カルドラン

概要

カテゴリー地名
スペルCardolan

解説

シンダール語で「赤い丘の国」の意と思われる。三国に分裂したアルノールのうち南の国。
西はバランドゥイン(ブランディワイン)川、東はグワスロ(灰色川)ミスエイセル(にびしろ川)、北は東街道を国境とした。

イシルドゥアの血統はほどなく絶えてしまい、アルセダインアルゲレブ一世が再びアルノール全土の統治権を主張するとそれに同調する(だがアングマールと結託したルダウアはこれを拒否した)。
第三紀1356年にアルゲレブがルダウアとアングマールの攻撃を受けて討死すると、カルドランはリンドンと共にアルヴェレグ一世を援助して風見丘陵から敵を駆逐する。その後アルセダインとカルドランは協力してルダウアとの国境線(風見丘陵、東街道、ミスエイセル)を武力で保持した。

だが1409年のアングマールの大攻勢によって守りは破られ、カルドランの国土は荒廃する。この時に最後の君主(last prince)が討死し、カルドランのドゥーネダインの残党はティルン・ゴルサド(塚山丘陵)古森に逃れて抵抗を続けた。
1636年には悪疫エリアドールに広がり、カルドラン(特にミンヒリアス)に残っていた住民のほとんどが死に絶えた。これによってカルドランのドゥーネダインは滅び、塚山丘陵にはアングマールとルダウアからやってきた悪霊(塚人)が棲み着くようになった。

指輪物語』作中でフロド・バギンズたち4人のホビット塚人に囚われたは、1409年の戦いで討死したカルドラン最後の君主のものであったらしい。

「むろん覚えておる!」と、かれはいいました。「カルン・ドゥームのやつらが昨夜われらを襲ったのだ。そしてわが陣営は敗れた、ああ! 予の心臓に突き刺さった槍の穂先!」*1

トム・ボンバディルはこの塚山から塚山出土の剣を発掘してホビット達に与えた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • このセリフがとても痛ましい。どれほど無念だったことでしょう -- 2008-01-14 (月) 23:16:58
    • アングマールに滅ぼされたカルドランの最後の王がメリーの口を借りて叫んだのだとしたら、この時既にメリーがアングマールの魔王を剣で貫く事を運命づけられていたとも言えます。原作を初めて読んだ人は「王の帰還」の頃にはすっかり忘れているであろう、ものすごい伏線。 -- 2008-01-25 (金) 23:34:21
      • 伏線というより「御筆先」でしょうね。このように長大な物語にはよくあることです。 -- 2014-01-09 (木) 07:21:13
      • これには気づかなかった。 -- 2016-03-05 (土) 01:40:06
    • 分裂したカルドランで魔王の攻撃に抗い最後まで残った国の王の最後の言葉ですからね。本当に悲痛です。 -- 2012-05-02 (水) 15:28:35
  • ICE設定で同国の末期はバラバラに分裂していたみたいだね。其処に疫病とアングマールの攻撃が加えられていたらしい。 -- 2011-11-16 (水) 16:27:35
    • カルドランの最後の王とされている人物は分裂したカルドラン諸国、最後の国家の最後の王ですから確かに最後の王なんですね。 -- 2012-04-19 (木) 21:35:51
      • 一体どこの誰が最後の王を荘重に葬ったのか気になる所です -- 2014-01-12 (日) 11:23:07
      • 逃げのびたカルドランの残党かカルドランと協力関係にあったアルセダイン国民が、後に葬ったと考えるのが自然でしょう。 -- 2015-08-08 (土) 01:24:15
      • カルドランの残党かアルセダインに逃げ延びたカルドラン国民か、それともアルセダイン国か、そのへんでしょうね -- 2015-12-02 (水) 17:21:43
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 塚から脱出したメリアドク・ブランディバックが口走った台詞。カルドランの亡霊が言わせたものと思われる

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-27 (土) 14:00:59 (717d)