キアス

概要

カテゴリー言語
スペルCirth*1
その他の呼び名ケアタール(Certar)*2、ルーン文字(runes)

ベレリアンドシンダールが石や木に名前や碑文を刻むために考案した文字。刻みやすいよう直線で構成された角張った形をしており、作中ではその形状がよく似ていることから、ルーン文字と呼ばれる。

解説

追補編』の追補Eではアンゲアサスのキアスとその音価の一覧表が収録されている。キアスはその形状によってグループ分けがなされ、表では二つの小さな丸で区切られている。
音価表で★印が付いているキアスはドワーフがアンゲアサス・モリアで導入し、彼らだけが用いた文字。―があるものは左がアンゲアサス・ダイロン、右がアンゲアサス・モリアの音価。括弧で囲まれたものはエルフ語に用いる時のみの音価。
追補E「アンゲアサス」

キアスの歴史

キアスを最初に考案したのはドリアスの伶人ダイロンであると言われる。ベレリアンドシンダールに用いられた初期の古いキアスは、後世のアンゲアサスに比べると単純な形態だった。ベレリアンドでシンダールと交流を持ったドワーフはキアスを高く評価し、彼らを通して東の地へ伝わり、後にドワーフ、人間、そしてオークに至るまで多くの民に知られるようになった。各々の民は自分たちの文字の能力とその用途に応じて、キアスに変更を加えて用いた。そのようなキアスは第三紀末においても、谷間の国の人間*3ロヒアリム*4、そしてオーク*5に用いられていた。

その頃、シンゴルの王国の伝承の長、吟遊詩人のダイロンが、ルーン文字を考案したと言われている。そして、シンゴルの許に出入りしていたナウグリムは、この文字を習い覚え、その発明を非常に喜んで、ダイロンの考案を同族のシンダール以上に高く買ったという。
ダイロンのこのルーン文字、キアスは、ナウグリムによって山脈のかなたの東の地に伝えられ、いろいろな種族に知られるに至った。しかし、シンダールがこの文字を記録に用いたのは、戦乱の時代に入るまでは非常に少なく、記憶に留められていたことの多くは、ドリアスの廃墟の中に消滅してしまったのである。*6

一方、第一紀のベレリアンドでは流謫のノルドールアマンからもたらしたテングワールフェアノール文字)の影響を受け、キアスの改良と再編が行われた。そうして生み出されたキアスの字母(alphabet)のことを、シンダール語で「長いルーン文字の列(Long Rune-rows)」を意味するアンゲアサス(angerthas)と呼び、中でも最も充実し、完成度の高いものは「ダイロンの字母(Alphabet of Daeron)」、すなわちアンゲアサス・ダイロン(Angerthas Daeron)と呼ばれた。エルフの伝承では、ダイロンが古いキアスに追加と再編を施し、このアンゲアサスを完成させたと言われているからである。

キアスは銘や碑文を刻むために考案された文字であり、中つ国の西方諸国のエルフたち(エルダール)にはそのようにしか用いられず、彼らの間では真の筆写体(true cursive forms)は誕生しなかった。そしてフェアノール文字がもたらされると、エルダールはそちらを筆記に用いるようになり、やがてはキアスそのものを殆ど使わなくなった。*7
第二紀エレギオンのエルフは例外的にアンゲアサス・ダイロンの使用を続け、それは彼らと交流のあったモリアのドワーフに伝わった。アンゲアサスはモリアのドワーフが最も好む字母となり、彼らを通して北方の地に広まった。そのためドワーフが用いたアンゲアサスは、アンゲアサス・モリア(Angerthas Moria)とも呼ばれた。ドワーフはフェアノール文字にも通じていたが、自身の言語クズドゥル(ドワーフ語)はキアスで記すことにこだわり、キアスのペン字書体(written pen-forms)を生み出した。

ケアサス・ダイロン

シンダール語を表記するために考案されたキアスのアルファベットのこと。後のアンゲアサス・ダイロンの基となった。
追補Eによると、後世のアンゲアサスに比べると音価は体系的ではなかった(unsystematic)とされ、以下のことが説明されている。

  • キアスの中で最も古いものは1・2・5・6番、8・9・12番、18・19・22番、29・31番、35・36番、39・42・46・50番。
  • ケアス(a certh)は規則的に形状が変化した。13番を例にすると、枝(a branch)にストローク(a stroke)が加わる(13→14)、または左右が反転する(13→15)。
  • 1~31番において軸線(a stem)と枝(a branch)でできたキアスのうち、枝が片側だけに付いたキアスは、通常右側に付いたものが使用された。左側に付いたものも使用されたが、表音上での意味はなかった。
  • 13・15番がhの場合は35番がsを、13・15番がsの場合は35番がhを表した。hとsの音価の割り当てはその後も厳密に定められない傾向があった。
  • 39・42・46・50番は母音を表し、その後のキアスの発展においても母音に用いられた。

アンゲアサス・ダイロン

ケアサス・ダイロンに追加と改良が施され、文字の形状と音価が体系的になるように再編されたキアスのアルファベットのこと。このアンゲアサスを完成させたのはダイロンと言われているが、主要な追加部分である13~17番(ch-系列)と、23~28番(kw-系列)の二系列はシンダール語にはない音を表すのに使われたため、この部分はエレギオンノルドールの考案と思われる。
この再編には明らかにフェアノール文字の影響があった。すなわち以下の原則に基づいている。

  • 枝にストロークが加わることで、声(voice)が加わる。
  • ケアスが反転することは、閉鎖が開いて摩擦音になること(opening to a ‘spirant’)を示す。
  • 軸線の両側に枝を置くことで、声と鼻音性(nasality)が加わる。

フェアノール文字と同様の子音の系列に並べ直すと、以下のようになる。

p-系列t-系列ch-系列*8k-系列kw-系列
無声閉鎖音1 p/p/8 t/t/13 ch/tʃ/18 k/k/23 kw/kw/
有声閉鎖音2 b/b/9 d/d/14 j/dʒ/19 g/ɡ/24 gw/ɡw/
無声摩擦音3 f/f/10 th/θ/15 sh/ʃ/20 kh/x/25 khw/xw/
有声摩擦音4 v/v/11 dh/ð/16 zh/ʒ/21 gh/ɣ/26 ghw/ɣw/, w/w/
有声鼻音6 m/m/12 n/n/22 ŋ/ŋ/27 ngw/ŋw/
7 (mh/ṽ/), mb/mb/38 nd/nd/17 nj/ndʒ/33 ng/ŋɡ/28 nw/nw/
その他子音
29 r/r/30 rh/r̥/31 l/l/32 lh/l̥/
34 s/s/35 s/s/36 z/z/, ss/ss/
54 h/h/
  • 5・6・7番は上記の原則から外れた音価が与えられた。古いシンダール語において、mは軟音変異(soft mutation)によって摩擦音化したmh*9になった。このmhを表すにはmのケアスを反転させることが最も適当だったが、5番は左右対称の形なので、6番にmを、7番にmhの音をあて*10、5番には代わりにhw(無声のw)の音をあてた。また7番のmhはエルフ語の時のみの音価とされており、それ以外の言語では子音の組み合わせmbを表す。*11
  • 30番はrh(無声のr)、32番はlh(無声のl)を表す。
  • 34・35番はどちらもsを表す(フェアノール文字29・30番と同様)。
  • 36番は理論的にはzの音を表すが、クウェンヤとシンダール語ではzの音が無くなったので、代わりに二重の子音ssを表した(フェアノール文字31・32番と同様)。
  • 38番は頻出する音連続(sequence)のndを表した。ただしケアスの形状の点では、歯音系列(t-系列)の8~12番とは関連がない。
母音と半母音
39 i, y/j/42 u46 e48 a50 o
43 ū47 ē49 ā51 ō
44 w/w/5 hw/ʍ/
45 ü52 ö
  • 43・47・49・51番は長母音。長母音īやȳをどう表記するかは不明。
  • 39番は母音iまたは子音y/j/を表す。
  • 44番は子音w。上述の通り5番は無声のwであるhw。
  • 45番はウムラウトのüで、シンダール語の母音y/y/のこと。
  • 52番はウムラウトのöで、古いシンダール語の母音œのこと(二重母音のoeではない)。*12

番号は振られていないが、アンゲアサスの表には以下の文字も載せられている。

  • th/tʰ/やkh/kʰ/のような有気音を表すために、「+h」を示す短い縦線をケアスの右下に添えた。
  • 「&」を表すケアス。

アンゲアサス・モリア

アンゲアサス・ダイロンはエレギオンノルドールと交流のあったモリアドワーフに伝わり、彼らはアンゲアサスに変更を加えた上でこれを使用した。このアンゲアサスを特にアンゲアサス・モリアと呼ぶ。ドワーフが施した変更によって、キアスの形状と音価は一部で体系的ではなくなった。

p-系列t-系列ch-系列k-系列kw-系列
無声閉鎖音1 p/p/8 t/t/13 ch/tʃ/18 k/k/23 kw/kw/
有声閉鎖音2 b/b/9 d/d/29 j/dʒ/19 g/ɡ/24 gw/ɡw/
無声摩擦音3 f/f/10 th/θ/15 sh/ʃ/20 kh/x/25 khw/xw/
有声摩擦音4 v/v/11 dh/ð/30 zh/ʒ/21 gh/ɣ/26 ghw/ɣw/, w/w/
有声鼻音6 m/m/22,53 n/n/36 ŋ/ŋ/27 ngw/ŋw/
7 (mh/ṽ/), mb/mb/33 nd/nd/38 nj/ndʒ/37 ng/ŋɡ/28 nw/nw/
その他子音
12 r/r/31 l/l/32 lh/l̥/
54 s/s/17 z/z/
34 h/h/35 ’/ʔ/
  • アンゲアサスに新しいキアス(37・40・41・53・55・56番、以下太文字)を導入した。これらのキアスはドワーフのみが使用した。
  • クズドゥルの語頭にある、母音を伴う声門摩擦音と声門閉鎖音*13を表すため、34番をh/h/、35番を’/ʔ/とする。sは54番を用いる。
  • jとzhは29・30番を用い、14・16番は捨てる。無声のrをどう表記するかは不明。
  • rには12番を、nには53番を用いる。また形状が似る22番も混同でnに使用される。
  • ŋは36番を用い、zは17番を用いる(sとzで形状に類似性を持たせる)。
  • njには38番を、ndには33番を、ng/ŋɡ/には37番を用いる。
母音と半母音
39 i42 u46 e48 a50 o55
43 ū47 ē49 ā51 ō56
40 y/j/41 hy/j̊/44 w/w/5 hw/ʍ/
45 ü52 ö
  • 子音y/j/は40番で表し、39番の母音iと区別する。
  • 40番を反転させた41番はhy(無声のyであり、/ç/に似た音)を表す。
  • 55・56番は、元々は46番を半分にしたもので、英語のbutter/bʌtə/で聞かれるような母音(vowels)*14を表すのに用いる。 弱くかすかに発音される場合は、軸線もなく、単にストロークのみで表記される場合が多かった。

アンゲアサス・モリアはマザルブルの間の墓碑銘、及び『指輪物語』の標題紙に用いられている。それらの表記には以下の特徴がある。

  • nには22番のみが用いられている。
  • 英文では35番をsに使用する(恐らくsとhの音の割り当てが逆転している)。
  • 英語のson/sʌn/のoは56番、定冠詞the/ðə/のeは55番。またtranslated/tɹɑːnzleɪtɪd/のeにはストロークのみの56番が使用されている。
  • 英語のbook/bʊk/のooは長母音ōの51番で表す。

アンゲアサス・モリア(エレボール・モード)

エレボールドワーフはアンゲアサス・モリアに更に変更を加えたものを使用した。これはエレボール・モード(the mode of Erebor)として知られる。追補Eで述べられている変更箇所は以下の通り。この他にも文字の異なる音価や特異なエレボール式キアス(Ereborian cirth)があるが、追補Eではそれらは「マザルブルの書」に例示されているとしている。

  • jとzhの音には再導入した14・16番を用いる。
  • 29・30番はgとghを表すか、19・21番の異体字として用いる。
  • 43番をzに用いる。長母音ūの表記は不明。
  • 17番はks(x)に用いる。
  • psを表す57番、tsを表す58番のエレボール式キアスを導入する。

マザルブルの書での英文の表記では以下の特徴がある。

  • マザルブルの間の墓碑銘と同じく、sには35番が*15、hには54番が用いられている。
  • 38番を母音(及び半母音)の組み合わせou(ow)に用いる。またai(ay), au*16, ea, eu(ew), oaを表すキアスが存在する。
  • 二重のlを表すケアスが存在する。
  • gは29番を用いる。ただしforged/fɔːdʒd/のgは19番、bridge/bɹɪdʒ/のgは14番。
  • bright/bɹaɪt/の黙字のghは21番。
  • nは判読できる限りでは22番のみが用いられている。
  • 黙字のe、曖昧母音のe、過去形edのeはいずれも55番。
p-系列t-系列ch-系列k-系列kw-系列
無声閉鎖音1 p/p/8 t/t/13 ch/tʃ/18 k/k/23 kw/kw/
有声閉鎖音2 b/b/9 d/d/14 j/dʒ/19,29 g/ɡ/24 gw/ɡw/
無声摩擦音3 f/f/10 th/θ/15 sh/ʃ/20 kh/x/25 khw/xw/
有声摩擦音4 v/v/11 dh/ð/16 zh/ʒ/21,30 gh/ɣ/26 ghw/ɣw/, w/w/
有声鼻音6 m/m/22,53 n/n/36 ŋ/ŋ/27 ngw/ŋw/
7 (mh/ṽ/), mb/mb/33 nd/nd/37 ng/ŋɡ/28 nw/nw/
57 ps/ps/58 ts/ts/17 ks/ks/
その他子音
12 r/r/31 l/l/32 lh/l̥/ll
54 s/s/43 z/z/
34 h/h/35 ’/ʔ/
母音と半母音
39 i42 u46 e48 a50 o55
47 ē49 ā51 ō56
40 y/j/41 hy/j̊/44 w/w/5 hw/ʍ/
45 ü52 ö
ai(ay)
eu(ew)au38 ou(ow)
eaoa

また次のような略式の表記も確認できる。

  • 上側に置いた短い縦線で、定冠詞theを表す。
  • 4番(v)は単体で前置詞of/ɒv/を、同じく43番(z)はbe動詞のis/ɪz/を表す場合がある。33番(nd)がendを表す場合もある。
  • 47番(ē)がseek, deepのeeを表す。51番(ō)はtook, pool, soonのooも表す。
  • 三ページ目では、22番の下に横線を置くことでcannotのnnを、同様の表記をした48番でFrár, Náliの長母音āを表す。*17

キアスを用いた数字の表記も確認できる。

  • 39, 50, 52, 上下反転した51, 22番の下に点一つを置くことで、数字の1, 2, 3, 4, 5を表す。
  • 三ページ目の左上には、縦線が六本並べられている。これは6を表す可能性がある。

The Letters of J.R.R.Tolkien』のLetter 118にもエレボール・モードのキアスで英文が書かれている。そこから分かることは以下の通り。

  • マザルブルの書と同じくsは35番、hは54番、nは22番。
  • Hughの黙字のghは30番。
  • 文字の上に曲アクセント記号[ˆ]のような記号を置くことで、その文字が二重になることを示す(happy)。
  • Christmasのch(hは黙字)は、18番(k)に「+h」を示す短い縦線を添えて表記。
  • runesの黙字のeは55番。

その他のルーン文字

『The Hobbit』のルーン文字

The Hobbit』では、上記のキアスとは異なるルーン文字がスロールの地図と、オリジナルのカバーのイラストに使用されている。このルーン文字についてトールキンは同書の冒頭にある著者註で以下のように説明している。*18

  • 本書に登場する英語のルーン文字は、ドワーフのルーン文字の代用である。
  • 基本的に現代の文字(作中で読み上げられるスロールの地図の文章)と比較すれば解読は出来る。ただし地図上にはXを表す文字*19は出てこない。
  • IとUの文字は、JとVにも用いられる。
  • Qはないので、CWで代用する。
  • Zもないが、必要ならドワーフのルーン文字のZ*20を用いてもよい。
  • 現代の文字では二文字で表される音(二重音字)であるth, ng, eeは、ルーン文字では一文字で表す。同様にeaやstを表す文字*21が使用される場合もある。

また『The Letters of J.R.R.Tolkien』のLetter 25(1938年)では、「三十二文字から成るアルファベットであり、アングロ・サクソンの碑文のルーンと似ているが、同一ではない。」*22としている。
『The Hobbit』で使用された英語のルーン文字については、『ホビット ゆきてかえりし物語』に一覧表が収録された。

『ホビット』のルーン文字

以下はスロールの地図のルーン文字についての補足。

  • door/dɔː/のooと、walk/wɔːk/のaにはOの文字が使われている。
  • last/lɑːst/のaには、アングロサクソン・ルーンのacと同じ形の文字が使われている。
  • Dの文字には異体字がある。

The Letters of J.R.R.Tolkien』のLetter 112は同様のルーン文字によって書かれた手紙である。以下はその補足。

  • この手紙ではSの文字を左右反転したものが二重音字のshを表す。*23
  • nextのxは上記の説明とは異なる文字が使用されている(上掲のルーン文字の表の右側)。
  • dwarvish, cover, veryのvにはUのルーン文字の異体字が使われている。ただしnoveber, eveningのvはUと同形。
  • 文字の下に点を一つ置くことで、その文字が二重になることを示す。(Hobbit, appears)
  • road/rəʊd/のoaはアングロサクソン・ルーンのacと同じ形の文字が使われている。

「ゴンドリンのルーン文字」

トールキンが恐らく1920年代に考案したと思われる、Gondolinic Runesゴンドリンのルーン文字)と題されたルーン文字。『The Treason of Isengard』でその存在が言及されている。
クリストファー・トールキンがPaul Nolan Hydeに資料を送り、1992年のMythlore誌にこのルーン文字についての記事が掲載された。また2004年のParma Eldalamberon 15にも記事が掲載された。下の画像はLisa StarのウェブサイトTyalie Tyelelliévaに掲載された一覧表である。
アンゲアサスとは全く異なるが、文字の形状と音が関連性を持つという特徴は共通している。ただし、このルーン文字は結局作品中には登場しなかった。*24

子音 母音

子音
t/t/p/p/ch/tʃ/k/k/
d/d/b/b/j/dʒ/g/ɡ/
th/θ/f/f/sh/ʃ/h/h/
dh/ð/v/v/zh/ʒ/χ/x/
n/n/m/m/ŋ/ŋ/
mh/m̥/ŋh/ŋ̊/
r/r/rh/r̥/l/l/lh/l̥/
s/s/z/z/
w/w/y/j/
ƕ,hw/ʍ/ꜧ,hy/j̊/x,ks/ks/

mh, ŋh, rh, lh, hw(ƕ), hy(ꜧ)は無声のm, ŋ, r, l, w, yを表す。

母音
短母音aeiou
長母音āēīōū
前舌化母音
短母音æœy
長母音ǣœ̄ȳ

æ, œ, yは前舌化したa, o, u(ウムラウトのä, ö, ü)であり、/æ/, /ø-œ/, /y/の音。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

グラムドリングアンドゥリルにはアンゲアサス・ダイロンで銘が刻まれている。
モリア内部の壁には多数のキアスが刻まれ、マザルブルの書にもエレボール・モードのキアスが書かれている。
グロンドサウロンの口の兜にもキアスが刻まれている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 雑感1。certh(単数形、一文字)、cirth(certhの複数形、複数の文字)。certhasは要はアルファベットのこと。現実のルーン文字のフサルク(fuþark)に相当する語。アルファベットの一覧では文字を並べるので、ルーン文字の列(Rune-rows)と訳される。Angerthasはang(長い)+certhas。特定の言語だけでなく多言語に対応できる拡張版certhas。多くの音を表すためにその分だけ文字が多くなる→文字の列が長くなる→長いcerthas。 -- 2017-01-16 (月) 03:31:03
  • 雑感2。フェアノール文字に比べると、トールキンが書いたキアスの文のサンプルは少ない。実はバーリンの墓碑銘のクズドゥルを除けば英文しかない。 -- 2017-01-16 (月) 03:37:58
  • 雑感3。アンゲアサス・モリアでのhとsの文字については、追補編の説明とは音の割り当てが逆転している(そういった傾向があったとも説明されている)。雑感2のように基本的に英文のサンプルしかないので断言できないが、35をS、54をhに使うのは、英文のみでの使い方ではないかと思う。 -- 2017-01-16 (月) 03:45:23
  • 雑感4。アンゲアサスに長母音īとȳの文字がないのは不備としか思えない(特にī)。アンゲアサス・ダイロンでのクウェンヤのhyの表記は?同じくアンゲアサス・モリアでの無声のr(クウェンヤとシンダール語に現れる音)は?更にエレボール・モードでの長母音ūは?どうもアルファベットとしては未完成の感が拭えない。 -- 2017-01-16 (月) 03:56:16
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シンダール語での名(複数形)。単数形ケアス(Certh)。certhの語は切る(cut)、裂く(cleave)を意味するエルフ語の語幹√KIRから派生した。
*2 クウェンヤでの名(複数形)。単数形はCerta(ケアタ)
*3 例としてマザルブルの書
*4 例として黄金館の床模様、マークの角笛
*5 しかも樹皮には、悪しき者たちの文字(evil runes)や、かの目を形どった恐ろしい印が乱暴な線で刻まれていました。二つの塔 下』「四 香り草入り兎肉シチュー」イシリアンでのモルドールの痕跡
*6 シルマリルの物語』「第十章 シンダールのこと」
*7 無論、エルダールの間でキアスが完全に廃れて失われたわけではない。例えば裂け谷で鍛え直されたアンドゥリルの剣身や、ガラドリエルから贈られた鞘にはルーン文字(キアス)が刻まれていた。
*8 この子音の系列の名称は追補Eには登場せず、あくまでも便宜上のものである。
*9 鼻音化したvの音/ṽ/とも定義される。
*10 後にmhは通常のvの音となったらしく、作中のラテン文字の綴りでもmの軟音変異はvと表記されている。ただし「王の手紙」のシンダール語の文章ではmhがフェアノール文字で表記されており、恐らくアンゲアサスでもmhのvは変わらずに7番で表記されると思われる。
*11 エルフ語であってもmhを用いないクウェンヤも同様か?
*12 この古い母音œは後にeの音に変化した。46番を用いるようになったかは不明。
*13 原書での説明は以下の通り。「h, ’ (the clear or glottal beginning of a word with an initial vowel that appeared in Khuzdul).」 clearとは調音において声門以外で狭めを作らない「声門摩擦音」を、glottalは逆に声門で閉鎖を作る声門閉鎖音を指すと思われる。
*14 このような母音はクズドゥル西方語に頻出するとされる。
*15 判読できる限りでは34番は使用されていない。
*16 out/aʊt/の語に用いられている。
*17 49番は用いられていない。
*18 この註は1966年の原書第3版の改訂で加えられた。邦訳は第3版を底本とする原書房の『ホビット ゆきてかえりし物語』で読める。第2版を底本としている岩波書店の『ホビットの冒険』には収録されていない。
*19 アンゲアサスの22番と同形のもの
*20 アンゲアサスの17番
*21 eaはアンゲアサスの27番と同形のもの
*22 were comprised in an alphabet of thirty-two letters (full list on application), similar to, but not identical, with the runes of Anglo-Saxon inscriptions.
*23 増補改訂版である『新版 ホビット ゆきてかえりし物語』では、上掲のルーン文字の表にSHの文字が追加された。
*24 ホビットの冒険』では、ゴンドリンの剣であるグラムドリングオルクリストに刻まれたルーン文字をガンダルフは読むことが出来ず、裂け谷エルロンドに解読してもらったが、このルーン文字と設定されていたのかは不明。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-16 (月) 03:56:17 (639d)