エルフ語

概要

カテゴリー言語
スペルElvish
その他の呼び名エルダール語(Eldarin)

解説

文字通りエルフの言葉で、上のエルフの言葉であるクウェンヤと、中つ国のエルフの言葉であるシンダール語に主に分かれる。またテレリ語シルヴァン語というものも存在する。
エルフ語はどれも非常に美しく、人間にとっては心に刻み込まれるように響く。意味はわからずとも、何年経ってもその響きが記憶に残るほどである。

かれが注意を向け始めるや、その調べの美しさと、かれにはほとんどわからないとはいえ、調べの中に組みこまれたエルフ語の美しさとが、まずかれを魅了しました。まるでわからぬはずの言葉が自ずと形をとり、今まで想像してみたこともなかったはるかな土地や、輝かしい事物が幻となってかれの前にくりひろげられるかのように思われました。*1

備考

トールキンは元々、自分独自の言語を作り出す「言語遊び」を趣味としており、そうしてトールキンオリジナルの言語が形成された。そのうちにその言語を使う者達と、その者達の歴史が言葉を作る上で必要になり、ために生み出されたのがエルフ族と、エルフの歴史(シルマリルの物語)である。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エルフ語に限らず、英語以外の固有名詞の発音についてですが、邦訳では語尾や子音前の-er -ir -urをeア、iア、uアと表記するが、Tolkein Gatewayの音声ファイルを聞くと最後はルと発音している。ボロミル(Boromir)、イシルドル(Isildur)、バラドール(Barad-dûr)。Rは常に顫動音のはずなので、本当はこっちが正しく、「母音」の説明の項にあったer,ir,urは英語のair,eer,oorにように発音されるという部分を文字通り受け取ってしまった誤り…なんでしょうか? -- 2015-06-20 (土) 20:48:41
    • シルマリルの物語巻末のクリストファーによる付記でも同じように「ER,IR,URは、子音の前や語の終わりにきた時は、英語のfern,fir,furの場合のようには発音せず、air,eer,oorのように発音する」と解説されていますから、発音に区別があるのは確かでしょう。邦訳方針ではrの顫動より母音の区別の方を優先した、という事だと思われます。開音節言語である日本語表記で語末の子音をどう表記するかは現に難しい問題です。(Tolkien Gatewayの投稿者発音をどの程度尊重できるかも問題です。辞書的発音と実用上の発音には乖離があることも往々)。そも翻訳という業の大前提に、原語原音の再現を目指すだけでは片手落ちというのがあります。翻訳は自国語の法則(慣習)にも従う必要があるからです。翻訳の適切さを判定するには原語の再現性の判定だけではなく凡例の適切さの判定や受容の状態の判定も必要でしょう。 -- 2015-06-20 (土) 23:15:21
      • 一つ確認しておきたいのですが、er, ir, urの発音に関する項は母音の発音についての説明なので、問題となっているのはこの場合のE I Uの発音であってこの場合のRの発音ついては規定されていない、という理解で正しいでしょうか(Rをどう訳すかは別として) -- 2015-06-21 (日) 00:29:49
    • 『指輪』のあとがきで田中さんもおっしゃていたように、作者のトールキンですら肉声テープで「アラゴーン」や「アイゼンガード」と発音しているので、本当の発音なんて誰にも分からないのでしょうが、邦訳としてはer ir urはeア、iア、uアの法則があります。ではÉomer, Ondoher, Bombur, Isildurはどう表記するか。これらの名前は追補編では同じ音価で発音するとされています(古英語や古ノルド語が元ネタであっても)。エオメルやボンブールはエルフ語の名前ではないので邦訳では例外(本当はエオメア、ボンブアに近い発音)なのかと思ったら、参考としてTolkein Gatewayの音声を聞くとIsildurは最後を「ル」っぽく言っている。なので、ひょっとしてer ir urの発音についての説明では、後ろのrの発音は定義されていないのでは?と思ったわけです。(もしそうならエオメル、オンドヘル、ボンブル、イシルドゥルがより近い) -- 2015-06-21 (日) 14:20:38
  • 半ば本気で、エルフ語翻訳アプリが欲しい -- 2015-07-28 (火) 00:44:23
    • ライバル?のクリンゴン語は、翻訳ツールに対応しているんですね -- 2015-07-29 (水) 04:49:16
      • クリンゴンもああ見えて情熱的な詩人気質でエルフに通じる所がありますな(笑) -- 2015-07-29 (水) 10:54:41
      • エルフ語の文法や語彙は英語に比べても違いが多いので、翻訳ツールを作るのは難しいのではないでしょうか。それよりUNICODEでテングワールとキアスが欲しいです… -- 2015-07-29 (水) 17:20:29
      • クリンゴンとエルフ、どっちがマシかな? -- 2017-01-09 (月) 16:38:07
  • 映画ホビットではレゴラスが本心を伝えたい時や、好意の証としてエルフ語を使っていたね。良い演出だった。 -- 2015-07-29 (水) 17:11:32
  • 日本語吹き替え版の声優陣も収録前にエルフ語の演技指導を受けたんだとか -- 2015-11-11 (水) 02:22:12
  • 少年トールキンが孤独のうちに作った、初期の言語はシンダリンに似ていたのだろうか。フィンランド語に接する機会はまだなさそうだから、クウェンヤはずっと後と思われるが、シンダリンにもクウェンヤにも似ていない、もっと別の言語を考えていたりしたのだろうか -- 2015-12-17 (木) 13:25:40
  • 日本語で言う「○○郎」「○○助」、英語で言うjakに該当するような名前もあるのか? -- 2017-01-09 (月) 13:20:27
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間 下』「一 数々の出会い」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-09 (月) 16:38:07 (503d)