重のショック。 -- 2012-12-09 (日) 02:25:57
    • ロードオブザリングとの整合性を考えると光らないのは仕方がないけど少し残念 -- 2012-12-09 (日) 18:42:17
    • たまに青く光って?(反射?)いたように見えたが…。 -- 2012-12-15 (土) 06:01:38
    • 何本も光ると、つらぬき丸が光る演出が薄れるからでしょう。 -- 2012-12-23 (日) 17:30:47
  • とすると、ゴンドリンのエルフに作られた剣は全て敵に反応して光るんでしょうかね。 -- 2012-12-23 (日) 17:41:03
    • だとすると、陥落したときは街中ピカピカ光ってたのか -- 2012-12-27 (木) 18:50:44
      • ワロスw   まぁでもあの3本の剣が特別と考えるのが妥当かと。使い手を考えると。 -- 2012-12-27 (木) 19:27:18
      • 多分包丁や槍、鏃もね……この剣って発光するおかげで奇襲作戦に使えないよな… -- 2015-03-07 (土) 21:27:13
      • 会敵まで鞘に収めておけばいいだけでは。まあ潜入>暗殺>脱出みたいなスニークミッションには使いにくいでしょうけれど、そういうのは短剣でやれってことにも。 -- 2015-05-11 (月) 20:31:13
    • 青白く光る剣がたくさん出てくると、スター・ウォーズっぽいという指摘がそこらじゅうから出てきそうだから、これでいいと思います。 -- 2013-01-13 (日) 19:32:24
      • 様々な神話・伝承・言い伝えの共通点を見出したジョセフ・キャンベルいわく、主人公(英雄)は「紫電一閃、その存在の輝く剣を携えた者」だそうです。そして「スター・ウォーズ」はキャンベルの理論を土台に制作したとルーカス監督が言っています。やはり名作には似通った点が表れるのでしょう、故意でも偶然でも -- 2013-06-09 (日) 11:34:19
      • 考え過ぎとも思うがな。 -- 2016-06-23 (木) 07:47:17
      • 単に編集が面倒なだけかと -- 2018-05-04 (金) 08:43:25
  • 光る色を変えてもスターウォーズッッ!と言われそうだから、先端だけ光るとかしたら良かったのに -- 2013-08-13 (火) 21:30:00
  • 「光る」と言っても発光するということではなく、研ぎ澄まされた刃や名剣が「輝く」ことの延長にあるものだと思ってました。映画の表現もその方向を追求していれば、無用な心配をする必要もなかったのでは・・・ -- 2014-12-15 (月) 07:03:02
    • なんつーか、どーでもいいことにこだわる人多すぎ -- 2014-12-15 (月) 14:08:23
      • どーでもいいことにこだわって楽しむサイトだもんw -- 2014-12-15 (月) 15:20:59
      • 原作が非常に細かいところまでよく考え抜いて作られた作品ですから、映画も同じぐらいとはいかないまでもせめて細部へのリスペクトは欲しいと思ってしまいます。 -- 2014-12-15 (月) 15:53:19
      • 原作で cold lightを発するって書いてあるのにそれを無視する方がリスペクトが無いような? -- 2015-05-11 (月) 20:51:14
      • スティングのようなCG処理こそなかったけど、十分「輝いて」いたと思いますよ。原作未読で二つの塔を見た時、落下中にグラムドリングをつかむシーンで「この剣は只者じゃないな、なんかすごそうだ」と思いましたもん。 -- 2015-05-12 (火) 07:24:49
    • それって警報には全く役立たないよね・・・ -- 2015-05-11 (月) 20:31:48
      • 雑な言い方になりましたが、陽光の下でもオークの接近に気付くためには原作通り"cold light"で光る必要があるでしょう -- 2015-05-11 (月) 20:50:23
  • サルマンに捕まった時この剣は没収されなかったのだろうか。 -- 2015-05-07 (木) 09:56:54
    • 映画版ではこの時グラムドリングを所持していない -- 2017-01-11 (水) 12:14:17
  • この剣があったからこそモリアのバルログを葬れたと考えていいんだよね?そうなるとゴンドリンで死んだエルフの無念もいくらかそそがれたと思える。 -- 2015-05-11 (月) 23:07:09
  • なぐり丸(beater)、かみつき丸(biter)と名前を揃えているんだね。--トミー -- 2015-06-03 (水) 12:00:42
  • この剣を武装してからのガンダルフは気合いが入っていて凛々しいが、ビルボの誕生会では剣を持ち歩くことなく、ホビットたちにも警戒されずに得意の花火を見せていたのが何気に好印象だった。 -- 2015-11-21 (土) 02:59:46
  • グラムドリングが光らない理由としてピーター・ジャクソンはホビットのエクステンデット版のコメンターリーでグラムドリングを光らせるとまんまライトセーバーになるため断念したと言っている -- 2017-01-11 (水) 12:12:46
    • 別にあげ足をとるつもりは無いが、それを言ってしまうとつらぬき丸はどうなるって話で、元の設定は特に矛盾無いと思うし、下手に設定をいじる必要があったのかどうか。 -- 2017-01-11 (水) 22:42:10
      • つらぬき丸の方は映る回数結構少な目だからじゃない?使われるシーンは全体的にグラムドリングの方が長いっぽいし。 -- 2017-01-12 (木) 00:12:51
  • 映画でトロルの岩屋でこれを見っけて自分の物にしたときの「掘り出し物見つけちゃった!」っていうガンダルフのほっこり顔好きだ -- 2017-03-27 (月) 17:20:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シンダール語オークを指すグラムホス(glamhoth)と、槌(hammer)を意味するドリング(dring)の合成語
*2 終わらざりし物語』「トゥオルおよびかれがゴンドリンを訪れたこと」註三一には、トゥアゴンが「ルエルの骨(象牙)の鞘に入った白と黄金の剣」を帯びていたとあるが、これがグラムドリングであるかは不明

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-04 (金) 08:43:25 (193d)