ギルドール

概要

カテゴリー人名
スペルGildor
その他の呼び名イングロリオン(Inglorion)
種族エルフノルドール
性別
生没年不明

解説

放浪の上のエルフフィンロド王家のギルドール・イングロリオンを名乗る。

塔山丘陵の向こう(灰色港付近?)に住処があると思われるが、エリアドールを放浪しており、フロドたちは末つ森で彼の率いる上のエルフの一団に出逢った。
フロドは彼のことを知らなかったのだが、ギルドールは以前からビルボと交友があったため、ビルボの養子であるフロドの顔も名前も知っていた。彼は、黒の乗手に追われていたフロドたちを森の宿りに招待して一夜を共に過ごし、彼らに安らぎと助言を与えた。

指輪戦争後、ギルドールはエルロンドガラドリエルたちと灰色港に向かう途中、以前と同じように末つ森でフロドとサムに再会する。それから彼らと共に灰色港に向かい、三つの指輪の守護者指輪所持者と共に大海を渡ってアマンへ去った。

来歴について

本人によるとフィンロド王家(the House of Finrod)上のエルフである。だとするとナルゴスロンドの破壊からドリアスに逃れ、それからキーアダンギル=ガラドの許に避難したと思われる。

シルマリルの物語』にも『終わらざりし物語』にもギルドールに関する記述はなく、その来歴は謎に包まれている。
ただし『終わらざりし物語』によると、1966年の『指輪物語』の改訂前には、フィナルフィンがフィンロドという名前であり、フィンロドはイングロール・フェラグンド(Inglor Felagund)という名前に設定されていた。指輪物語の改訂版で、追補編にあった両者の名前はこの変更に応じて修正されたが、『The History of Middle-earth』によるとギルドールのこのセリフだけは修正されないまま残された。
これがトールキンのミスなのか、あるいは意図的なものかは不明である。

もしミスであったならば、彼は「フィナルフィン王家の」上のエルフということになる。

また、イングロリオン(Inglorion)という名前は「イングロールの息子」という意味に解釈することも可能であり、そうだとすればギルドールはフィンロドの息子と設定されていたのではないかと想像するファンもいる。ただしそれを裏付ける資料は残されていない。

画像

アラン・リー作画による、末つ森で出会ったギルドール一行とフロド一行

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

エクステンデッド・エディションではフロドサムホビット庄内で灰色港に向かうエルフ達を目撃するシーンが追加されているが、フロド達とエルフ達は会話しておらず、ギルドールの名前も出てこない。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

北連丘のリン・ギリアスにおり、その地のエルフの指導者として登場する。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるギルドール

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • HoMEでは、フィンロド・フェラグンドの名はイングロール・フェラグンドとなっています。-ionは「~の息子」という意味もあるので、もしかするとフィンロド王家どころかフィンロドの息子なのかもしれません。 -- Windy
    • フィンロドには子供が居なかった様なので、フィンロド王家の家臣ではないでしょか -- ひあごん
      • Windy様、ひあごん様。この件に関しては、私も興味があり、いろいろネットで調べてみたところ、高橋誠氏のサイト、「赤龍館」の中の「粥村で聞いた話」の中にかなりまとまった論考がありました。決定的な結論は出てないようですが、管見の限りでは、ギルドール・イングロリオンに関してネット上で日本語で読めるものの中では一番行き届いたページかと愚考します。御参考までに。
    • 『終わらざりし物語』収録のトゥオルの物語の中で、ヴォロンウェが「フィンゴルフィン王家のアランウェの息子ヴォロンウェ」と名乗り、エクセリオンには「ヴォロンウェ・アランウィオン」と紹介されています。なので、「フィンロド王家のギルドール・イングロリオン」というのも単に「フィンロド王家(に仕える)のイングロールの息子ギルドール」の意なんではないでしょうか。父系でノルドール王家の血を引いているなら、ギル=ガラドで絶えたはずの上級王になる資格があったことになりますし。 -- 2010-01-22 (金) 04:32:25
  • フィンロドは死後アマンでヴァンヤールのアマリエと共に暮らしたらしい。とすると、ギルドールはこの二人の息子で、イスタリと共に中つ国に戻ってきたエルフ達の一人ではないだろうか。 -- ホビット
    • イスタリと共に中つ国に戻ってきたエルフがいたなんて設定、どっかにありましたっけ? -- 2009-06-11 (木) 13:46:59
      • グロールフィンデル復活に関する試案のことではないでしょうか。 -- 2009-06-11 (木) 22:43:48
  • もしフィンロドの縁者だったらガラドリエルとも面識があったのかな。なんとなく霧降り山脈西だけにいるイメージだけど旅人だしエルフの寿命は無限だし訪ねていそう。 -- 2015-05-13 (水) 16:50:19
  • 最初に旅の仲間読んだとき、「一緒に裂け谷まで行ってやって!」って思った。-トミー -- 2015-11-23 (月) 19:02:51
    • どこまでガンダルフの計画なのかわからないから、ギルドールもどこまでお節介していいのかわからなくて困惑してそうだった。裂け谷までの旅でフロドの成長を期待してるならついていくわけにはいかないし、でもナズグルマジヤバイし。 -- 2015-11-24 (火) 14:31:33
    • いかにギルドールの一行といえども、魔王率いるナズグル9人に抗する力はないと思われます。ナズグルが襲ってきても守り切れない、となれば一緒に行動するのはかえって目立つだけで危険だったのでしょう。またギルドールにはフロドへの親愛だけでなく仲間への責任もあるでしょうから、軽々しく身内を危険に晒すわけにもいかなかったのだと思います。 -- 2015-11-24 (火) 22:12:36
  • 『フィンロド王家』が『フィナルフィン王家の家臣』の意味合いだとして、指輪戦争の時点の彼は誰に仕えているのでしょうか?主君がフィナルフィンだとすればアマンに帰るのが自然だと思いますし、子供世代唯一の生き残りのガラドリエルなら霧降り山脈の反対側にいるわけにはいかないでしょう。フィンゴルフィン系譜に連なるエルロンドってことも無さそう…というか家臣を名乗る割にはそんな風な描写に見えないです。高貴過ぎます。 -- 2017-06-16 (金) 21:45:58
    • ほとんどの草稿ではギル=ガラドがフィナルフィン系の上級王ですから(初期にはフィンロドの子、後期にはオロドレスの子)、彼の遺臣だったのではないでしょうか。だからこそかつてのギル=ガラドの勢力圏であるエリアドールを放浪していたのでは。 -- 2017-06-16 (金) 22:37:14
  • なんで会議にすら出ないんだろ?同じく元家臣のグロールフィンデルはちゃんと出てるのに?それでいてエルロンドやガラドリエルと同じ船に乗るんだから訳が分からない。 -- 2017-06-17 (土) 21:35:32
    • 固有の役目があるんじゃないか。例えば偵察とか -- 2017-09-23 (土) 22:12:23
  • 実は船に乗ったとははっきりと書かれてはいない。 -- 2017-09-23 (土) 22:58:38
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-23 (土) 22:58:38 (391d)