ギムリ

概要

カテゴリー人名
スペルGimli
その他の呼び名エルフの友(Elf-friend) 
わが捲毛を持つ者(Lock-bearer)
燦光洞の領主(Lord of the Glittering Caves)
種族ドワーフ長鬚族
性別
生没年第三紀2879年~不明
グローイン(父)

解説

指輪の仲間の一人。『ホビットの冒険』でビルボと共に旅をした、13人のドワーフの一人であったグローインの息子。

礼儀正しく信義に厚く、仲間や美しいものへの思いがひと一倍強い。優れた戦士であり、優秀な工人でもある。
旅においては短い鎖帷子を身に帯び、広刃の斧を携えていた。

指輪の仲間の一人として

エルロンドの会議に父のグローインと共に、山の下の王国の王ダイン二世の使者として参加。そのままエルロンドによってドワーフを代表する指輪の仲間の一員に選ばれる。
当初、少なくとも霧ふり山脈を越えるまではフロドらと行動を共にすることが決まっていたが、それ以降は別れることもありえた。とはいえギムリは当初から仲間達を見捨てることを潔しとせず、最後まで指輪の仲間とその任務に同行した。

モリアを通過する際には、地下道に慣れているためガンダルフを助けて一行の先導を務める。積極的に主張することはなかったものの、モリア入植を試み消息を断ったバーリン一党の安否を気にしており、これはマザルブルの間でバーリンの墓を発見したことで果たされる。ギムリはガンダルフから、植民者が全滅した次第を伝えるマザルブルの書を預かった。

エルフドワーフの間には珍しいことに、ロスローリエンに滞在して以降レゴラスと強い友情をはぐくみ、始終彼と連れ立って行動するようになった。
また、この時目にしたガラドリエルの美しさに魅せられ、彼女に強い崇敬の念を抱くようになる。ロスローリエンを去る時、ギムリはガラドリエルの髪を一筋乞うたが、これは聞き届けられ、ガラドリエルは三筋の髪を彼に与えた。こうしたことから、ギムリはエルフの友と呼ばれるようになる。

パルス・ガレンで指輪の仲間が離散してからはアラゴルン二世に従い、ローハン平原の追跡行や角笛城の合戦死者の道の行軍やペレンノール野の合戦黒門の戦いなどに参加した。

指輪戦争後

角笛城の合戦で偶然立ち寄った燦光洞の美しさに魅せられ、指輪戦争終結後にはレゴラスと共に燦光洞とファンゴルンの森を訪れながら国へ帰った。
その後山の下の王国から一族のドワーフの一部を引き連れて移住し、燦光洞の領主となる。彼らは戦争で破壊されたミナス・ティリスの城門を、ミスリルと鋼をもって再建するなど、ローハンゴンドールで見事な仕事をした。

ドワーフは秘密主義的であるため、その内情について伝えられることは少ないが、西境の赤表紙本に述べられているそれら数少ないドワーフやドゥリン一族についての情報は大部分、ギムリが指輪の仲間に語ったものであるという。

ギムリはレゴラスとの友情を保ち続け、エレスサール王が崩御すると、レゴラスの船に乗ってアマンに去ったと言われている。ドワーフが自ら進んで中つ国を去るなど信じがたいことだが、それほどまでにレゴラスとの友情は大きく、さらに(先にアマンへ去った)ガラドリエルへの尊崇の念が強かったのかもしれない。ギムリがアマンに渡ることができたのも、ガラドリエルの口添えのためであるかもしれない。
レゴラスとギムリが去ったことで、中つ国において指輪の仲間は跡を絶った。

その他

終わらざりし物語』によると、トーリン・オーケンシールドによるエレボール(はなれ山)遠征時、既にギムリは生まれており(62歳)旅への同行を希望したが、子供であるとされて連れて行かれなかった。ビルボ達の旅が成功に終わりドワーフの山の下の王国が再建されると、ギムリは父たちと共に青の山脈からはなれ山へと移住した。

また、エレスサール王オルサンクが捜索した時、ギムリはエレンディルミアが保管されていた隠し部屋を発見したという。

略歴

画像

tumblr_m3ll0rdqsl1qgutswo1_400.jpg

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

レゴラスとの友情や、ガラドリエルから髪を与えられたなど、原作で印象的なエピソードは概ね踏襲されている。
一方性格面では、礼儀正しい原作とは異なり粗野な印象で(例えばエルロンドの会議で、いきなり斧を一つの指輪に叩きつけて破壊しようとする)、さらにはコミックリリーフでもある。
杖代わりに使う旅用の片刃の斧と、戦闘用の両刃の斧、そして二本の投げ斧を持って戦う。また、原作で被っていた頭巾の代わりに、映画では兜をかぶっている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるギムリ

映画『ホビット』における設定

原作内ではグローインに息子ギムリがいたことは触れられていないが、闇の森におけるグローインとレゴラスの会話の中で、幼いギムリの絵が出て言及される。ただし、原作ではギムリの年齢はフィーリキーリより少し若いくらいであり、この頃には肖像画よりも遥かに大人になっているはずである。

グローインが使っていた斧は、『ロード・オブ・ザ・リング』でギムリが使っていたものと同じである(ただしこの斧は闇の森でエルフに取り上げられている)。また五軍の合戦時にグローインがかぶっていた兜は、ギムリと同じものになっている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における裂け谷でのギムリ 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるローハンでのギムリ 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における角笛城の合戦時のギムリ Character_Gimli_1280.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 出会ったころのままのレゴラスがヨボヨボになってフガフガ言ってるギムリに「西へ旅立つ。一緒に行かないか?ギムリ」と変わらない友情を持って誘っている場面を想像すると涙が出る -- 2015-05-10 (日) 03:24:51
    • せめてガラドリエルとは再会してほしいですよね。老ドワーフの手を引いて奥方の部屋を訪ねるエルフの若者。 -- 2015-05-10 (日) 21:45:38
    • ドワーフの魂が死後もアルダに留まるのが本当なら、先に逝った父やフィーリキーリ、トーリン達とどんな再会を果たしたんでしょうね? -- 2015-05-10 (日) 23:57:09
    • HoMEでは、サムが自分の子供達に「レゴラスはギムリがいる限り西へは行かないだろう」と言ってるんだよね。ところがギムリを連れていっちゃったとw -- 2015-05-14 (木) 00:46:31
  • ドワーフの刀鍛冶は実在した。 https://www.youtube.com/watch?v=Fa0FVYxbVWk つらぬき丸もあるね。 -- 2015-05-14 (木) 20:26:11
  • ギムリは旅の仲間の中でも浮いたりせず、突飛な発言も無い。ホビットの旅の仲間のドワーフ達と比べても、バーリンやドワーリン並みの人格者だったんですね。裸で水浴びとか宴会でもお酒がぶ飲みしたりはせず、パイプくゆらせて静かに居るイメージが強い -- 2015-11-12 (木) 22:46:41
    • 相棒のレゴラスがあの調子ですからね… -- 2015-11-13 (金) 00:07:36
  • 映画ほどでは無いですが、原作でも多少コメディーリリーフ的な役割を担ってるような場面がありますよね? -- 2015-11-13 (金) 00:13:12
    • 原作でコミカルな場面は一行のほぼ全員にありますので、彼を指してコメディリリーフとするのは当たらないのではないかと。 -- 2015-11-13 (金) 00:58:02
    • 原作のギムリはギャグ担当と言うよりツッコミ担当だと思う。仲間(特にレゴラス)の突拍子のない言動に振り回される常識人って感じ。 -- 2017-05-04 (木) 21:03:20
  • 生涯独身だったことを考えると、燦光城(?)は誰が受け継いだんだ?養子?弟子? -- 2015-12-20 (日) 00:46:28
    • 兄弟姉妹や妻子がいなかったとは断言されていないような? -- 2015-12-23 (水) 01:29:00
      • ドワーフの習慣から考えると妻子がいたなら指輪戦争の時点で既に子どもは30~40歳くらいになってただろうな。 -- 2016-05-29 (日) 18:42:47
    • 女系の親族は家系図に記録しないこともあったそうだから可能性はあるな。長子が女の場合、長男と父親は110歳以上離れてるらしいからギムリの場合妹になる。 -- 2017-05-04 (木) 21:11:17
  • ホビットの冒険の時、青の山脈に残若い頃のギムリ(※イメージ) -- 2017-01-02 (月) 03:07:27
  • エレボール遠征中、青の山脈に残った若い頃のギムリ(※イメージ) -- 2017-01-02 (月) 03:09:04
  • ギムリ「ぎっむぎっむりー、エルフは友達、グローインの息子のギムリでーす♪」 -- 2017-10-06 (金) 12:35:32
    • レゴラス「ちょっと寒くないかにゃー?」 -- 2017-10-06 (金) 12:36:26
    • エオメル「ナニソレイミワカンナイ」 -- 2017-12-25 (月) 15:09:21
  • ヘルム峡谷の戦いでアラゴルンとエオメアのピンチに颯爽と殴り込んだギムリ最大の見せ場を無慈悲にもカットしたPJはエントに蹴り殺されて然るべき。 -- 2017-11-08 (水) 21:55:24
    • 何を今更 -- 2017-11-09 (木) 03:15:46
      • 今更というのはよくわかりませんね、映画に限らず作品というものは繰り返し鑑賞されて話題にのぼるものです。 -- 2017-12-29 (金) 22:44:13
  • 原作ギムリは紳士だって皆が言ってるもんだからどんなものかと思ったら紳士であることは否定しないけど同時に結構物騒な発言もしているよね。木を切るのは飽きた←そうだね。代わりに敵の首を切りたい←ええ・・・現代の一般人と中世の戦士の感覚の違いですかね? -- 2017-12-25 (月) 19:56:19
    • そのへんはやはり戦士としての勇ましさの表現でしょうねえ。レゴラスと首級を競うというのも現代的な観点からすると物騒ですし。 -- 2017-12-26 (火) 23:02:34
    • 敵のあの面を見たら首チョンぱぁしたくなる衝動に襲われるのは、分かる気が。 -- 2017-12-29 (金) 13:23:59
    • >原作ギムリは〜 何を今更 -- 2017-12-29 (金) 22:03:44
      • 今更、というのはよくわかりませんね。映画に限らず作品というものは繰り返し鑑賞されて話題にのぼるものですよ。 -- 2017-12-29 (金) 22:38:23
    • 礼儀正しいという印象は邦訳の口調のせいかもしれません。 -- 2017-12-30 (土) 03:43:35
      • 口調ばかりでなく態度にも出ますからね。 少なくとも原作のトーリンとは対極の人物だったのでしょう。 -- 2017-12-30 (土) 07:10:17
    • 礼儀正しいのに物騒な事を言ってのける。それはそれでキャラが立っている -- 2017-12-30 (土) 18:30:07
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-30 (土) 18:30:07 (201d)