エミン・ムイル

概要

カテゴリー地名
スペルEmyn Muil

解説

シンダール語で「荒涼とした丘(Drear Hills)」の意。ロヴァニオンの南境に位置する、起伏が激しく岩がちな灰色の丘陵地帯。東風が吹きつける東側は特に荒涼としている。だが山岳の只中にあるネン・ヒソイルの湖の周辺は木々や緑が多い。
アンドゥインが北から流れ込み、ネン・ヒソイルの湖を経て、エミン・ムイルの南端からラウロスの瀑布となって落ちる。ネン・ヒソイルの南側には、アンドゥインの流れの中にトル・ブランディアが聳え、その西にはアモン・ヘン、東にはアモン・ラウがある。
エミン・ムイルの西端は東エムネトの緑の平野から急に聳える切り立った崖になっている。この崖はローハンの東の国境であり、ローハンの東壁(East Wall of Rohan)と呼ばれる。

第三紀3019年(大いなる年)2月26日、指輪の仲間アモン・ラウの麓のパルス・ガレンで離散した。
メリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥックを連れ去ったオークたちを追うアラゴルン二世レゴラスギムリの三人は、彼らの痕跡を辿りながらエミン・ムイル西部を進み、27日の明け方にローハンの東壁に達し、ローハンに入った。
モルドールへ向けて旅立ったフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーエルフの小船アンドゥインを渡ってエミン・ムイル東部に入り、29日にヒスラインのロープも使ってようやく山岳を下り終えた。29日の夜に二人は跡をつけてきていたゴクリを捕らえ、彼の案内で死者の沼地へ向かった。

画像

トールキンのスケッチ「ラウロスの滝とティンドロック」

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エミン・ムイルの形状だったら地図でもっと整ったものが確認できますので、わざわざトールキンが執筆段階で自分用の覚え書きとして描いたスケッチに過ぎないものを掲載する必要はないんじゃないですかね。 -- 2017-09-16 (土) 23:30:56
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-16 (土) 23:30:57 (281d)