オロメ

概要

カテゴリー人名
スペルOromë
その他の呼び名アラウ(Araw)
偉大な狩人オロメ(Oromë the Great)
ヴァラールの狩猟者(the huntsman of the Valar)
大いなる乗り手(Great Rider)
アルダロン(Aldaron)
タウロン(Tauron)
森の王、森の主(Lord of Forests, Lord of Trees)
ベーマ(Béma)*1
種族アイヌアヴァラール
性別
生没年
兄弟ネッサ(姉妹)
配偶者ヴァーナ

解説

アラタールの一人に数えられるヴァラネッサの兄弟。妃はヴァーナ
名はクウェンヤで「角笛吹き(Horn-blowing)」または「角笛の音(Sound of Horns)」の意味と解釈された。中つ国ではオロメのシンダール語形のアラウの名で知られる。木を愛するため、クウェンヤでは「森の王(Lord of Trees)」の意であるアルダロン、シンダール語では「森林を治める者(the Forester)」の意のタウロン*2とも呼ばれる。

白馬ナハールに跨り、大角笛ヴァラローマを吹き鳴らして怪物や残忍な獣を狩る偉大なる狩人。トゥルカスほど強くはないが、怒ればトゥルカスより恐ろしいという。

すぐれた狩人たるかれは、槍と弓を携え、メルコールの王国の怪物や、残忍な生きものたちを追いつめて殺した。かれの白い馬ナハールは、暗がりに銀のように輝いた。その時、眠る大地は、ナハールの金の蹄の下で震動し、薄明の世界で、オロメはその巨大な角笛ヴァラローマを、アルダの平原に響かせたのである。*3

アルダの狩人

オロメは中つ国を非常に愛し、他のヴァラールアマンへ立ち去った後も最後までそこに足を運んだヴァラであり、メルコールの生み出した怪物を狩りたてては大陸のはるか東の奥地まで馬を進めることが度々あった。
そのためメルコールはオロメの侵攻を恐れて霧ふり山脈を隆起させたり、目覚めたばかりのエルフの下に騎馬姿の悪霊を送り出して、エルフがオロメを怖れるように仕向けたりした。

クイヴィエーネンにて、ヴァラールの中で最初にエルフを発見し、かれらに「星の民」の意のエルダールという名を付けたのもオロメである。しばらくエルフらの間で過ごした後ヴァリノールへ戻って、他のヴァラールにエルフのことを報告したオロメは、その後また中つ国へと戻って、エルフらにアマンへ移り住むように説得し、大いなる旅の先導を務めた。

それゆえ後の世の中つ国とも縁が深い。
ケレゴルムの猟犬フアンは、もともとオロメの飼っていた猟犬であり、ヴァリノールにてケレゴルムに譲られたものである。
またゴンドール執政家に伝わる角笛は、リューンの湖の近辺で見出される白い野牛の角から作られたものだが、この牛は伝説ではアラウの牛の子孫とされる。
ロヒアリムにはベーマの名で知られており、メアラス族の始祖はオロメがアマンより連れて来たであると言われている。

オロメの民のマイアール

オロメの民として言及があるのはマイアールは以下である。

  • パルランド
    一説での青の魔法使い(イスリン・ルイン)。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • メルコールが怪物を作っていなかったら何をしていたのだろう。庭師にでもなったのだろうか -- 2012-03-01 (木) 00:53:33
    • 馬や牛持ってるから、庭師よりは畜産系の仕事の方が似合いそうな気もする。 -- 2012-03-01 (木) 10:49:31
      • つまりカウボーイか -- 2016-02-25 (木) 23:41:30
  • 馬に乗れるってことは人間サイズなんだろうか -- 2015-04-05 (日) 20:56:32
    • 単に中つ国で活動するのに便利だから、人間サイズで過ごしていただけかも知れません -- 2015-04-05 (日) 21:16:49
    • 中つ国をこよなく愛してくれたオロメさん、モルゴスさんにだまされて馬に乗った人を怖がってたエルフさん達の前に颯爽と現れますが逃げられてしまいます。 がっかりしてアマンに戻ったオロメさん、「馬が・・こわかったのかなぁ・・・?」と思案、 仲のいいヴァラ-ルさん達の知恵を借り、馬さんをこわくないように品種改良して中つ国に出向きます。 今度こそ、と手を変え品を変え、縞の衣装にピエロのお顔でシマウマに乗って・・、でもダダと間違えられて馬鹿にされながら逃げられたりとか何度も苦労されたと思います。 その頃、中つ国はモルゴスさん全盛期、跳梁跋扈するかわいらしいスマウグさんなんかひと飲みの古代最凶怪獣達が都市破壊を繰り返す暗黒の下、 エルフさん達の科学特捜チーム(もしかしてキーアダン隊長さん?)も、なすすべなく蹂躙されてだまっていたこともあったのかもしれません。 ・・・何度嫌われてもあきらめなかったオロメさん、こっそりとMAT(Morgoth Attack Team)のメンバーに紛れ込んでいたけれど、 ついに正体ばれるのもいとわず変身して巨大化、傷だらけになりつつもエルフさん達と力を合わせて怪獣軍団に勝利!! 「西の空に明けの明星が輝く頃、一つの光がアマンへ飛んで行く。それが僕なんだ。 ・・で、みんなも一緒に来るかい?」 -- 2015-04-05 (日) 21:58:11
    • 馬といってもヴァラールの馬ですからね。 -- 2015-04-06 (月) 05:37:22
    • 大きさも状況に合わせて、変えられたりして(笑) -- 2016-02-26 (金) 09:34:36
      • もしかすると、どうしてもあそこだけは馬なみだったのかもしれません。 -- 2016-02-27 (土) 21:55:17
  • タウロン1000mg! -- 2016-05-12 (木) 17:28:04
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ロヒアリムがオロメを呼んだ名。古英語でトランペットの意味のbēmeが語源
*2 ヴァラクウェンタ」ではアルダロンと同じく「森の王(Lord of Forests)」と訳されている
*3 シルマリルの物語』「クウェンタ・シルマリルリオン第一章 世の初まりのこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-12 (木) 17:28:05 (829d)