エレド・ルイン

概要

カテゴリー地名
スペルEred Luin
その他の呼び名青の山脈(Blue Mountains, Mountains of Lune*1)、エレド・リンドン(Ered Lindon)、西方山脈(Western Mountains)*2

解説

シンダール語青の山脈の意。エリアドールリンドンを東西に隔てる山脈。「リンドンの山脈(Mountains of Lindon)」の意であるエレド・リンドンとも呼ばれる*3

上古にはベレリアンドの東の境界となっていた山脈で、ドルメド山近くの山脈の東側にはドワーフノグロドベレグオストの都市があった。だが怒りの戦いによるベレリアンドの崩壊によって山脈の多くが水没し、残った部分もルーン湾によって南北に分断された。ノグロドとベレグオストは滅び、エレド・ルインのドワーフの多くはカザド=ドゥームへ移住した*4が、山脈にあるドワーフの鉱山はその後の時代も採掘が続けられ、『追補編』の追補Aによるとドワーフは山脈の東側、特にルーン湾より南の地方に住み続けた。

第三紀2802年にはスマウグによってエレボール(はなれ山)を追われ、エリアドールを放浪していたスライン二世トーリン・オーケンシールドが山脈に落ち着いてを築き、放浪していた他のドゥリンの一族もそこに集って住むようになった。だがエレボールの山の下の王国が再建されると、多くの者がそちらに移住した。

終わらざりし物語』のガラドリエルに関する原稿では、第二紀の初期には山脈の東側(ノグロドベレグオストの古い館があった場所で、ネヌイアル湖の近く)にそれなりの数のドワーフがいたとされている(ただしドワーフの大半はカザド=ドゥームへ移住した)。

The Peoples of Middle-earth』によると、ドワーフの七人の父祖のうちの二人(火の鬚族広腰族)が目覚めた場所はこの山脈の北部であったという。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

ルーン湾より北のエレド・ルインの東部が実装されており、北寄りにはトーリンの館、ゴンダモン(Gondamon)をはじめとしたドワーフの拠点、南寄りにはケロンディム(Celondim)、ドゥイルロンド(Duillond)をはじめとしたエルフの居住地がある。トーリンの館の東には、廃墟となったかつてのエルフの避難所エゼリオンがある。

第三紀2400年頃、エゼリオンゴブリントロルと同盟した、ドルハンドのドワーフによって攻撃を受け、荒廃した。攻撃は撃退されたがこの戦いでエゼリオンは荒廃した。生き残ったエルフは、戦死者を悼んでエゼリオンを平穏の中に安置することにし、ケロンディムとドゥイルロンドという都市を造ってそちらに移住した。
ケロンディムにはエルフの港、ドゥイルロンドにはワイン園などがある。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • シルマリルの物語での主な地図では東端だが指輪物語では西端・・・ -- 2010-09-07 (火) 18:01:48
    • シルマリルの物語の舞台である、エレド・ルインの西にあった地域(べレリアンド)は水没してしまいましたから・・・・ -- 2010-10-27 (水) 15:44:38
  • なんか虚しいよな~・・・ -- 2010-10-30 (土) 13:21:11
  • 初めてシルマリルの物語を読んだ時はベレリアンドの位置がいまいちわからなかったんだけど、指輪物語付属の地図の青の山脈とシルマリル付属の青の山脈が一致すると知ってすごい感心した記憶がある。 -- 2012-12-17 (月) 18:17:19
  • わ~かくあっかるい うたごえに♪ -- 2013-04-29 (月) 19:09:58
  • ノグロド産の有名な武器は何でしたっけ?防具ではなく武器です。 -- 2013-04-30 (火) 21:02:16
    • テルハールの作った武器はみなノグロド産になるんじゃないかね -- 2013-04-30 (火) 22:08:19
  • ナルシルとアングリストがテルハール作でしたっけ。第一紀のテルハールが作ったナルシルがどういう経緯でエレンディルに伝わったんだろうか?元々はエルフの物だった可能性は高そうだけど。 -- 2013-04-30 (火) 22:50:38
  • 多分、遠征当時はエレボールを見たことがない世代の方が多かったと思う。難民時代に生まれたドワーフが大半で、遠征に懐疑的な一派もそれなりの数だったかと。 -- 2014-02-12 (水) 21:32:53
  • なぜトーリンはスマウグにエレボールを奪われた時にこんな西の果てまで流浪したんだろう?別にすぐ東のくろがね連山に落ち着けば良かったのに。 -- 2015-01-11 (日) 19:52:15
    • ダインの居候になるのを潔しとしなかったのか。あるいは単にくろがね連山のキャパシティではエレボールの民を(かなり減っていたとは言え)収容しきれなかったのか。 -- 2015-01-11 (日) 20:50:24
    • くろがね連山はダインという分家筋の「王」の国ですから、そこに本家筋の「王」が押しかけるのは政治問題になりそうですし、上の方も仰る通りやはりプライドが許さなかったのだと思います。自分より格下の者の食客に落ちぶれるぐらいなら、貧しくとも一国一城の主でありたかったのでしょう。 -- 2015-01-11 (日) 22:10:23
      • スマウグ襲撃当時はダインの父ナインがくろがね連山を統治していたのでは?スロールは甥に頼るのを潔しとしなかったのでしょう。また、ダインは王というよりは領主だと思います。モリアの領主バーリンみたいな。ドゥリンの一族は中世ヨーロッパの国家形態に近く、王は最大勢力の領主という位置付けではないのでしょうか。 -- 2015-01-12 (月) 21:27:47
    • 追補編ではスラインが「お前はわしと一緒に鉄床に戻るか?それとも誇り高き者たちの戸口にパンを乞うつもりか?」とトーリンに問いかけ、それに対しトーリンが「鉄床に」と答えている。たとえ身内であっても他人の世話になるのはこの親子に取っては「物乞い」であり、王としてあるまじき行為であった。貧困のためトーリンは一時石炭堀りにまで落ちぶれるが、それでも王としての誇りとスマウグへの復讐心だけは忘れなかった。 -- 2015-01-12 (月) 00:36:34
      • 一方戦場に援軍の動員要請をするのは物乞いではなく王としての正当な権利であり、ダインも「我々はあなた(スライン)のために血を流しました。これからも流しますよ」と宣言している。実際その約束は後の五軍の戦いでも果たされた。 -- 2015-01-12 (月) 09:22:01
  • 山脈の名前に冠せられている色と、地質には何か関係があるんだろうか?例えば、青の山脈は青系の色をした岩石が多いとか。 -- 2016-09-03 (土) 02:12:04
    • コーヒーを栽培しているとか -- 2016-09-03 (土) 18:45:44
      • 誰がうまいこと言えとw -- 2016-09-03 (土) 22:05:36
      • ビルボの家でコーヒーを注文してたドワーフが一人いたような記憶がある -- 2016-09-04 (日) 21:25:52
    • 青の山脈→遠方から始めて見たときに青々として見えた。白の山脈→山頂が常時冠雪していて真っ白。とか?でもこれだと灰色山脈とか説明付かないからやっぱり地層かな -- 2016-09-03 (土) 21:18:33
    • そういえば、戦後にヒットした歌があったな -- 2016-09-05 (月) 12:51:09
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 直訳すれば「ルーンの山脈」。旧訳では「月よみ山脈」
*2 終わらざりし物語』によると、第二紀エリアドール人間の呼び名。
*3 中つ国に帰還したノルドールが付けた名。彼らがリンドンと呼ぶオッシリアンドから初めてこの山脈を見たため。
*4 追補編』の第二紀の年表によると、第二紀40年頃。

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-14 (金) 03:28:44 (287d)