ガラドリエル

概要

カテゴリー人名
スペルGaladriel
その他の呼び名ロスローリエンの奥方(Lady of Lothlórien)
ガラズリムの奥方(Lady of the Galadhrim)
黄金の森の奥方(Lady of the Golden Wood)
森の奥方(Lady of the Wood)
白の奥方(White Lady)
黄金の森の女妖術師(Sorceress of the Golden Wood)*1
アラターリエル(Alatáriel)
アルタニス(Artanis)
ネアウェン(Nerwen)
ガラズリエル(Galadhriel)
種族エルフノルドール
性別
生没年不明(二つの木の時代~)
フィナルフィン(父)、エアルウェン(母)
兄弟フィンロド・フェラグンドオロドレスアングロドアイグノール(兄)
配偶者ケレボルン
ケレブリアン(娘)

解説

フィナルフィンエアルウェンの娘。フィンロド・フェラグンドオロドレスアングロドアイグノールの妹。
夫のケレボルンとの間に生まれた一人娘のケレブリアンは、エルロンドの妻となる。そのためエルラダンエルロヒアアルウェンは孫にあたる。

ヴァラールに反逆して中つ国へと帰還してきたノルドールの指導者の一人。第三紀にはロスローリエンの奥方と呼ばれ、中つ国に残るエルフの中で、もっとも力ある上のエルフの一人となっていた。エルフの三つの指輪の一つ、水の指輪ネンヤ守護者

樹身の下に置かれた二つの椅子には生きた枝を天蓋にして、ケレボルンとガラドリエルが並んで坐っていました。二人は客人たちを迎えるために立ち上がりました。たとえ強大な力を持つ王侯といえども、これがエルフの作法でした。二人ともそれは背が高く、奥方も背の高さでは殿にひけをとりませんでした。また二人ともそれは美しく、それはおごそかでした。二人とも全身白ずくめの衣装をまとっていましたが、髪は奥方のは深い金色、ケレボルンの殿のは長い輝く銀髪でした。しかし二人のうちどちらにも老齢のしるしは見られません。ただそれは二人の目の深さにのみうかがわれました。その目は星の光にきらめく槍のように鋭く、しかも深い記憶を蔵した井戸のように深々とみえました。*2

「殿はこの世の黎明の日から西のかたに住まい、わらわもまた数えることもできないほど長の年月を殿とともに生きてきました。ナルゴスロンドあるいはゴンドリンの没落以前にわらわは霧ふり山脈を越え、われらは時代の移り変わる中を長い敗北の戦いを戦ってきたのです。」*3

二つの木の時代のガラドリエル

二つの木の時代アマンエルダマールで生まれる。父はノルドール上級王フィンウェの息子フィナルフィン。母はアルクウァロンデテレリの王オルウェの娘エアルウェン。また、父方の祖母はヴァンヤール上級王イングウェの縁者インディス。このためガラドリエルは、父方からヴァンヤールの金髪を、母方からテレリの銀髪を受け継いでおり、その髪は金の木ラウレリン銀の木テルペリオンの光が混ざり合ったようだと讃えられた。
彼女はヴァリノールエルダリエの中にあっても抜きん出た存在であり、闘技に優れ、肉体的にも精神的にも強い力を持っていた。

フェアノールとは常に不仲であった(『終わらざりし物語』によると、その髪の光輝に魅せられたフェアノールが髪の毛を分けてほしいと三度頼んだが、彼女は頑なに拒み*4、それがフェアノールにシルマリルを制作することを思い立たせたという)。だがティリオンでフェアノールが、復讐とシルマリル奪還のためモルゴスを追跡して中つ国へ帰還することを呼びかける演説を行うと、ガラドリエルはそれに触発されて未踏の中つ国の原野への憧憬と、そこに自分の王国を打ち立てるという野心を掻き立てられる。

父のフィナルフィンアルクウァロンデ同族殺害とそれに下されたマンドスの呪いに後悔し、進軍を取り止めてアマンへ引き返したが、ガラドリエルを含む五人のフィナルフィンの子らは、フィンゴルフィンの子らへの愛情から進軍を続けることを選ぶ。かれらはフェアノールに裏切られてアラマンに置き去りにされても、ノルドールの大多数を指揮してヘルカラクセを横断し、中つ国への帰還を果たした。

第一紀のガラドリエル

第一紀ベレリアンドでは、はじめ兄フィンロドと行動を共にしていたが、やがて客人として訪れたドリアスケレボルンと出会い、その地に移り住む(フィナルフィンの子らはエアルウェンを母に持つ関係からシンゴル王の縁者でもあり、ドリアスで歓迎された)。そしてドリアスの女王であるマイアメリアンから多くの教えを受けた。
フィンロドが建造したナルゴスロンドにも一時滞在したことがある。

ドリアス以後のガラドリエルとケレボルンの足取りは不明瞭である。『指輪物語』本文中で彼女は第一紀の)ナルゴスロンドあるいはゴンドリンの没落以前に霧ふり山脈を(東に)越えと述べている。だが『追補編』および『シルマリルの物語』の記述によれば、二人が青の山脈以東に入ったのは第二紀以降のこととなる。

いずれにせよ、宝玉戦争で彼女以外のノルドールの指導者達は死に絶えた。最後の一人となったガラドリエルは、ベレリアンドの崩壊後も(ヴァラールの憐れみをよしとしない誇りのためか、中つ国への愛着のためか)中つ国に留まることを選んだ。

第二紀のガラドリエル

第二紀以降のガラドリエルの行動についても幾つか説があり、はっきりしていない。

終わらざりし物語』によれば、一時期霧ふり山脈西方のエレギオンに住んでいたとある。ガラドリエルは、閉ざされる以前のカザド=ドゥーム(モリア)ドワーフとも親交があり、直接カザド=ドゥームを訪れたこともあったようである(『指輪物語』でケレド=ザラムの水は暗く、キビル=ナーラの泉は冷たい。そして山の下の強大な王の没落する日まで、上古の世のカザド=ドゥムの柱立ち並ぶ数々の広間のなんとみごとであったことでしょう。と述べている*5)。

サウロン一つの指輪の存在が明らかになったとき、三つの指輪を分散して隠すようケレブリンボールに勧めたのはガラドリエルであるとされる。ガラドリエルはケレブリンボールから水の指輪ネンヤを受け取り、以後この指輪の守護者となった。

第三紀のガラドリエル

第三紀1981年にアムロスニムロデルが失踪すると、ガラドリエルとケレボルンは、統治者のいなくなったロスローリエンに迎えられ、この地を治めるようになる。だが二人は君主としての称号を帯びることをせず、あくまでガラズリムの指導者かつ守護者としての立場に留まった。
ロスローリエンの地でガラドリエルは、第三紀中つ国エルフの中で、最も力ある者となった。彼女はネンヤの力を使い、ロスローリエンが過ぎ去った上古の世を偲ぶ避難所となるように心を配ったが、中つ国から次第にエルフの力が消失し、ロスローリエンに保たれていた上古の世の夢が急速に灰色の目覚めに向かっていることを悟ると、悲嘆と不安に満たされた。また、ネンヤの作用は彼女の秘められた西方への郷愁を増大させもした。

一方、蘇ったサウロンの脅威に対抗するため、ガラドリエルは2463年にエルフ魔法使いの賢者らを招集して白の会議を結成する。ガラドリエルは議長に灰色のガンダルフを推したが、彼が辞退したため、白のサルマンが議長となった。
2510年にゴンドールを援助するためケレブラントの野の戦いに向かっていたエオセオドの軍勢がドル・グルドゥアの影に脅かされた際には、ロスローリエンより黄金の霧を送り出してエオセオドを助けるなどしている。

指輪戦争のガラドリエル

指輪戦争ではモリアを抜けてきた指輪の仲間ロスローリエンに匿い、かれらに助言と助力を与えて送り出した。

ガラドリエルは一行の一人ひとりの心に語りかけ、彼らの内心の願望を確かめさせるとともに彼らの決意を試す(この時ボロミアは自らが一つの指輪を欲していることを自覚し、以後その誘惑に苦しむようになる)。
また、フロド・バギンズサムワイズ・ギャムジー水鏡を見せ、サムワイズには故郷ホビット庄に迫る危機の、フロドには中つ国の歴史の断片と、指輪所持者を捉えようとするサウロンの目のビジョンをそれぞれ垣間見させた。
この時ガラドリエルは、彼女もまた一つの指輪の力を自分が使ってみたいという欲望を抱えていることをフロドに指摘され、一つの指輪を差し出される。ガラドリエルはそれを認めるが、試練と誘惑に打ち勝ち、小さくなって西方に去ることを受け入れた。
一行が出立する時、彼女はナマリエの歌にヴァリノールへの憧憬を歌い、また宴に一行を招いて祝福を与えると共に、優れた贈り物を授けた(後述)。

また彼女は水鏡によって、バルログと戦って果てたガンダルフが送り返されたのを見届け、グワイヒアを派遣して彼をケレブディルの頂から救い出す。ロスローリエンでガンダルフは治療され、白の衣に装われた。この時ガラドリエルは、アラゴルンレゴラスギムリへの助言をガンダルフに言付けている。

一つの指輪が破壊されサウロンが滅ぼされると、ガラドリエルはケレボルンが指揮するロスローリエンの軍勢と共に進み、ドル・グルドゥアの要塞を破壊して浄化した。
そしてケレボルンやエルロンドたちと共にミナス・ティリスまで赴き、エレスサール王アルウェンの結婚式に参列。ゴンドールからローハンへのセオデンの葬列にも参加して一時エドラスに滞在した後、アイゼンガルド木の鬚に会ってから、他の者に別れを告げ、ケレボルンと共にロスローリエンへと戻った。この時、波の下に横たわる地が再び持ち上がることを予言している。

だがガラドリエルは力の指輪の力が失われていくのを感じ、第三紀の終わり3021年9月22日に、他の三つの指輪の守護者指輪所持者たちとともに灰色港よりアマンへ去った。
彼女はヴァラールに反抗して中つ国へと向かったことの浄罪として、アマンの大陸ではなくトル・エレッセアにとどまったという。

多数の名前の意味

アルタニス(Artanis)
クウェンヤで「高貴な女(noble woman)」の意。父フィナルフィンが与えた「父名」。
ネアウェン(Nerwen)
クウェンヤで「男勝りの乙女(man-maiden)」の意。母エアルウェンが与えた「母名」。
アラターリエル(Alatáriel)
テレリ語で「輝く花冠をつけた乙女(maiden crowned with a radiant garland)」の意。夫ケレボルンが与えたエペッセ「後の名」で、彼女の髪にちなむ名。クウェンヤ形はアルターリエル(Altáriel)。
ガラドリエル(Galadriel)
アラターリエルのシンダール語形。彼女はこの名を中つ国における名として用いた。
ガラズリエル(Galadhriel)
彼女がロスローリエンガラズリム(Galadhrim)を統治していることから生じた、誤った呼び名*6。ロスローリエンではこの名は用いられなかった。

ガラドリエルの贈り物

指輪の仲間ロスローリエンを出立する際、ガラドリエルが一行に与えた贈り物。これらは旅の間や旅の後を通じて、彼らの助けとなった。

ガラドリエルの来歴についての異説

トールキンの生前に刊行された『指輪物語』では、彼女の来歴は非常に断片的にしか語られていない。トールキンの死後、子息のクリストファーによって編纂・出版された『シルマリルの物語』ではより詳しいことが述べられているが、トールキン自身は最晩年に至るまで大小さまざまな異同を含んだ案をいくつも残しており、『指輪物語』と『シルマリルの物語』の間にも少なからぬ曖昧な点や矛盾が残されている。ガラドリエルの来歴に残された問題点については『終わらざりし物語』に詳しい。

『終わらざりし物語』に収録されているトールキンの最晩年の草稿によれば、ガラドリエルは(『シルマリルの物語』で述べられていることとは大きく異なり)フェアノールの反逆からもノルドール族の離反からも距離をとり、ケレボルンとともに単独で中つ国への帰還を果たしたことになっている。
彼女とケレボルンはアルクウァロンデファルマリの側に立って同族殺害に抵抗して戦い、その後無事だったファルマリの船に乗って中つ国の岸辺に辿り着いた。そして第一紀が終わる以前に、中つ国に残されたエルフの教化に努めるために青の山脈を越えて東方に勢力を築いたのだとされる*7
これらは『シルマリルの物語』や『追補編』に述べられている内容とは隔たりが大きく、晩年のトールキンの構想の変化を示す好例の一つである。

画像

アラン・リー作画によるガラドリエル、フロド、サムと、ガラドリエルの鏡 寺島龍一作画によるガラドリエル、フロドと、ガラドリエルの鏡のヴィジョン

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

「当時の中つ国に住まう者の中で、最も知識あるもの」ということで、第一部冒頭のナレーションを行っている(ナレーションの中に、原作で木の鬚の台詞であった言葉も含まれている)。

王の帰還』ではキリス・ウンゴルにて、フロドがガラドリエルの幻影を見て立ち上がる場面がある。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるガラドリエル『ロード・オブ・ザ・リング』におけるガラドリエル『ロード・オブ・ザ・リング』におけるガラドリエル

グッズ

映画『ホビット』における設定

俳優ケイト・ブランシェット
日本語吹き替え塩田朋子

原作には登場していないが登場。
『思いがけない冒険』で、サルマンが召集した、裂け谷で開催された白の会議に出席している。
『竜に奪われた王国』では、ドル・グルドゥアの勢力についての警告をガンダルフに伝えている。その結果ガンダルフは一時トーリン・オーケンシールドと行動を別にし、ルダウアにあるナズグールの塚へと確認に向かった。
『決戦のゆくえ』では、ドル・グルドゥアに捕らえられたガンダルフの救出に現れる。その後玻璃瓶を手にし、サウロンをドル・グルドゥアから撃退している。その際に力を使い果たしてしまい、『ロード・オブ・ザ・リング』では表舞台には立てなかったという設定になった*8

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるガラドリエルのデザイン 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるケレボルンとガラドリエル 6c1505a72204195794832848b8bf1f7d--galadriel-fantasy-characters.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エルフの指輪をもっていたから、サウロンの誘惑に、本当は負けてるのでは? -- 2017-01-14 (土) 05:07:42
    • 「試練に耐えた」とか言ってましたけど・・・ -- 2017-01-14 (土) 23:21:19
      • それは「一つの指輪を手に入れたい」という誘惑という試練に勝ったということですね。三つの指輪とサウロンの誘惑は直接は関係ありません -- 2017-01-15 (日) 01:04:46
    • エルフに与えられた3つは、サウロンに穢されていません。目論見に気づいた製作者(ケレブリンボール)が、隠れて直接ガラドリエルらに渡しましたから。そうでなければガラドリエルらも荒廃していたでしょうね、エルフとはいえど全く野心が無いわけじゃないのですから。 -- 2017-01-30 (月) 18:33:28
  • 何歳なんだろ? -- 2017-05-23 (火) 21:34:15
    • 「大いなる年」の時で8361歳くらいと思われます -- 2017-06-05 (月) 23:58:53
  • ガラ様… -- 2017-06-05 (月) 23:43:20
  • 旅の仲間でギムリとの髪の毛のくだりで見せた笑顔はマジで鳥肌もんだった(●´ω`●) -- 2017-06-14 (水) 19:45:55
  • エルフ耳型イヤフォンかぁ -- 2017-07-05 (水) 19:56:10
  • ガラ様は中つ国に来るときに、旅の大変さも仲間の分裂がどういうことかも身をもって知っているんだと思うと、ロリアンのシーンも全然別の感慨があるなあ。 -- 2017-07-21 (金) 16:56:58
  • ガラ様にしても、夕星姫にしても、ルーシエン姫にしても、“生きとし生けるものの中で最も美しい”って表記があるが、これは最も美しい者が大勢いて、その中の一人って感じなのか? -- 2017-09-25 (月) 22:27:12
    • モルゴスやカルハロスやアンカラゴンの大きさと同じようなもんで曖昧なものだと思うぞ、とにかく美人ぞろいのエルフの中でも図抜けて美人とでも思っておけばいい -- 2017-09-25 (月) 22:47:53
    • ルシエンとアルウェンは瓜二つなので同立。アルウェンが夕ならガラドリエルは朝なので、この二人は美しさの方向性が違う。 -- 2017-09-26 (火) 00:07:59
  • 多数の名前の「ガラズリエル」って、どこかに記載ありましたっけ? -- 2017-10-04 (水) 11:47:43
    • 『終わらざりし物語』「ガラドリエルとケレボルンの歴史」Eケレボルンとガラドリエルの名前 の末尾ですね。しかしここにしか出てこない余談的な名称ですので、削除してしまって良いような気もします。 -- 2017-10-04 (水) 17:20:52
      • なるほど、終わらざりしにあるんですね。要は間違いなわけで、それを多数の名に入れるのは、ちょっととは思いますね。解説本文中でさらっと触れるくらいにした方が良いかも。 -- 2017-10-05 (木) 02:56:49
  • 『ロード・オブ・ザ・リングス・オンライン』の項に追加された末尾の画像は、どこから取ってきたものですか?ちゃんと公式の画像だと確認できるものでしょうか? -- 2017-11-25 (土) 19:10:50
  • ゴールドベリの方で、「(ゴールドベリに)会ってみたい」というコメントを見て俺は思った。ガラドリエルにだけは会いたくない、というか視界に入りたくない。 -- 2018-04-23 (月) 11:50:51
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 グリマが悪し様に呼んだもの
*2 指輪戦争 旅の仲間 下』「七 ガラドリエルの鏡」
*3 同上、ガラドリエルの言葉
*4 クリストファー・トールキンは、このエピソードは『指輪物語』でガラドリエルがギムリに自分の髪の毛を与えたというエピソードが書かれた後に考案されたものであろうとしている
*5 指輪物語 旅の仲間 下』「七 ガラドリエルの鏡」
*6 シンダール語のガラド(galad)「輝き」と、ガラズ(galadh)「木」を混同している
*7 この箇所のみナルゴスロンドあるいはゴンドリンの没落以前に霧ふり山脈を(東に)越えという『指輪物語』本編の記述と一致する
*8 『決戦のゆくえ』特典映像にて

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-23 (月) 11:50:52 (86d)