エント

概要

カテゴリー種族
スペルEnts*1
その他の呼び名木の牧人(Shepherds of the Trees, tree-herds)、オノドリム(Onodrim)*2、木の人たち(Tree-folk)

解説

シンダール語での名はオノドリムヴァリエヤヴァンナが樹木を保護する者として願ったことから生まれた種族。木の牧人(まきびと)と呼ばれる樹木の守護者のような存在で、森を見回って木々を育て、それらに歌を歌いかけたり自らの身を守る術を仕込んだりして世話をする。

エントたちは、木と木と互いに異なるように、お互いに異なっていました。同じ名前でも育った場所や経歴がまったく違う木が互いに異なるように相異する者たちもいました。そしてまた、樺が橅と異なるように、樫が樅と異なるように、木の種類で異なる木々のように互いに相異する者たちもいました。年をとったエントたちも何人かいました。顎鬚を垂らし、ふしこぶだらけで、まるで年経ても元気な木のようでした … 。そしてまた背の高い強壮なエントたちもいました。手足は形よく伸び、皮膚はすべすべと、今が盛りの木々のようでした。しかしここには若いエントは一人もおりませんでした。木でいえば若木はいなかったのです。*3

特徴

外見

木のような特徴を備えた巨人。皮膚は樹皮のようであり、また体毛は枝葉や苔のようで、手足の指はがっしりとして根のようである。木に多くの種類があり、また一つ一つの木が異なるように、エントもそれぞれに異なった外見を持つ。

能力

非常に強力な存在で、頑強な岩壁も指をかけるだけでぼろぼろにちぎることができ*4、あるいは叫び声だけでも岩を砕くことができる。腕力も強く、また必要なら非常に速い速度で動き回れる。さらに生命力も高いため毒も効かず、深手を負わせるには重い斧の一撃か火焔を用いるしかない。
寿命は存在せず簡単に死ぬことはないが、エントとエント女が離れ離れになって新たなエント(エントっ子)が生まれなくなったため、中つ国においてその存在はどんどん少なくなっていった。
知能は高く、深い智慧と知識を蓄えている。大変思慮深いため長考を重ねた上でなければ滅多な行動に出ようとはしないが、いざ動き出せば機敏であり、またひとたび怒り狂えば恐ろしい存在となる。

文明・文化

多くの知識を蓄えてはいるが、文明というものはほとんど持たず、基本的には単独で暮らす。男のエントは深い森林と樹木を好む一方で、女のエントはよく手入れされた田園や庭園を好む。エントの寄合と呼ばれるエント同士の会合を開いて重要な行動を決定することもある。
かつて人間は、エント女より農作や園芸の技術を学んだという。

住居

一人のエントは幾つかのエント小屋というものをもっており、そこに(立って)寝る。小屋といっても洞窟のようなものに過ぎず、石のテーブルがある程度。またエント小屋にはエント水が湧き出ており、エントはそれを飲むことによって活力を得る。

歴史

上古から中つ国にいたことは確かだが、冥王との戦いにはほとんど関与せず、歴史上に現れることはほとんど無かった。第一紀ドリアスを襲撃したドワーフを攻撃したことがあるというのと、第三紀末の指輪戦争の記録に現れた程度である。
エントとエント女はかつては共に暮らしていたが、性向の違いのために次第に離れ離れとなり、第二紀から第三紀にかけての戦争と混乱でエント女は行方不明になってしまっている。エントがエント女を探してさすらう話は、多くの種族に知られ歌にされたこともあったという。
かつて中つ国の大地を広大な森林が覆っていた頃、エントは森伝いにロヴァニオンからベレリアンドにいたるまで広大な範囲を自由に歩き回っていた。だが森林の減少と、元々少子であった上にエントとエント女とが疎遠になっていったせいで、その活動は次第に低下し、上古の時代を憶えている者は第三紀には木の鬚一人となっていた。

氏族

エントの女性はエント女、エントの子供はエントっ子と呼ばれる。またフオルンは、エントが語りかける内にエントのようになった木とも、逆にほとんど木のようになってものを考えることができなくなってしまったエントとも考えられる。トロルは、エントをまねてモルゴスが作り出したものと言われる。

言語

エルフが話していたのを目撃して会話することへの憧れを覚え、エルフから言葉を学んだ。エント同士が話すにはエント語を使う。エントは語学に巧みで、一度覚えたどんな言葉も忘れなかった。エント語以外ではエルフ語を特に好み、それをエント流に繋げて使うことをよく行った。西方語も知っている事が多い。一方でエント語はその特性から他種族が習得することは不可能だった。

偏見

木の敵を憎み、木の味方を愛する。そのため森を汚すオークを強く憎んでおり、薪を切るドワーフを警戒している。
エルフに対しては友好的だが、第三紀末には、レゴラスも伝承の歌でしかエントのことを知らなかったり、ケレボルンファンゴルンに近づかないよう指輪の仲間に忠告したりするなど、エルフにとってもエントは謎の多い存在となっていた。
ローハンには、エントに由来する地名が数多く残されているが、ロヒアリムにとってもエントは伝承上の存在でしかなかった。

登場するエントの名

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 記述に少し語弊がある気が。オノドリムの単数がオノドなのではなく、エニドの単数がオノドのはず。オノドリムのリムは、ロヒアリムやハラドリムと同じリムで種族を意味するんだから、そもそも単数・複数の区別がない語。…と言いつつ書き直さない俺(笑。まぁ、どっちでも同じようなもんだからいいけど。 -- 2012-05-03 (木) 23:36:38
  • モルゴスが居た第一世紀の頃は何をしていたのでしょう? もしモルゴスがエオントを捕らえてトロルに変えていたなら、サルマンのファンゴルンの森の伐採の時のようにアングバンドに進軍していると思うのですが、そういった言及はどこにもないですよね(教授が書かなかっただけ?)。もっともアングバンドにはバルログに龍とエントには相性の悪い火炎攻撃を得意とする輩が多かったから返り討ちに合うのが関の山でしょうけど。 -- 2012-08-19 (日) 22:12:09
  • トロルとサシで勝負したらどうなるんだろう -- 2012-10-31 (水) 17:51:40
    • エントもトロルもパワー型ですから、サンダ対ガイラ(わかりますか?)みたいに決着着かないのでは? -- 2012-11-01 (木) 00:19:27
    • 映画ホビット、五軍の戦いに登場した超弩級トロルだったらタイマンはれるかもしれません(笑)。 -- 2015-06-24 (水) 09:27:45
  • あくまでトロルはモルゴスに造られたエントの模造品ですからね。オークがエルフに劣っているように、トロルがエントに勝るということはないと思います。 -- 2012-11-04 (日) 21:24:27
    • トロルには日光という最大の弱点がありますからね。日の当たる場所に放り投げられでもしたら石化しちゃいますし。 -- 2012-11-08 (木) 21:13:19
      • オログ=ハイだとどうでしょう。ガタイも今迄のトロルに比べ遥かに大きく力もずっと強い上、日光にも耐性がありますが。 -- 2012-11-08 (木) 21:24:28
    • アイゼンガルドを破壊した時の恐ろしさを鑑みれば、どのようなトロルであれエントの足元にも及ばないのではと思いますね。闇の勢力で太刀打ちできるのは堕落したマイアを除けば、龍ぐらいではないでしょうか? -- 2012-11-08 (木) 21:29:35
      • 闇の勢力ではないけど石の巨人なんかもいい勝負が出来そう。 -- 2012-11-08 (木) 23:46:16
      • ↑どうでしょう。エントが掴んだだけで岩がボロボロになりますからねぇ。 -- 2012-11-12 (月) 12:49:27
      • 岩がそうなるから石の巨人もそうなるとは限らんでしょう。ってかそもそも文中に石の巨人は岩で出来てるなんて書かれてないような。巨岩を投げて遊んでるからstone giantと呼称されただけでは? 映画では岩でできたゴーレムみたいな外見のようですが。-- 2012-11-12 (月) 13:03:04
      • ↑ああ、勘違いしました。すみません。 -- 2012-11-12 (月) 14:13:46
      • というか石の巨人って何者だったんでしょう -- 2013-10-15 (火) 07:06:14
  • 昔から人間と魔法使いの戦いには知らんふり、というような台詞をLOTR 二つの塔で木の髭が言ってます。昔から人間VS魔法使いの争いがあったのか。 -- 2015-02-06 (金) 10:08:43
    • 海賊辺りと戦っていたのを目撃したとかでは。エントからすれば人間の区別なんてつかないでしょうし。 -- 2015-02-14 (土) 10:07:23
  • タイマン=無理。名剣の一突き=針で刺された程度の痛み。弓矢=作中でもたいして効かなかった。毒を盛る=効かない。火=効くけど余計怒らせるだけ。トロルをけしかける=パワースピード耐久力すべてエントが勝っている。斧の一撃=対エントの数少ない手段だが与えられるのは一撃までで二撃目を放つ頃にはエントのこぶしでたたき潰される。龍=かなり効くがあの怪力で巨大な岩を大勢で龍に投げつけたらやばい。勝ち目ねえじゃん -- 2015-05-18 (月) 22:35:49
    • 龍の中でも空飛べるウルローキならどうにかなるんじゃないの。あとは石の巨人とかバルログみたいなマイアなんかも。 -- 2015-05-18 (月) 22:44:12
      • 作中だとエントのなれ果てと思われるフオルンも何百、何千とついてきたからな。単体であの軍団倒せるのなんてヴァラ、マイア、バルログ、アンカラゴン(及び第一紀の龍)、ウンゴリアントくらいだな。 -- 2015-05-19 (火) 19:53:06
      • スマウグも善戦はしそう -- 2015-09-18 (金) 07:55:12
  • LOTRで木の鬚が招集した時は、何ともメルヘン的なキャラたちだった。その後アクションキャラに変貌してサルマン軍をフルボッコ。 -- 2015-06-17 (水) 02:42:56
  • どうやって個体を増やしてたんでしょうか。鳥を媒介しなと無理な気がします。 -- 2015-06-23 (火) 13:05:32
    • と言うか本人が気づかない内に苗(?)ができてたりしそうです -- 2015-06-23 (火) 13:06:57
    • エントは「どこか木を思わせる巨人」であって「動く木」そのものではありません。普通にヒューマノイドとして繁殖するのだと思われます。 -- 2015-06-23 (火) 17:10:04
    • なんか繁殖にもすごく時間がかかりそうだな。 -- 2016-08-20 (土) 00:31:53
      • 性行為も年単位で時間かかったりして -- 2016-08-20 (土) 13:44:58
      • 文字通り手を繋ぐと妊娠とか、枝を絡ませるとか、その状態で眠るとか? -- 2017-01-09 (月) 17:59:09
  • 海辺に住むエントとかいなかったのかな?マングローブ型のエントとかいてもいいんじゃないか? -- 2016-09-03 (土) 15:35:03
  • 紅葉するのかな -- 2017-01-09 (月) 17:47:53
    • ↑恋をするとなります。 -- 2017-09-17 (日) 00:16:45
      • 素敵 -- 2018-01-31 (水) 13:28:01
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Entとは古英語で「巨人」を意味し、『追補編』ではローハン語とされている。一方、『Guide to the Names in The Lord of the Rings』では、ローハンを含むアンドゥインの谷間の言葉と説明されている
*2 種族名。単数形はオノド(Onod)、複数形はエニド(Enyd)
*3 指輪物語 二つの塔』「木の鬚」
*4 それはまるで大樹の根が百年の間になしとげる仕事を目に見てるようだった。ただそれがほんの短い時間に圧縮されて見せられたんだ。二つの塔

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-31 (水) 13:28:02 (144d)