エントの長い名簿

概要

カテゴリー詩・歌
スペルLong List of the Ents
その他の呼び名長い名簿(Long List)

解説

木の鬚が初めて遭遇したホビットであるメリーピピンの前で口ずさんだ詩。木の鬚曰く、彼が若い頃に習った長い名簿の一部であるという。

指輪物語』での邦訳*1

いざ生き物の(がく)をまなばん!
まずあぐるは、自由の民の四族の名前、
はじめに()れしが エルフの子らよ。
次が穴掘りドワーフ、暗闇住まい。
三が土生(どしょう)エント、山ほど古し。
四が定命の人間を御したり。

ビーバーはダム屋、牡鹿は跳ねや。
熊は 蜂追い、(しし)はつっかかりや、
犬は 腹すかし、兎はびくつき。

(わし)は高巣に、牛は牧場に
角鹿、角たて、(たか)は風切り、
白鳥ま白、蛇こそつめたき……

これを聞いたピピンは自由の民の人間の次に、ホビットについての一行を加えることを木の鬚に提案した。

小さい人ホビットは、穴住まい

後に木の鬚は以下の内容を追加した。

エントは大地の子、山々と同じ生まれで、
幅広く歩き、水をのんで暮らす。
遠出して腹すかすは、ホビットよ、
笑うが好きな、小さな人たち。

英語原文

Learn now the lore of Living Creatures!
First name the four, the free peoples:
Eldest of all, the elf-children;
Dwarf the delver, dark are his houses;
Ent the earthborn, old as mountains;
Man the mortal, master of horses:

Beaver the builder, buck the leaper,
Bear bee-hunter, boar the fighter;
Hound is hungry, hare is fearful...

Eagle in eyrie, ox in pasture,
Hart horn-crowned; hawk is swiftest,
Swan the whitest, serpent coldest...

Half-grown hobbits, the hole-dwellers.

Ents the earthborn, old as mountains,
the wide-walkers, water drinking;
and hungry as hunters, the Hobbit children,
the laughing-folk, the little people,

コメント

コメントはありません。 Comments/エントの長い名簿?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 二つの塔』「木の鬚」及び「サルマンの声」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-13 (日) 01:58:34 (14d)