オーク

概要

カテゴリー種族
スペルOrcs*1
その他の呼び名ゴブリン、イルフ(yrch)*2、グラムホス(Glamhoth)*3、ゴルグン(gorgûn)

解説

星々の時代メルコール(モルゴス)が自らの奴隷とするために、捕らえたエルフを堕落させて作った存在であるとも、エルフや人間を真似て作り上げた存在であるとも言われる種族*4
以来オークはイルーヴァタールの子らの醜いまがい、冥王の主だった下僕として、自由の民のもっとも忌まわしい敵となった。

(『追補編』によると)オークという言葉はローハン語に由来し、そのまま西方語の言葉として使われるようになった。シンダール語では単数形オルフ(複数形イルフ)、またはグラムホスと呼ばれ、ドルーエダイン(ウォーゼ)にはゴルグンと呼ばれた。暗黒語ではウルクと呼ばれるが、この語は主に第三紀に現れた大型の兵隊オークを指す。

オークに相当する英語はゴブリンだが、トールキンはこの種族を指すのにオークの呼称を好んだ。

特徴

外見

醜く恐ろしい風貌をしている。肌の色は浅黒や黒または土気色。吊り目で、牙や鉤爪を持つ。体格は概して人間エルフに比べて劣っているが、人間やエルフと遜色のない大柄なオークもいる。血は赤くなく黒い。
トールキンはオークの外見についてモンゴル系の人間を醜悪にしたようなものという記述*5を残している。

能力

暗闇を見通す目と、犬のように利く鼻を持つ。大股で独特の走り方をし、大柄な者でも狭い洞窟内部を屈んだ姿勢のまま素早く走れる。体格は他種族に劣るが、力の強さや足の速さは侮れない。
普通の生物と同じように繁殖して数を増やすことができる。寿命の有無は不明瞭だが、暴力的な生涯のために全うすることは滅多にない。
太陽の光を忌み嫌い、その下では疲弊する。
知識は高くなくても知能は決して低くなく、奸智を働かせて相手を陥れることもできる。しかし意志の力は弱いため、不利な状況や相手の覇気に気圧されると恐慌状態に陥ることが多い。

文明・文化

好戦的で、しょっちゅう争いに身を置いている。農耕や狩猟より略奪を好み、捕らえた捕虜や奴隷に労働を行わせる。機械の類を好む。基本的には独自の文化を持つというより、他種族の文化をオーク流に捻じ曲げて用いることが多い。
オーク特有の武器として弓なりに湾曲した三日月刀と黒い羽根の矢が挙げられる。オークの刃や矢には毒が塗られている場合が多い。
オークのみでは大きな国家というものは作らず、部族単位で力によって支配された集団を作るが、冥王の意志に隷属しているため、その下では統制された大集団を作る。ただしその中でも小規模な内紛は日常茶飯事のようである。

住居

洞窟などに住むことが多い。ドワーフの住居を奪って住み着くこともある。掘削の技能は(ドワーフを除く)他種族に劣らず、洞窟に彼らなりの改良を施す。

歴史

星々の時代、目覚めたエルフの存在を察知したメルコール(モルゴス)が、ウトゥムノの地下牢深くで生み出した種族だと言われている。
オークの存在がエルフ達に初めて知られたのは星々の時代も末期になってからで、主人が帰還する気配に呼応するように中つ国の東方に出没して自由の民を恐れさせた。太陽第一紀にモルゴスが中つ国に帰還してからは、アングバンドに君臨するモルゴスの主要な手勢としてベレリアンドのエルフの諸侯や人間(エダイン)達と戦った。モルゴスが滅ぼされた怒りの戦いでは、ヴァリノールの軍勢にほとんどが滅ぼされたが、少数が遁れて生き残った。
第二紀以降は、モルゴスの跡を継いだサウロンに支配され、その下で再び数を増やしたが、サウロンが最後の同盟に敗北すると小さな集団ごとにばらばらになる。だが第三紀にサウロンが蘇ると、再び彼の意志の下で働くようになった。
モルドールより送り込まれたオーク達は、廃墟となっていたモリアを占拠し、また霧ふり山脈の山道沿いにいくつも拠点を設けて、ロヴァニオンエリアドールの通行を妨げた。それらの拠点は2793年から97年にかけてのドワーフとの戦争によってほとんどが滅ぼされた。さらに2941年の五軍の合戦によって、北方に残っていたオークの大部分も殲滅される。
しかし指輪戦争の頃には、モルドールに戻ったサウロンの支配の下で勢いを盛り返しつつあった。だが一部はサルマンに取り込まれた。

氏族

ウルク=ハイは、第三紀モルドールアイゼンガルドより現れた戦闘用のオークであり、通常のオークよりも大柄で、太陽の光に耐性があった。また小型のオークは、特にウルクよりスナガ(奴隷)と呼ばれた。

言語

オーク語は他種族の言葉をオークが借用して捻じ曲げたものであり、部族ごとの方言が酷かった。そのため第三紀には、オークは部族間の意思疎通のために崩れた西方語を用いた。
暗黒語サウロンがオークをはじめとした配下らの共通語となるように考案したものだが、結局は成功せず、語彙などがオーク語に取り込まれるに留まった。ただし暗黒の塔のオークには崩れた暗黒語を話せる者もいた。

偏見

エルフを憎み、極度に恐れる。他の種族の全て(あるいは自分の種族も)も憎み、蔑んでいる。主人である冥王も憎んでいるが、その力に抗うことができないため、恐れながら付き従う。アイゼンガルドのオークはサルマンに従属している。
とは利害が一致した場合は協力して行動することがある。

登場するオークの名(ウルクも含む)

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

モリアのオーク、アイゼンガルドのオーク、モルドールのオークはそれぞれ異なるコンセプトの元に、姿が異なるようデザインされている。
モリアでのマザルブルの間のように、知能が低いトロルをオークが利用しているようすも描かれている。

登場するオーク(ウルクも含む)

映画オリジナルのオークは太字で示す。

グッズ

映画『ホビット』における設定

原作ではゴブリンの呼称が使われていたが、映画ではグンダバド出身のオークとしてアゾグとその配下などがオークの名で登場。ゴブリン町のゴブリンとは、デザインなどでも差別化が図られている。
五軍の合戦では投石機を運ばせたり、スタンピーなどのように直接操って暴れさせたりするなど、オークがトロルを使役している様子が『ロード・オブ・ザ・リング』よりもさらに描かれている。

一部のシーンを除き、会話には一貫してオーク語を使っている。

登場するオーク(ゴブリンも含む)

映画オリジナルのオークは太字で示す。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ↑オークは元がエルフである説が濃厚なので、不老の可能性が高いです。事実、アゾグの息子ボルグは父の死後 200年以上生きています。しかし、戦でバンバン死にまくるので、アゾグやボルグなどの王族を除いた雑兵の平均寿命はかなり低いでしょう。 -- 2017-06-08 (木) 20:47:24
    • ゴスモグ(モルグル)がオークだと仮定して、ゴスモグ(バルログ)から直に名を受け継いだ可能性が微レ存? -- 2017-06-09 (金) 01:19:29
  • オークに女はいますか? -- 2017-06-14 (水) 19:58:18
    • 少なくとも子供はいるそうです。 『ホビットの冒険』で「ゴクリは(ビルボと会う)4,5時間前にゴブリン(=オーク)の子供捕まえて食った」と説明がある。 なお、「ゴブリンもうまい」ともあるが、あくまでゴクリの味覚基準なので… -- 2017-07-18 (火) 01:47:26
  • エルフ=長子、人間=次子、ドワーフ=養子、オーク=???? -- 2017-07-19 (水) 00:14:37
    • オーク=鬼子 -- 2017-07-19 (水) 23:22:46
  • ホビットの映画で訓練しただけの市民といい勝負をしてたけどあれは昼間だったからなのかな -- 2017-08-20 (日) 13:26:59
    • ホビットは普段はだらけているけど、指輪物語からわかるように本来は機知に富み勇猛果敢、俊敏で運動能力は高い。 -- 2017-09-11 (月) 09:36:24
      • いざとなれば、不撓不屈の戦闘民族だからね。 その真逆がオーク。 不利になればキィキィ泣き叫んで逃げ出す(原作のみ) -- 2017-12-05 (火) 02:20:10
  • 一旗揚げようと自分のお山から出てきてモルドールに加わったけど、自分より強くて狡猾でえげつない奴がうようよいて、下っ端にしかなれなかったオークも沢山いたんだろうな・・・・・ -- 2018-01-07 (日) 23:22:52
  • キリスウンゴルの連中とかウグルクは良いキャラしてたなぁ・・・ -- 2018-01-14 (日) 00:03:44
  • 映画のグンダバド衆はエゲツ無さすぎだぜ。体格も良いし。 -- 2018-04-25 (水) 03:14:09
  • 岩波の「ホビットの冒険」のゴブリンが大砲を作るほど進歩してない云々の箇所については、訳に問題があるので注意。直訳すればこんな感じ。 -- 2018-04-26 (木) 03:41:05
    • ゴブリンは残酷で、陰険で、腹黒い。彼らは美しいものは作らないが、多くの精巧なもの(clever ones)を作る。普段は不精で小汚いが、労を惜しまなければ、熟練のドワーフを除いて誰にも劣らずうまくトンネルや坑道を掘る。槌、斧、剣、短剣、つるはし、挟み(tongs)、それに拷問具をとても上手に作り、または他の者に設計通り作らせる。(他の者とは)捕虜や奴隷で、彼らは空気と光が不足して死ぬまで働かなくてはならない。世界に問題をもたらしている機械の幾つか(some of the machines that have since troubled the world)、特に一度に大勢の人々を殺す画期的な装置を発明したのが彼らでもおかしくはない。車輪や機関や爆発(wheels and engines and explosions)は彼らをいつも喜ばせるし、必要以上に自分の手を動かさずに済むからだ。だがこの時代の、この野蛮な地方(those wild parts)では、彼らはそこまで(いわゆる)進歩はしていなかった。(they had not advanced (as it is called) so far.) -- 2018-04-26 (木) 03:41:44
    • トールキンはここを第一次世界大戦以降の兵器を念頭に書いたように思われる(いかにもオークが好みそうな殺戮マシーンだ!みたいに)。 -- 2018-04-26 (木) 03:56:53
    • 現在のような大量破壊兵器があれば、連中は嬉々として使用したろうな。 そして、はるかに混沌とした世の中になったろうな。 -- 2018-05-04 (金) 08:32:03
  • 映画版 ボルグはトーリンがオークの死体投げなければレゴラス殺してたし、個体差が大きいけど 実はかなり強靭な種族なんだろうなぁ。一応腐ってエルフなんだから 第一紀のオークなら第三紀のエルフ程度なら軽く捻り殺せるかも知れない。 -- 2018-05-12 (土) 21:14:37
    • 映画の設定ではグンダバドのオークは純血種。第一紀のオークはみんなボルグアゾグのような屈強な連中だった可能性がある -- 2018-05-13 (日) 00:30:43
      • 第一紀のオークは怒りの戦いで最終的には枯れ葉を散らすように容易くやられたというし、その時はごく普通にいて前線に配置されてたボルグアゾグクラスが一気に殲滅されたんだろうな -- 2018-05-13 (日) 11:23:39
  • 第一紀のエルフドワーフ人間はバルログやらドラゴンやらとタイマン張れる犯罪級のチート揃いだからオークたちが易々と屠られたのもしゃーないわな。でもアゾグボルグをもっと凶暴に狡猾に強くした一紀のオークならレゴラスとか力が劣化したエルフなら完封できそう。 -- 2018-05-13 (日) 16:07:57
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 'Orc'はトールキンの造語で、『ベーオウルフ』に登場する「怪物、魔物」を意味する古英語のorc-nass、orc=pyrsから取られた。トールキンは'Ork'とも表記している
*2 シンダール語。単数形オルフ(orch)、集合名詞Orchoth(オルホス)
*3 シンダール語で「やかましい群れ(din-horde)」、「騒々しい奴ら(host of tumult)」の意味
*4 オークの由来については『シルマリルの物語』『The History of Middle-earth』などに、細部が異なるいくつかの説が紹介されている。
*5 The Letters of J.R.R.Tolkien』Letter#210。原文:'The Orcs are definitely stated to be corruptions of the 'human' form seen in Elves and Men. They are (or were) squat, broad, flat-nosed, sallow-skinned, with wide mouths and slant eyes: in fact degraded and repulsive versions of the (to Europeans) least lovely Mongol-types.' オークは間違いなく、エルフや人間に見られる「人」型を歪めたものといえる。彼らはずんぐりとして、体の幅が広く、平たい鼻に、土気色の肌で、幅の広い口と吊り目である(であった)。実に、(ヨーロッパ人にとっての)醜いモンゴル系の堕落した、おぞましい異形である。(項目編集者訳)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-16 (木) 23:50:58 (40d)