エフェル・ドゥーアス

概要

カテゴリー地名
スペルEphel Dúath*1
異訳エフェル・ドゥアス
その他の呼び名影の山脈

解説

シンダール語で「影の防壁(Fence of Shadow)」の意。モルドールを西から南に覆う山脈で、影の山脈の名でも知られる。

東の方には、垂れこめた空の下に鈍い赤色のぎらぎらした光がありましたが、それは暁の赤光ではありません。間にある荒れ果てた土地の向こうには、エフェル・ドゥアスの山々がかれらを睨ねおろしていました。夜の闇が色濃く居すわったまま立ち去ろうとしない下の方は黒々と形も定かでなく、上の方はぎざぎざに切り立った山頂や稜線が火のように燃える空に脅かすような厳しい輪郭を見せていました。*2

北端近くで支脈が東に伸びて、エレド・リスイと共にウドゥンの谷間を形成している。エレド・リスイと接する北端の幽霊峠(キリス・ゴルゴル)には黒門(モランノン)が、エレド・リスイと支脈同士が接する地点にはアイゼン口がある。
オスギリアスの東にはモルグルドゥイン川が流れるモルグル谷(イムラド・モルグル)と、その奥にモルグル道路が通るモルグル峠があり、峠越えによる東西の通行が可能だが、ここはミナス・モルグル(かつてのミナス・イシル)によって守られている。
モルグル谷には脇道の山道があり、キリス・ウンゴルの峠に続いているが、峠の手前にはトレヒ・ウンゴルの洞窟があり、峠の東側はキリス・ウンゴルの塔によって守られている。

山脈の東側には枯れた川床が残る谷間を挟んでモルガイの山並みが走る。谷間のエフェル・ドゥーアス側にはオークの砦や駐屯地があり、それらを南北に結ぶ小道が存在する。
北端近くの支脈が分かれる場所にはドゥアサングの砦があり、そこからアイゼン口までは一部で山肌の岩壁を削って作られた道が通っている。

南部では山脈からポロス川とハルネン川がベルファラス湾へ流れ、モルドール国内のヌアン側では山脈の川はヌアネン湖へ流れ込む。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • バラド・ドゥーアを築く技術があれば、山脈を貫くトンネルを掘りあげることもできただろう。 トンネルさえあれば、モルドールとミナス・モルグルの間の通行が可能になり、ゴンドール攻めも容易になっただろうに。 -- ピーチ番頭 2010-12-27 (月) 16:25:12
    • 守りの方を優先したんじゃない? -- 2012-05-07 (月) 23:51:59
    • 容易に攻めることが出来るってのは、容易に攻められることもあるってことだよ。 -- 2017-03-12 (日) 18:21:05
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 Ephelは「外の囲い(outer fence)」の意味。Dúathは「薄暗い(dimness)」の意味のと、「影(shadow)」の意味のgwathの合成語で、「影(shadow)」の意味
*2 指輪物語 二つの塔 下』「七 十字路まで」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-12 (日) 18:21:05 (555d)