エルダカール

概要

カテゴリー人名
スペルEldacar
その他の呼び名ヴィニサールヤ(Vinitharya)
種族人間ドゥーネダイン北国人の混血)
性別
生没年第三紀(1255)~1490(享年235)。在位1432~1437及び1447~1490(通算48年間)
ヴァラカール(父)、ヴィドゥマヴィ(母)
オルネンディルアルダミア(息子)

解説

ゴンドールの王
第20代
ヴァラカール
1366~1432
第21代
エルダカール
ヴィニサールヤ
第三紀1432~1437
第22代
カスタミア
1437~1447
第22代
カスタミア
1437~1447
第21代(復位)
エルダカール
1447~1490
第23代
アルダミア
1490~1540

ゴンドールの王ヴァラカール北国人ヴィドゥマヴィの息子。幼名はヴィニサールヤ。息子はオルネンディルアルダミア

第三紀1432年に亡父を継ぎゴンドール21代目の王として戴冠するが、エルダカールは北国人との混血であったため、ヌーメノールの血が薄れるのを恐れる者や、北国人を白眼視するゴンドールの一部ドゥーネダインの反発にあい、カスタミアの反乱が発生する。
1437年、反乱軍によってオスギリアスは包囲されたが、エルダカールは敵の目を逃れて脱出(だが、その時カスタミアに捕らえられた長男オルネンディルが殺された)。脱出後、エルダカールは母方の国である、北方のロヴァニオンに亡命する。
エルダカールは人望を示して、その地で反カスタミア勢力を糾合し、やがて1447年にゴンドールに攻め込む。エルダカールはレベンニンエルイの渡しの合戦でカスタミアの軍を撃破、自らカスタミアを討ち取って息子の仇を取り、ゴンドールの王に復位した。だが、カスタミアの息子と反乱軍の残党はウンバールに逃れ、ゴンドールに反旗を翻し続けた。

エルダカールの死後、ゴンドールの王位は次男のアルダミアが継承した。

また、エルダカールの親類からロヴァニオン王家が出て、さらにエオル王家に繋がっているとも言われる。母方の祖父にあたるヴィドゥガヴィアを参照。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 簒奪されて息子を殺されるなんて辛かったろうな… -- 2014-02-16 (日) 22:05:40
    • まるで自分の血が汚れてるかの様に言われてね… -- 2014-04-29 (火) 15:36:42
      • ただ、北国人(というか、非ヌーメノール人全般)との混血は恩寵を薄れさせるので、反対者にも言い分はありますよ -- 2014-10-02 (木) 19:39:23
      • 長生き出来るから幸せかっていうと、どうも違うような気がする時もあるしね・・。 -- 2014-10-02 (木) 19:49:17
      • 王様が長生きってのはそれだけで国が安定しますからね。史実だと20年毎の継承問題で親戚・貴族同士で内戦おっぱじめて国が荒廃・・・ -- 2015-03-04 (水) 18:59:56
      • とはいえ彼以前、以後の王の実際の享年を比べますと、減少率はあまり変わっていません。「父とくらべてもそれより早く老け込む兆候は露ほども示さなかった」(追補編)ともあります。 -- 2015-07-19 (日) 17:39:45
  • ドゥーネダインの長命がその血に由来しているとは思えないです。ヌメノールの時代の王族は皆純血であったことは間違いないですが年々その寿命を減らしていましたから -- 2018-02-22 (木) 21:13:51
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-22 (木) 21:13:52 (209d)