ギル=ガラド

概要

カテゴリー人名
スペルGil-galad
その他の呼び名エレイニオン(Ereinion)
アルタナーロ(Artanáro)
ロドノール(Rodnor)
種族エルフノルドール
性別
生没年~†第二紀3441
フィンゴン(父)(父はオロドレスの可能性もあり。後述
兄弟不明
配偶者なし
なし

解説

ノルドール上級王
第5代
トゥアゴン
473 ~ 510
第6代
エレイニオン・ギル=ガラド
第一紀510 ~ 第二紀3441
断絶

名はシンダール語で「燦然たる輝きの星(Star of Radiance)」の意*1フィンゴンの息子エレイニオン*2の呼び名。中つ国における最後のノルドール上級王アイグロスの槍の使い手。エルフ三つの指輪の一つ、風の指輪ヴィルヤの最初の守護者
その最期はギル=ガラドの没落に歌われている。

ギル=ガラドは、エルフの王なりきと、竪琴ひきは、悲しく歌う。
海と山との間にありし、美しき自由の国の、最後の王なりきと。
その剣は長く、その槍は鋭く、輝く兜は、遠くより望みえたり。
天が広野の無数の星は、その銀の盾に、映りたり。*3

宝玉戦争

ダゴール・ブラゴルラハにおけるフィンゴルフィンの死後、フィンゴルフィン王家と全ノルドール王国の王位を継承したフィンゴンの使者として、ファラス地方のブリソンバールエグラレストの港に遣わされる。
ニアナイス・アルノイディアドの後、この地がモルゴスの軍によって攻撃されると、ギル=ガラドはキーアダンと共にバラール島に撤退し、そこに避難所を作り上げた。やがてゴンドリンが滅亡しトゥアゴンが死ぬと、ギル=ガラドは中つ国のノルドールの上級王となった。
モルゴス怒りの戦いで打ち破られるまで、ギル=ガラドとキーアダンはシリオンの河口で持ちこたえ、生き残ったエルダールエダインの最後の拠り所となった。

リンドンの王として

第二紀になってもギル=ガラドは流離のノルドール上級王として中つ国に留まり、キーアダンエルロンドと共に中つ国北西部に残ったエルダールを指揮する。かれらはベレリアンドの最後の名残りであるリンドン灰色港を建造した。
ギル=ガラドとエルロンドは正体を隠して接近してきたサウロンを信用せず、やがて正体を現したサウロンによってエレギオンが滅ぼされると、その力に対抗して戦った。当時、リンドンのギル=ガラドの許にはヌーメノールの船団がしばしば訪れて交流が行われており、ギル=ガラドはタル=ミナスティアの援助を得て第二紀1700年にサウロンをエリアドールから駆逐することに成功した。

それ以後もヌーメノールとの交流は続いたが、ヌーメノール人が次第に堕落しエルフの不死を羨むようになるとそれも途絶え、ギル=ガラドの許にはヌーメノールを逃れたわずかな忠実なる者達しか訪れなくなる。王党派のヌーメノール人は中つ国の沿岸部に植民地を築き、過酷な圧制者として君臨したが、ギル=ガラドの勢力があるため北西部にやってくることはなかった。
第二紀3262年にアル=ファラゾーンによってサウロンが連れ去られると、ギル=ガラドは一時の平和を享受して勢力を霧ふり山脈を越えた先にまで拡大させる。ヌーメノールの没落を逃れて灰色港に漂着したエレンディルは、ギル=ガラドの援助を受けてエリアドールアルノールを建国し、亡国の民の王国上級王となった。

最後の同盟

しかしサウロンもまたヌーメノールの没落から生き延びて中つ国に戻ってきたことが明らかとなると、ギル=ガラドとエレンディル最後の同盟を結んだ。
同盟軍は霧ふり山脈を越えてダゴルラドの合戦で勝利してモルドールに入り、バラド=ドゥーアを包囲攻撃した。当時のエルフ人間の力は強く、ギル=ガラドの槍アイグロスと、エレンディルの剣ナルシルには、何者も抗しがたかった*4という。
ついにバラド=ドゥーアから姿を現したサウロンとの滅びの山での戦いで、ギル=ガラドとエレンディルはサウロンを打ち倒したが、二人の上級王もまたこの戦いによって討ち死にした。ギル=ガラドの死の因はサウロンの手の黒くして、火のごとく燃えいたる熱気によるという*5

その死はギル=ガラドの没落に歌われ、彼の死によって中つ国におけるノルドール上級王は絶えた。

エルフの指輪の守護者

ギル=ガラドは、三つの指輪の内でもっとも力のある風の指輪ヴィルヤケレブリンボールより受け取り、その守護者となった。彼は死ぬ前にこれをエルロンドに譲った。
終わらざりし物語』によると、ギル=ガラドがエルロンドにヴィルヤを譲ったのはサウロンがエリアドールから駆逐された第二紀1701年のことであり、この時ギル=ガラドはエルロンドをエリアドール副摂政に任じたという。

親についての設定

The History of Middle-earth』によると、ギル=ガラドはフィンゴンの息子ではなくオロドレスの息子であった可能性があり、クリストファー・トールキンは(『シルマリルの物語』における)「フィンゴンの息子」という記述を誤りだったとしている。また、彼が港へと送られるエピソードは彼がフェラグンドの息子として構想されていた時期の原稿から採用したものであるという。先に出版されて物語上も矛盾がなく広まっている説を受け入れるべきか、クリストファーの訂正説を受け入れるべきかは議論になっており、どちらを正史とすべきかはファンの間でも意見が分かれている。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優マーク・ファーガソン?
日本語吹き替え

名前は一切登場しないが、冒頭でヴィルヤを手にしている姿や、最後の同盟の戦いで槍(アイグロス)を振るって戦う姿がわずかに描写されている。

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるギル=ガラド(左)『ロード・オブ・ザ・リング』におけるギル=ガラド

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、最後の同盟の戦いでのギル=ガラド

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • どうも、束教授の構想の中では後の方で登場したらしく、彼の活躍するエピソード等は少ない。また、HoMEなどを読んでみると、ある段階ではキーアダンの娘とフェラグンドの間の子供と構想されていた時期があったようです。最後の上級王なのに何となく影が薄い・・・ -- カイト
    • 実父は誰であれキーアダンが養父のような立場だったことは確かなようですね。で、自分も後に遠縁のエルロンドを後継ぎにしているのに縁を感じます。 -- 2010-01-25 (月) 08:42:09
  • エレイニオン・ギル=ガラドって名前ものすごくかっこいいって感じるのは私だけですかね?
    • ミンドン・エルダリエヴァの方がかっこいい。 -- ホビット 2008-10-26 (日) 17:02:39
    • かっこいい。声に出して読みたいシンダール語だ。 -- 2012-09-15 (土) 19:58:58
  • 映画冒頭、エルフの三つの指輪を受け取ったうちの一人が彼だろうか。
    • 映画、足元の敵に槍のようなものでとどめを刺した奴がいたが、彼かどうかは不明。 -- 角笛
      • The Art of the Fellowship of the Ringに書かれたギル=ガラドの設定と、この倒れた敵に槍でとどめを刺したエルフの兵士が一致しますので、彼がギル=ガラドと見て間違いないようです。原作だと、ギル=ガラドはサウロンの「火のごとく燃えいたる」黒い手によって倒されたことになっていますが。
    • SEEの絵コンテではサウロンに宙吊りされたまま炎に包まれていますね。「ギル=ガラドの滅びしもこの手のためなり」。映画では見られなかったので残念 -- 2010-12-08 (水) 01:11:32
  • 『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』で、フロドが死者の沼地で目撃したエルフの死体が、ギル=ガラドだという説があります。彼ほど高位な人物なら沼に放って置かれないでちゃんとした墓が築かれると思うんですけどね。それともあれはあくまで亡霊ということかな。
    • ギル=ガラドは原作ではバラド=ドゥーア包囲戦で死んだはずですし、PJ版では滅びの山のふもとで戦死したはずなので。PJ版のフロドが死者の沼地で目撃したエルフの死体は別人だと思います。可能性としてはレゴラスの祖父のオロフェアが可能性が高いです。あとエルフは外見上の死をこうむると魂はすぐにマンドスの館に行ってしまうので亡霊はすべて人間か幻覚です。 -- 大きな羊
    • TTTのエルフの亡霊はギル=ガラドではないのでしょうか? FoRでのエルロンドと同じ金の鎧ですから、オロフェアではないはず。髪も黒系でしたし、何やら青っぽいマント様のものが巻きついていましたので。 -- 白蘭花
    • 上級王の亡骸が沼に放置されるとは思えませんが。
    • 物語に出てくる要素を、何でもかんでも関連付けるのは、如何なものかと。フロドが見たのは、「高位のエルフ」ということで十分だと思います。 -- K
    • ちょっと勘違いしている人がいるので。死者の沼地は、かつてはダゴルラドからバラドドゥア陥落までの一連の戦いで、戦死した者達を埋葬した広大な共同墓地で、だいぶ後になって水が流れ込んでめちゃくちゃになって沼地化しました。ですから「墓も築かれずに沼に放置」、「滅びの山の麓で死んだのに死者の沼地に遺体があるのはおかしい」というのは的外れです。まあ、普通に考えて、上級王の遺体は共同墓地ではなくちゃんと王宮に持ち帰ったでしょうね。いや・・・多くの死した同族達と共に共同墓地に眠るというのもありえるかも・・・ -- 2008-04-14 (月) 00:25:22
    • 死後にアマンで復活(語弊ありますが)するのが確実なエルフは遺体を重視しない可能性もあります。ゴンドールでは墓所を設けていますが、あれは人間ですからね。 -- Tirthika 2009-04-12 (日) 00:32:42
      • 少なくとも個人を埋葬し墓を作る習慣があることはフェアノール崩御の場面から読み取れますし、フィンゴルフィンの遺体はモルゴスによる損壊からわざわざ救われてますから、遺体に対する感情は人と変わらないのではと思います。 -- 2009-04-12 (日) 17:52:34
      • マンドスは本来エルダールが魂の瑕を癒す場であり、そこから戻るには当然肉体が必要なのではないかと。ミーリエルの死後、エステが侍女にその遺体を大切に保管させた故事もありますし。少なくともノルドールは遺体を死者に縁のある物として大切に扱ってるようですから、ギル・ガラドの遺体も相応に扱われたのではないかと。遺体が残っていれば、ですが。物語に出てこないリンドン地方にあるのではないかなぁ、くらいの予想。 -- 2009-04-13 (月) 06:58:37
      • ミーリエルは最初から遺体だったわけじゃなく、休ませている間に魂が抜けていってしまったのをそのまま保存してたようですし、フィンロドの遺体は葬られた塚ごと海の底ですが、ご本人はアマンでちゃんと生き返って「木々の下を逍遥」していらっしゃるので、マンドスの許可さえあればどっちでもOKなのではないかと。 -- 2009-05-23 (土) 05:13:04
      • HoMEだったか、エルフの生き返りに付いて設定があるのを読みましたが、それによると生き返りの際は元の肉体で蘇るのではなく、新たな肉体で生まれてくる物だそうですが。ミーリエルのように肉体に損傷無く死んで遺体が保存されたエルフの場合はどうか分かりませんが、これは特殊な事例でしょう。
  • フィンゴンの息子だというのが正しいような気がする。 -- ホビット 2008-08-15 (金) 12:37:27
    • 『終わらざりし物語』にもそう表記されてますし。 -- ホビット 2008-12-21 (日) 14:40:16
      • あれは編集段階でクリストファー氏が修正したもののようです。誰の息子であれ、どのみち「最後の上級王」という役割以外の彼個人としてのエピソードが皆無に近いのが残念ですが。 -- 2009-12-06 (日) 00:06:27
    • 高貴な身分でありながらアイグロスを手に前線で活躍したことを思うと、やはりフィンゴルフィンの家系であるのが一番しっくりくる。個人的な意見だが。 -- 2012-12-17 (月) 18:52:04
      • 同意。モルゴスやゴスモグと一騎撃ちした武勇の誉れ高い家系に連なる方がピッタリですよね。オロドレスの家系だとイメージにそぐわない。 -- 2012-12-17 (月) 20:30:05
      • 親父の失態を埋めるために精一杯上級王を務めた可能性も。いずれにせよこの人は衰退しつつあるエルダールをまとめ上げてサウロンに抵抗し続けた。…もっとも父親が誰であろうそんなこと気にし無さそうなイメージだけど。 -- 2012-12-17 (月) 22:49:35
      • ギル=ガラドをオロドレスの子にしたのは、特別な血筋はエルダリオン(というかテルコンタール朝)に集中させるためだろうか -- 2014-08-12 (火) 10:31:25
      • エレイニオンがオロドレスの子となったのは、どちらかというとフィンゴンが結婚せず彼の死と共に弟トゥアゴンに上級王位が移った設定を重要視したのでは。フィンゴンに息子がいては弟が王位を継承することが自然ではなくなるし、フェアノールの死後フィンゴルフィンではなくマイズロスが一旦王位継承者となった(マイズロスの意志によってフィンゴルフィンに渡ったが)エピソードから見ても。 -- 2016-01-11 (月) 22:18:10
  • アイグロスを振るう武勇の印象が強いが、(終わらざりし物語によると)サウロンが正体を隠していた時からすでに戦争を予感してヌメノール人に沿岸拠点を築かせていたり(第二紀1200年ヌメノール人、常設の港を作り始める)、早々にエルロンドを後継者に指名してヴィルヤを手放したりと、たいへん先見の明に優れた賢者でもある。「最後の同盟」との名も、もしかしたら彼が先見性によってそう呼んだことに由来するのかもしれない。 -- 2014-08-12 (火) 18:17:17
  • 映画冒頭の指輪を手にした後ろの2人は、白髪がキーアダン、黒髪がギル・ガラドですか? -- 2015-06-09 (火) 00:54:01
  • エレイニオンをオロドレスの息子としたらやっぱパツキンになるのかねえ -- 2017-04-14 (金) 22:42:27
  • サウロンと互角に殴り合える実力って一体… -- 2017-09-23 (土) 07:18:44
    • あの頃のサウロンは弱ってたからね。それにエレンディルとの連携プレーもあったし。 -- 2017-09-23 (土) 09:50:48
      • 一時でも平和をもたらしてくれたんだもんなぁ。それにしても死んでほしくなかった人物ではある。 -- 2017-09-23 (土) 19:59:37
  • なぜ子供がいなかったのか。物語の都合と言えばそれまでだが… -- 2018-03-17 (土) 01:13:42
    • いたとしても物語に関わらかったのかも -- 2018-03-19 (月) 13:13:56
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 旅の仲間』「闇夜の短剣」ではフロドが「星の光(Starlight)」の意味とも説明している。『終わらざりし物語』によればこの呼び名は彼の兜や鎧、盾には銀が被せられ、白い星の紋章が描かれており、遠くから望むと、陽光あるいは月光のもとでは、まるで一つの星のように輝いて見え、かれが高所に立っているときには、エルフの視力をもってすれば、かなりの距離からでも見ることができたからである。という。
*2 シンダール語で「王家の末裔(Scion of Kings)」の意
*3 指輪物語 旅の仲間』「闇夜の短剣」 ビルボ共通語に訳したギル=ガラドの没落の一節
*4 『旅の仲間』「エルロンドの会議」
*5 同上。ガンダルフが発見したイシルドゥアによる一つの指輪についての記録より

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-19 (月) 13:13:56 (97d)