エルロス

概要

カテゴリー人名
スペルElros
その他の呼び名半エルフ(Half-elven)、タル=ミンヤトゥア(Tar-Minyatur)
種族半エルフ
性別
生没年第一紀525?*1第二紀442(享年500)。在位第二紀32~442(410年間)
エアレンディル(父)、エルウィング(母)
兄弟エルロンド
ヴァルダミア(息子)、ティンドーミエル(娘)、マンウェンディル(息子)、アタナルカール(息子)

解説

ヌーメノールの王
建国初代
エルロス・タル=ミンヤトゥア
第二紀32~442
第2代
ヴァルダミア
442~443
第3代
タル=アマンディル
442~590

名はシンダール語で「星の水沫(みなわ)(Star-foam)」の意。エアレンディルエルウィングの息子でエルロンドの兄弟。ヌーメノール王家の始祖である半エルフ

第一紀シリオンの港に生まれる。フェアノールの息子たちによる襲撃時にエルロンドと共に捕虜になるが、フェアノールの次男マグロールに養育された。
怒りの戦いの後、エルロスは人間として生きる道を選び、生き残ったエダインを率いてエレンナ島へ渡った。エルロスはヌーメノール王家の最初の王となり、クウェンヤで「初代王」を意味するタル=ミンヤトゥアと呼ばれた。
エルロスは人間の宿命である寿命によって死んだがそれまでに500年生き、ヌーメノールの王として410年間統治を行った。エレンディルは彼の末裔にあたり、アラゴルンも更にその末裔にあたる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エルロンドの私的感想のところにも書き込みがありましたが、この兄弟こそ父親が(比喩でなく)星になった、アルダでもただ二人の存在と申せましょう。中つ国から父を見上げる兄と、父をナビゲーションマークにして西への船団を率いる弟。 -- カイト
  • そういえば、この人の妻は恐らくエダインの王族の一人ではないかと思われるのに、名が知られていないような。 -- A3
    • もしエルロスが選択前に妻と出会っていたとするならば、エルフ男性と人間女性とで成立した唯一のカップル? -- 2013-01-29 (火) 18:02:21
  • 419年間もよくまあ統治に倦むことなく努め続けたものだ。何という強靱な魂の指導者だろう。彼にもし兄エルロンドの持っていた叡智が幾許かでもあれば(まず互角のものがあっただろう)、当然のようにヌーメノールは彼の代で強大になっただろう。 -- 「ど」の字 2007-12-01 (土) 06:06:38
    • 修正します。エルロンドの知性は彼エルロスの知性の半分にも達しません。よく考えれば中つ国衰退の最大の原因は彼のボーンヘッドでした。 -- 「ど」の字 2008-04-12 (土) 22:54:22
    • やることがいっぱいあったからだろう。 国の法律を整えたり、都市の建設、インフラの整備、大地においては植林作業など。 いくらヴァラールの援助があったとて、あくまで必要最低限。 それ以上は自分たちで自立して整える必要があったのだろう。 ヌーメノールが後世に語られる楽園になったのは、彼のおかげだろう。 楽園になったのを確かめた上で満足して逝ったと考えれば、彼の王としての人生はさぞ、幸福に満ちたことか!! -- けつ 2011-02-05 (土) 21:17:44
  • なんと名前の意味が母親と同じである -- 2008-08-24 (日) 05:03:43
  • ヌーメノール王家は長男の家系、エレンディルやアラゴルンは長子の家系。トールキンは男女同権論者だっけ? -- 2008-12-24 (水) 20:18:57
    • 作品世界と思想信条を結びつける必要はないのでは? そもそもヌーメノールの法自体、二転三転していますし。 -- 2008-12-25 (木) 12:04:50
  • 海外のオンライントールキン百科事典とwikipediaの両方で、養い親だったフェアノールの息子たちの死後、彼らを迎えにいった者たちが最初に見つけたのが森の洞窟の前の滝で遊んでいたエルロスで、エルロンドは奥の洞窟に隠れていた。というようなことが(英語力ないので)書かれていましたが、これはHoMEの記述なのでしょうか? -- 2009-12-30 (水) 21:13:55
    • トールキンの手紙にあったハズ。Miss Beareの質問に答えて1958年10月14日にオックスフォードのマートン・カレッジで書かれたもの。 -- 2012-04-23 (月) 21:41:32
    • どーもエルロスとエルロンドの名はこの時に付けられたようで、エルウィングが付けた元々の本名は不明という(マグロールが呼んでいた名も)…アマンに去った後本名を知ることはできたんだろうか? -- 2013-01-18 (金) 00:11:38
      • エルフは両親が子どもに別々の名前を付けるのはよくあることですし、その時の気分や状況でちょくちょく自分の名前を変えますからね。アマンに着いたらエルウィング様が双子を何と呼ぶのか確かに気になるところです。 -- 2013-08-18 (日) 12:28:22
  • エルロンドとエルロスの話って双子座の由来になったギリシャ神話の話に似てますよね。 -- 2010-07-06 (火) 15:36:22
  • ホビットにエルロスでキャスティングされている人が居るけどこのエルロスだろうか? -- 2012-12-24 (月) 21:19:47
    • 絶対にあり得ないと思うのだが。もし彼が出るとしたら昔語り的にヌメノールの描写しか考えられないわけだが、今回はアラゴルンも出ないからドゥネダインはおろか“ヌメノール”という単語さえ出ないだろう。『シルマリル』に言及しているのはエルロンドのゴンドリン発言のみ、それもすでに過ぎ去った。 -- 2012-12-24 (月) 23:32:21
    • 出るとしたらエルロンドの回想じゃないの -- 2013-01-15 (火) 00:30:21
    • ガリオンと一緒に酔いつぶれてた牢番です… -- 2014-03-26 (水) 15:38:03
      • あの後エルフ王に怒られたろうな -- 2014-07-13 (日) 13:19:42
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 終わらざりし物語』の「エルロスの家系」では、第二紀が始まる58年前に生まれたとしている

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-16 (火) 22:57:44 (1162d)