エレンディル

概要

カテゴリー人名
スペルElendil
その他の呼び名丈高き(the Tall)
金髪王(the Fair)*1
節士(the Faithful)
エルフの友(the Elf-friend)
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第二紀3119~†3441(享年322)。在位第二紀3320~3441(121年間)
アマンディル(父)
兄弟なし
配偶者不明
イシルドゥアアナーリオン(息子)

解説

アルノールの王
建国初代
エレンディル
第二紀3320~3441
第2代
イシルドゥア
3441~第三紀2
ゴンドールの王
建国初代
エレンディル
第3代
メネルディル
第三紀2~158
第2代
(エレンディルとの共同統治)
アナーリオン
第二紀3320~3440
イシルドゥア
第二紀3320~第三紀2

名はクウェンヤで「星を愛する者(Star-lover)」の意だが、エルフの友を指すエレンディリ(Elendili)の単数形とも解せられる。アンドゥーニエ領主アマンディルの息子で、イシルドゥアアナーリオンの父。アラゴルン二世の祖先にあたる。
ヌーメノールの没落を逃れた忠実なる者達の指導者であり、かれらが中つ国に築いた亡国の民の王国の初代上級王。彼自身は北方王国アルノールを統治し、南方王国ゴンドールの統治は二人の息子たちに委ねた。
ナルシルの剣の使い手。

エレンディルはエルフ上級王ギル=ガラド最後の同盟を結び、共にサウロンを打ち倒したが、自身もギル=ガラドと共に斃され、その体の下でナルシルは折れた。

ヌーメノールの忠実なる者

エレンディルの父は、ヌーメノールで多くの忠実なる者を擁したアンドゥーニエ最後の領主アマンディルであった。エレンディルとその二人の息子も彼にならってヴァラールエルダールへの敬愛を失わず、第二紀3262年に島に連れてこられたサウロンが次第にヌーメノール人の心を支配していく中でも、王党派の迫害に抗し続けた。

やがてサウロンにたぶらかされたアル=ファラゾーン西方(アマン)への侵攻を準備していることが明らかになると、アマンディルはヴァラールに慈悲を懇願するため単身西方に航海して戻らなかった。エレンディルは父の遺言に従って、息子達とともに忠実なる者を取りまとめると、9隻の船で大海に遁れる。

こうしてかれらはヌーメノールの没落を生き延び、故国喪失者となった。

亡国のドゥーネダインの王

エレンディル率いる4隻の船は中つ国リンドンに流れ着き、ギル=ガラドの援助を得た。かれらはルーン川を遡ってイヴンディムに達すると、そこに北方王国アルノールを築いた。
一方、二人の息子イシルドゥアアナーリオンが率いる5隻の船は大河アンドゥインの河口に流れ着き、大河を遡ったところに南方王国ゴンドールを築いた。

エレンディルはこれら亡国の民の王国全土の上級王と見なされていた。
親子は没落から持ち来たった7つのパランティーアを分割して王国の各所に配置し、連絡を保った。

最後の同盟

ところが、サウロンもまたヌーメノールの没落を逃れてモルドールに帰還していたことが明らかになる。サウロンは、ヌーメノールで自分の思い通りにならなかったエレンディル達が中つ国で王国を築いていることを知ると、憎しみを募らせてゴンドールを急襲した。
攻撃を逃れたイシルドゥアからこの報せを受けたエレンディルは、ギル=ガラドとの間に最後の同盟を結んでサウロンに抵抗した。同盟軍はモルドールに進軍し、ダゴルラドの合戦で勝利を収めてバラド=ドゥーアを包囲攻撃した。

滅びの山の裾野で行われた最後の戦いにおいて、ナルシルを手にしたエレンディルはギル=ガラドと共に、姿を現したサウロンと戦ってこれを斃した。だが二人の上級王もまた斃れ、エレンディルの体の下でナルシルは二つに折れた。イシルドゥアは父の剣の柄本に残った刃でサウロンの指を切り取り、一つの指輪を手にした。

エレンディルの世継

エレンディルの死後、その長子イシルドゥアドゥーネダインの王国の上級王位を宣言した。
だがイシルドゥアは北方の父の領地へ向かう途上、あやめ野一つの指輪に裏切られ落命し、この事実はうやむやとなった。さらに第三紀を通じてアルノールは分裂と衰退の一途を辿って宗主国としての権威を失墜させた一方、ゴンドールは一時かつてのヌーメノールを思わせるほど勢力を増大させたため、両国はもはや一体の王国ではない別々の王国に分裂していった。

とはいえ、エレンディルの王権を継いだイシルドゥアの家系であるアルノール王家(分裂後はアルセダイン王家)が元来は全ドゥーネダインの王位を主張できる立場にあった。(アルヴェドゥイはこれを理由に挙げて南北王国の再統一を図ったことがあったが、当時の執政ペレンドゥアらに拒否された)
しかしこれも、北方王国の滅亡とゴンドールの王統途絶により、公然とエレンディルの印を掲げることのできる者は歴史の表舞台から姿を消すことになった。

エレンディルの血筋は、ただ野伏に身をやつしたアルセダイン王家の末裔たちの中にのみ連綿と引き継がれた。アラゴルン二世がその末裔であり、彼によって南北王国の再統一がなし遂げられた。

エレンディルの墓所

終わらざりし物語』によると、エレンディルの棺はイシルドゥアによってハリフィリアンに運ばれ、そこに秘密の墓所が築かれた(ハリフィリアン#エレンディルの墓所を参照)。これによって聖められたハリフィリアンは厳粛な気配の満ちる聖地となった。
エレンディルの棺は、第三紀2510年にカレナルゾンがゴンドールからローハンに割譲されたとき、ミナス・ティリスの聖所(ラス・ディネン)に移されたが、墓所のあった場所は依然として畏怖の念を呼び起こす場所であり続けた。

略歴

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優ピーター・マッケンジー
日本語吹き替え

原作と異なり、単身でサウロンに挑むもメイスで叩き飛ばされて落命する。

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるサルマン

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

エレンディルの墓はハリフィリアンに作られたが、エレンディルの軍旗などの遺物はアンヌーミナスのハウズ・エレンディルに納められたことになっている。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、最後の同盟の戦いでのエレンディル

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 原作でアラゴルンが何度かこの名をかけ声として使っているが、映画でもアラゴルンが「エレンディル!」と叫んでオークと戦っているのに注目。
    • 「エレンディル」という言葉は「突っ込め!」という意味・・・ではありません -- 2012-01-07 (土) 03:30:33
  • UTの、「あやめ野の災厄」の補遺に、ヌーメノールの長さの単位についての記述があって、そこを読んでいくと、普通のヌーメノール人は身長6フィート4インチで、エレンディルはその1.25倍くらいの身長だったらしい。すると約2m45㎝ですね。なるほど「丈高き」ですな。 -- カイト
    • イシルドゥアより高いな・・・。 -- ホビット 2008-09-14 (日) 15:59:36
  • エレンディル=テオドシウス一世、イシルドゥア=ホノリウス、アナリオン=アルカディウス、統一王国(アルノール&ゴンドール)=ローマ帝国、アルノール=西ローマ帝国、ゴンドール=ビザンツ帝国、北国人=ゲルマン民族、ロヒアリム=ゴート族、馬車族=モンゴル帝国軍、モルドール=オスマン帝国・・・。 -- ホビット 2008-12-30 (火) 17:12:32
    • あまり現実の事柄と関連付けるのが有意義とは思えませんが… -- 2008-12-30 (火) 18:33:53
      • 賛成。教授が意図しているのが明確なもの(「牝牛が月を飛び越えた!」とか)以外はどのみち当て推量の域を出ないのだから、長々と論ずる必要もないし変な説が流布されるのが嫌です。教授の意志に反するように思えて。 -- 2008-12-31 (水) 03:07:22
      • いいじゃん、楽しいから。しかし、いくらなんでもホノリウスとアルカディウス呼ばわりは失礼だろ。 -- 2009-01-11 (日) 07:33:35
      • 楽しければいいという享楽主義には賛同できません。 -- 2009-01-11 (日) 16:51:17
      • 教授は『自分が寓意をこめたと見られるのは不本意』といっていますが、アシモフが言うことにも一理あるでしょう。むしろそういったさまざまな楽しみ方ができるのが指輪のすごいところでは? -- 2009-01-11 (日) 22:34:33
      • とはいっても、まともな論証ならともかく、些細な類似点だけの度を過ぎた投影だけではね。要はやり過ぎってことですよ。 -- 2009-01-14 (水) 00:05:34
  • ヒャルメンダキル一世=ユスティニアヌス一世、カスタミア=フォーカス、テレムナールの治世にはやった疫病=ペスト・・・。 -- ホビット 2009-05-03 (日) 16:47:51
    • ノストラダムスよろしく、ガンダルフが予防法を説いて回っていたりして -- 2009-05-03 (日) 23:51:09
  • 指輪世界と現実世界の類似を説くなら、それが何を意図した検証なのかをはっきりするほうが良いでしょう。その目的によってはこの場では賛同を得られないかもしれないし、あるいは面白いかもしれません。ただ、論争になるとしても読んでいて楽しいものにしてほしい。荒れるとここを作ってる方に悪いし。 -- 2009-05-04 (月) 11:16:38
  • 長生きし過ぎ -- 2013-01-04 (金) 15:29:17
  • アルボイン -- 2014-03-25 (火) 11:35:46
    • 息子はアウドインだなw あの話の主人公親子はやっぱり教授と息子さんがモデルなのかね。 -- 2014-03-26 (水) 02:18:01
  • オンライン版のエレンディル親子、息子たちの方が老けて見える -- 2017-07-04 (火) 00:07:19
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 'Fair'は「麗しの」の意である可能性もあり、邦訳通り金髪であるかは不明

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-04 (火) 00:07:19 (355d)