エアレンディル

概要

カテゴリー人名
スペルEärendil
その他の呼び名半エルフ(Halfelven)
航海者(the Mariner)
称うべき(the Blessed)
輝かしき、光の君(the Bright)
種族半エルフエダインノルドールヴァンヤールの血を引く)
性別
生没年第一紀503~
トゥオル(父)、イドリル(母)
兄弟なし
配偶者エルウィング
エルロンドエルロス(息子)

解説

名はクウェンヤで「わたつみを愛する者(Lover of the Sea)」の意。トゥオルイドリルの息子。エルウィングと結婚し、エルロンドエルロスの父となる。
第一紀半エルフの英雄。もっとも名高き航海者であり、中つ国からアマンへの航海に成功してヴァラールの助力を引き出す。その結果、彼の祖父にあたるフオルが予言したとおり、中つ国の自由の民の救世主となった。
さらにその後、エアレンディルは天空に渡り、永久に航海を続ける明星となった。

混同されることがあるが、エレンディルとは別人。

エアレンディルは海ゆく人よ、アルヴェアニアンにとどまって、ニンブレシルの木を伐るや、船出の船をつくりあげた。*1

ゴンドリンで、エルフと人間の望みとして誕生

第一紀ゴンドリンにて、人間トゥオルエルフイドリルの息子として生まれる。彼の耳と心には父トゥオルの場合と同じく、絶えず海が語りかけていたという。ゴンドリンの没落の際には両親と共にゴンドリンを脱出し、シリオンの港へと落ち延びたが、その途中で休息したナン=タスレンの地で父トゥオルから、水の王ウルモネヴラストの岸辺に現われた時の歌を聴き、エアレンディルの心には海への憧れが目覚めた。

シリオンの港の領主として

トゥオルイドリルに率いられたゴンドリンの遺民はシリオンの港に辿り着き、先に落ち延びてきたドリアスの遺民と共に住まった。
後にエアレンディルはドリアスの王だったディオルの娘エルウィングと結婚し、エルロンドエルロスの二人の息子の父となった。
トゥオルとイドリルが西方へと航海して去った後はエアレンディルがシリオンの港の領主となり、ベレリアンドの各地から避難してきたエルフ人間を共に治めた。

西方への航海

トゥオルとイドリルが西方へと航海して去った後もエアレンディルはシリオンの港に留まったが、その後を追いたいという望みを強く抱くようになった。さらに彼はアマンに到達してヴァラールに対し、中つ国のエルフと人間に対する助力と憐れみを請うという目的をも達成したいと願う。そこでエアレンディルはキーアダンの助けを借りてニンブレシルの樺からヴィンギロトという船を作り、三人の水夫(ファラサールエレルロントアイランディア)と共に西方への航海に出発する(その時に、母イドリルが残した緑の石を身につけていたと言われる)。

だがその航海はヴァリノール隠しによって失敗し、彼らは失望して中つ国に戻ろうとする。しかしその時、シルマリルを持ったエルウィングが白い鳥の姿となってヴィンギロトに辿り着いた。彼らはシルマリルを掲げ、改めて西方への航海を再開し、その力に守られて遂にアマンに到達する。エアレンディルはアマンに上陸して、ヴァラールに中つ国のエルフと人間のため、哀れみと助力を請うた。

天空の星となる

エアレンディルの願いは聞き入れられたが、彼が再び中つ国に戻ることは許されなかった。また半エルフである彼と妻のエルウィング、そして二人の息子であるエルロンドエルロス兄弟は、エルフ人間いずれの種族に属するかの選択を迫られた。エアレンディルは本心では父方の人間寄りだったが、選択をエルウィングに委ね、エルフの運命を選んだ彼女に自分も倣った。
ヴィンギロトは天空を航行する船となり、額にシルマリルを結びつけたエアレンディルはそれに乗って空の彼方、はるか虚空へまでも航海することになる。シルマリルの光は、中つ国のエルフや人間への希望の星として空に輝くようになった。中つ国では、ヴィンギロトが虚空に向かうときと虚空から帰ってくるとき、つまり明け方と宵の時間に空に見ることができる。我々の世界で「明けの明星」「宵の明星」として知られているのが、エアレンディルの星である。

怒りの戦いへの参加

エアレンディルは怒りの戦いで翼を持つたちが出撃してきた時、ヴィンギロトに乗って空から参戦した。夜を徹して空中で闘った末、エアレンディルは日の出前に黒竜アンカラゴンを打ち倒した。空から墜落したアンカラゴンが激突して、サンゴロドリムの塔は毀たれた。

その後

旅の仲間』作中において、裂け谷ビルボ・バギンズが作って歌っていたのがエアレンディルの歌である。ガラドリエルフロド・バギンズに与えた玻璃瓶には、エアレンディルの星の光が込められている。

ダゴール・ダゴラスの時にエアレンディルは地上に戻り、彼の持つシルマリルを差し出して最後の戦いに参加すると予言されているという。

備考

エアレンディルの名とその物語は、9世紀の古英語詩人キュネウルフ(Cynewulf)の詩「キリスト」の一節に由来する。

Eala Earendel engla Beorhtast
ofer middangeard monnum sended

おお、エアレンデル、天使らの中にありて光輝きわまりなきもの
人の世に送られて、中つ国の空にかかる*2

大学在学中にこの詩を目にして強いインスピレーションを受けたトールキンは、その後1914年頃に「宵の明星、エアレンデルの航海(The Voyage of Éarendel the Evening Star)」後に「エアレンデルの最後の航海(The Last Voyage of Eärendel)」と改題される詩を書いた。
この詩が、トールキンの中つ国アルダ)にまつわる神話体系の最初のものとなった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • エアレンディルの生年に関してですが、ゴンドリンの陥落の時七歳だった、という記述が「シルマリルの物語」にあったと思うのですが・・・。ですから第一紀の504年生まれでよいのでは?一度ご検討ください。 -- 2008-11-02 (日) 16:45:14
    • 調べてみました。「Tolkien Gateway」「Encyclopedia of Arda」「Lord of the Rings wiki」など海外の主要なサイトでは全て503年でした。日本のWikiでは何故か504年でした。海外の本Wikiには記載がありませんでした。我々中つ国Wikiは503年のままでいいかと。多分日本のWikiは間違ってますね。 -- 2012-04-05 (木) 12:56:18
  • 結構フロドに似てません? この人。自分が救った世界で幸福になることが出来なかったという点で…… -- 2008-11-08 (土) 20:41:13
    • 身を投げることとなった妻に再び出会える時点で神話の領域に入ってますから…、子供たちも奇跡的に無事だったし。 -- yseru 2008-11-14 (金) 10:09:05
  • 束教授は恐らくイエス・キリストをモデルにしたのだろう。罪人達(ノルドール)に代わっての贖罪とか・・・似てるよね。もっとも最期(?)は全然違いますけど。 -- ホビット 2008-12-31 (水) 21:28:22
    • 古英語で書かれた、キュネウルフの宗教詩「キリスト」のEarendelがモデルなので、イエス・キリストと解釈してもよい。 -- 2012-02-05 (日) 23:09:25
    • イエスは人間の所業を一旦全部チャラにしてくれたけど、またすぐに負債が積み重なったよね・・・・・ -- 2016-12-01 (木) 00:39:37
  • 本人は人間族でありたかったけど妻に流されてエルフ族の運命を選んだ人。家族の中でエルロスだけ違う道を選んだことをどう思っているのやら -- 2010-05-13 (木) 07:24:57
    • 結果としてエルフ以上に凄い運命になってしまわれたような・・・・・・世界の終わりまで家族と暮らせないなんて、正直ヴァラールえげつないことするなあと思いました(^^;その後も空飛ぶ船で参戦なんてフライングダッチマン号かよw彼を知ってる者達はみんなビックリしただろうなあ・・・ -- 2013-02-03 (日) 00:04:25
  • エアレンディルって誰?となかなか名前が覚えられなかったのですが、明けの明星、宵の明星(=金星)になってしまわれたと思ったら、大好きになりました。 -- haruharu 2011-04-14 (木) 21:04:34
  • このページ見るまで航海者ってVoyagerだと思ってた…Marinerだったのね(恥 -- 2012-04-05 (木) 12:14:29
  • 「シルマリルを取り付けられたヴィンギロト」ってどこに書いてあるんでしょう? -- 2012-06-08 (金) 01:35:07
    • 正確でなかったようなので修正しました -- 2012-06-08 (金) 03:42:23
  • いつかEUあたりの打ち上げる探査衛星にエアレンディルの名前が付けられる日が来ると信じてる -- 2012-10-10 (水) 01:33:37
    • どちらかというと、金星探査機エルウィングとか -- 2012-10-10 (水) 14:36:02
  • シルマリルシリーズを映像化するなら最終章の主役は彼だね -- 2017-02-04 (土) 22:03:53
    • 確かにその場合、エルロンドとエルロスが少年になりそう -- 2017-07-04 (火) 16:18:13
  • 彼はヴィンギロトに乗って何でアンカラゴンを仕留めたのでしょう? -- 2017-08-20 (日) 00:52:33
    • 撃竜槍 -- 2017-12-20 (水) 22:16:16
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間 下』「一 数々の出会い」 裂け谷ビルボが歌ったエアレンディルの歌の歌い出し
*2 訳文は『J.R.R.トールキン 或る伝記』による

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-20 (水) 22:16:16 (277d)