オスギリアス

概要

カテゴリー地名
スペルOsgiliath

解説

この南の王国の首都はオスギリアスで、都の中央を大河が流れていた。ヌーメノール人はそこに大橋を架け、橋上には見るもすばらしい塔や石造りの家々が建てられた。都の波止場には海から来た高い船が着いた。*1

シンダール語で「星々の砦(Fortress of the Stars)」の意。大河アンドゥインに架けられた大きな石橋の上、およびそれを挟むように大河の両岸にまたがって存在した、かつてのゴンドールの首都。
この地の東を守るためにミナス・イシル(後のミナス・モルグル)が、西を守るためにミナス・アノール(後のミナス・ティリス)が築かれた。ミナス・イシルとミナス・アノールはそれぞれ建国王イシルドゥアアナーリオンの居城だったが、二人の玉座はオスギリアスの大宮殿(Great Hall)に隣り合って置かれた。また、星辰殿には亡国の民の王国の連絡に用いられたパランティーアの親石が置かれていた。

廃墟の都

オスギリアスはゴンドールの絶頂期を通じてその首都として栄えたが、第三紀1432年にエルダカールの戴冠によって勃発したゴンドールの内乱(同族の争い)の舞台となる。オスギリアスは包囲戦の末に1437年に陥落し、炎上。この時の戦いで、星辰殿パランティーア大河アンドゥインに没して失われた。

1636年に悪疫が流行すると、オスギリアスでは大勢の人々が死に、生き残った者も都から避難して人口は減少した。やがて1640年にゴンドールの首都はミナス・アノールに遷都され、オスギリアスはどんどん人口が少なくなっていく。
2002年にミナス・イシルが陥落してミナス・モルグルと化し、ナズグールの居城になると、大河の東岸イシリアンの住民も多くが逃げ去った。
警戒的平和を経た後、2475年にオスギリアスはモルドールウルクの攻撃を受けた結果、ついに完全な廃墟となり、大きな石橋が破壊された。

以降、オスギリアスは大河(アンドゥイン)を巡るゴンドールモルドールの戦闘の舞台となる。だがゴンドールは駐屯部隊を派遣してオスギリアスの防衛を続け、北のカイア・アンドロスおよび東岸のイシリアンに設けられた拠点群と連携し、大河の通行権を保持し続けた。

指輪戦争において

大いなる年の3018年6月20日、モルドールより送り出された大軍によってイシリアンおよびオスギリアスに駐屯していた部隊はほとんど一掃されてしまう。部隊を指揮していたボロミアファラミアは、かろうじて大河にかかっていた最後の橋を落とし、大河の西岸までが敵の手に落ちるのは防いだものの、東岸はモルドールに奪われる。
その後、ファラミアはイシリアンに唯一残ったヘンネス・アンヌーンなどを拠点に、モルドールとその同盟軍へのゲリラ活動を続けた(イシリアンの野伏)。

しかし3019年3月10日にはカイア・アンドロスモランノンより出撃した部隊によって奪取される。11日、オスギリアスの防衛を強化するため、ミナス・ティリスに戻っていたファラミアはデネソール二世の命で再びオスギリアスに派遣されたものの、ミナス・モルグルから出撃した敵軍のアンドゥイン渡河を防ぐことはできず、ファラミアの部隊は大きな被害を受けて12日にはオスギリアスから土手道砦に撤退、13日にはさらなる攻撃を受けてランマス・エホールは突破され、ファラミアは重傷を負った。

その後モルドール軍はオスギリアスに橋を架けて次々と渡河し、ミナス・ティリスを包囲攻撃したが、ペレンノール野の合戦でモルドール軍が敗れた後、オスギリアスは再びゴンドールの手に戻った。

画像

アラン・リー作画によるオスギリアス

Iron Crown Enterprises』における設定

没落前の市街地 没落後の市街地

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

二つの塔』では、イシリアンフロド達と遭遇したファラミアは、彼らをミナス・ティリスに連れて行く途中で、この地に到達する。
その時オスギリアスは、ゴンドールとモルドールの間で争奪戦が行われており、アンドゥイン東岸はモルドールに占拠されていた。
ファラミア達は西岸に渡っていたが、ここにナズグールが飛来。一つの指輪の力に支配されかけたフロドは、ナズグールに指輪を渡しかける。
だがフロドはサムワイズ・ギャムジーの手により正気に戻り、ナズグールはファラミアによって追い払われる。ファラミアは、一つの指輪の力とその危険性を悟り、フロド達を彼らの希望通りモルドールへと送り出すことに決める。フロド達は地下水路を使って、オスギリアスの東側に脱出、モルドールへと向かった。

王の帰還』では、アンドゥインを渡河してきたモルドール軍によって西岸も攻撃されて占拠され、ファラミア達が撤退する様子が描かれた。さらにデネソール二世に命じられたファラミアが、この地の奪回のため無謀な突撃を行うシーンも描かれている。

『二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション』では、裂け谷に出発する前のボロミアが、オスギリアス西岸をモルドール軍より奪回する回想シーンも挿入されている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるオスギリアス『ロード・オブ・ザ・リング』における回想シーンでのオスギリアス

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

2015年5月4日のUpdate16によって実装。ペレンノール野の合戦直前のオスギリアスを冒険できる。さらに7月17日のUpdate 16.2によって、PvMP専用エリアとしてのオスギリアスが実装された。
両者は描かれている地域は同じだが、あくまで別のマップとして扱われている。そのため、オープンフィールドとしてのオスギリアスを移動中に、PvMP(対人戦)に巻き込まれることはない。
PvMPエリアのオスギリアスへは、エテン高地の自由の民もしくはアングマール軍それぞれの陣地を経由して移動する形となり、オスギリアスの廃墟の中で(PvMPを行いたい者だけが)PvMPを行うことができる。
2016年10月18日のUpdate19では、ペレンノール野の合戦後、西軍によって奪回されたオスギリアスを訪問することが可能となった。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるオスギリアス(イシリアン方面からの光景) 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるオスギリアス(ペレンノール野の合戦後) map_osgiliath_03.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • なんで大事な首都をモルドールとの国境付近なんかに置いたんだろう?ふつう国土の中央では? -- 2012-04-09 (月) 03:42:26
    • オスギリアス築いた頃は、サウロンはヌーメノールの沈没とともに滅びたと思われていただろうし、サウロン亡き後のモルドールなら後は烏合の衆ばかりと思ったんじゃない? -- 2012-04-09 (月) 10:18:09
      • アンドゥインの川沿いということで発展もしやすかったでしょうし -- 2012-04-09 (月) 12:49:38
      • 更に東岸にはミナス・イシル、西岸にはミナス・アノール、北方にはカイア・アンドロスと堅固な要塞に周囲を囲まれていましたしね。 -- 2012-08-13 (月) 12:01:03
      • ついでにアンドゥイン下流にはペラルギアがある。カスタミア以前ならば都の守備はほぼ完璧と言える状態だった。 -- 2012-10-13 (土) 02:12:52
      • 当に四方を堅固な要塞に囲まれた上に交通の要衝の上に位置する都市なんですよね。 -- 2012-10-13 (土) 18:12:35
    • 首都が国土の中央にあるケースのほうがむしろ例外的ではないでしょうか。モスクワしかり、ロンドンしかり、ベルリンしかり、ワシントンDCしかり、等々・・・。首都の位置は歴史的経緯、利便性、その他さまざまな要因で決まるものですからね。オスギリアスについては、イシルドゥア・アナリオンが大河をさかのぼって国を建てたことに大きく依るのではないかと思います。 -- 2012-08-13 (月) 20:54:20
    • アンドゥインを下れば巨大港湾都市ペラルギアとも繋がっていますから交通の要衝と言えます。更に建国当初の国土で見ると意外と中央に近い位置です。 -- 2012-08-14 (火) 20:20:44
    • なるほどー!私の無理解でした。みなさんありがとうございます。 -- 2014-06-12 (木) 19:09:57
  • ミナス・イシルとかミナス・ティリスと違ってなんか無防備な都市っていうイメージがある -- 2012-08-17 (金) 16:05:15
  • 在りし日の市街地です http://www.lindefirion.net/maps/OsgiliathNumbers.jpg -- 2012-10-17 (水) 18:49:21
    • 決して無防備ではない巨大な城塞都市ですね。これに東西南北の要塞がある訳だから非常に堅固な都だったのでしょう -- 2012-10-21 (日) 10:20:54
    • やっぱり川辺って怖いな…アンデュインは氾濫とかしないんだろうか? -- 2012-10-21 (日) 23:48:06
    • これはMERP(指輪物語ロールプレイング)サプリメントの地図ですかね? -- 2012-10-21 (日) 23:50:07
  • ゴンドール自体がそもそもモルドールの見張り役として建てられたんじゃなかったっけ? ヨーロッパの大河は日本の川と違ってそうホイホイ氾濫したりしないイメージですが -- 2013-04-29 (月) 19:50:33
    • ミナス・モルグルじゃなくて? -- 2013-04-29 (月) 21:23:53
    • ゴンドールが建国された時には、サウロンはヌーメノールと共に滅んだと思われていました。オスギリアスの東(モルドール側)を守るために作られたのがミナス・イシル(後のミナス・モルグル)です -- 2013-04-29 (月) 21:49:40
  • ふと気付いたんだが、二つの塔SEEにあるボロミアのここでのシーンって、どういう状況?「ゴンドールのために奪回したぞー!」て言ってましたけど・・彼が裂け谷に旅立つ直前ですから、むしろオスギリアス東岸をモルドールに奪われたんですよね?それで、かろうじて橋を落として大河の西岸までが敵の手に落ちるのは防いだという。おかしくないですか。 -- 2015-03-17 (火) 06:23:25
    • 映画設定では、オスギリアスを奪われたのがファラミアで、それを取り戻したのがファラミアでなくボロミアっぽいですね。 -- 2015-03-17 (火) 09:52:10
    • セリフによるとそんな感じっぽいですね。本当は後にファラミアが単身奪回したのですがね・・。 -- 2015-03-18 (水) 05:23:37
  • エレスサール王の治世において再建されたのなら、再度ここに遷都はされなかったのだろうか?てかそもそも、再統一王国の首都って正式にはどこ? -- 2015-12-15 (火) 14:26:07
    • 南のミナス・ティリスと北のアンヌ・ミナス -- 2015-12-16 (水) 12:40:53
    • 王が常に居るのはミナス・ティリスであり、戴冠も結婚も崩御もそこであったのを考えると、首府は引き続きミナス・ティリスで、オスギリアスへの再遷都は無かったと見るのが妥当かと。再建はおそらくされたでしょうが、盛時の規模には戻らなかったでしょう。 -- 2015-12-17 (木) 00:20:32
  • LotROのオスギリアスって王都にしちゃ狭くね? -- 2015-12-15 (火) 15:06:20
  • 「部隊は全滅してファラミアは重傷を負った。」全滅でしたっけ -- 2015-12-16 (水) 08:23:47
  • 河が中央を流れてるからベニスみたいな人工島を想像したが、そういうわけじゃなさそうだな。創建時はどんな姿だったのだろう -- 2016-06-14 (火) 06:18:12
    • ディズニーのオープニングのシンデレラ城みたいなイメージ -- 2016-08-22 (月) 19:05:58
      • むしろトールキンワールドは銭ゲバネズミとは対極の存在だろう -- 2016-08-22 (月) 23:26:54
    • 都市の中に大河が流れるって言うとロンドンやパリを思い出すが、中州があるところみるとパリか。建物の様式なんかは違うだろうけど。 -- 2017-01-13 (金) 22:24:51
      • でも教授はフランス嫌いとまでは行かなくても余り良いイメージを持ってなかったとか -- 2017-08-28 (月) 18:25:41
      • 川ではありませんが私はむしろ海峡を挟んだコンスタンティノープルを思い出しました。背景にある歴史もフランスやイングランドより東ローマと共通点があると考えてます -- 2017-10-11 (水) 18:44:25
  • 第四紀において復興され、往時の繁栄は無事戻ったのでしょうか? -- 2017-10-18 (水) 07:19:15
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「力の指輪と第三紀のこと」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-18 (水) 07:19:15 (249d)