エグラディル

概要

カテゴリー地名
スペルEgladil
その他の呼び名Angle*1

解説

「角地」の意。ロスローリエンの森の東南、アンドゥインケレブラント(銀筋川)にはさまれた三角地帯であるナイスの突端の地。
ガラズリムが使う、ケレブラントの船着場がそばにある。指輪の仲間がロスローリエンを発つ直前、エグラディルの草地の上で、ケレボルンガラドリエルたちとの別れの宴が行われた。

unfinished index』ではエグラディルは「アンドゥイン銀筋川の合流点近くの狭い土地」*2Angleは「ローリエンのナイスの南端*3」とされている。

コメント

コメントはありません。 Comments/エグラディル?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 邦訳『旅の仲間』では「川と川とにはさまれた、エグラディル(Egladil, in the Angle between the waters)」と訳されている。
*2 'the narrow land near [the] junction of Anduin and Celebrant (Silverlode)'
*3 'the Southern end of the Naith of Lórien'

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-20 (金) 08:26:04 (2471d)