エダイン

概要

カテゴリー種族
スペルEdain*1
その他の呼び名アタニ(Atani)*2アタナターリ(Atanatári)、三つの人間の家系(Three House of Men)

解説

シンダール語で「第二の民(Second People)」の意。クウェンヤではアタニと呼ばれる。
元来はエルフの次に現れたイルーヴァタールの子である人間全体を示す言葉だったが、やがて第一紀ベレリアンドに到来したエルフの友たる三家(ドルソニオンベオルの族ブレシルハレスの族ドル=ローミンハドルの族)の人間のみを指す言葉として使われるようになった。

怒りの戦いに参加した人間のうち、彼らのみがヴァラールの側について戦い、崩壊したベレリアンドに代わってヌーメノールの地を褒美として与えられた。生き残ったエダインの大部分はヌーメノールへ渡り、ドゥーネダインと呼ばれるようになった。

また、ロヒアリムをはじめとする北方の自由の民はエダインと共通の祖先から分かれた人間であった。

エダインの三つの家系

ベオルの(やから)
最初にベレリアンドに到来し、フィンロドに見出された人間の一族。ベオルを始祖とし、フィナルフィン王家に仕えて主にドルソニオンに定住した。
黒もしくは茶色の髪と灰色の目を持ち、人間の中では最もノルドール族と似ていたとされる。
ハレスの(やから)
二番目にベレリアンドに到来した一族。最初はサルゲリオンに定住していた。他のエダインに比べて氏族としての纏まりが弱く、ベレリアンドに移住した当初は世襲による族長というものを持たなかったようだが、オークの襲撃を受けた時必要に迫られてハルダドが統率者となり、彼が戦死した後にその娘のハレスが族長に選ばれた。以後はハレスの族として知られるようになる。ハレスは一族を引き連れてブレシルへと移った。
ベオルの族に似ていたが、身長においては劣り、力のある王侯に統治されることも同族が寄り集まって住むことも好まず、知識の吸収にもさほど熱心ではなかった。
ハドルの(やから)
三番目にベレリアンドに到来した一族。マラハを始祖とし、その息子マラハ・アラダンらはヒスルムフィンゴルフィン王家に仕える。後にその子孫ハドルがフィンゴルフィンからドル=ローミンを割譲され、一族のほとんどを集めてドル=ローミンに定住するとハドルの族と呼ばれるようになり、エルフの諸侯と並ぶ威勢を誇った。
背が高く好戦的な族で、金髪と青い目が特徴であった。

その他のエダイン

三つの家系ではないが、ドルーの民オークを敵とした事からエダインの一員と見なされ、ドルーエダインと呼ばれた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エダインは現在のヨーロッパ人の先祖だと思う。ベオルの家系がラテン民族、ハドールの家系がゲルマン民族、ハラディン族がスラブ民族というふうに。 -- ホビット 2008-12-21 (日) 13:31:32
  • 単数形はAdan…アダム(Adam)と何か関連が有るのでしょうか? -- 2015-10-07 (水) 01:27:54
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 単数形アダン(Adan)
*2 単数形アタン(Atan)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-07 (水) 01:27:54 (1108d)