エアレンディルの歌

概要

カテゴリー詩・歌
スペルSong of Eärendil

解説

航海者エアレンディルを題材にしてビルボ・バギンズが作った詩。
第三紀3018年(大いなる年)の10月24日の夜、「最後の憩」館の火の広間で披露された。推敲にはアラゴルン二世も協力しており、歌の一節に緑の石を入れるよう強く要望したという。

  • 指輪物語』における邦訳*1

    エアレンディルは海ゆく人よ、
    アルヴェアニアンにとどまって、
    ニンブレシルの木を伐るや、
    旅出の船をつくりあげた。
    あえかな銀で帆を織りなし、
    舷燈もまた銀づくり、
    船首の先は白鳥をかたどって、
    旗々の上に燈りを置いた。

    古代の王たちの武具をつけ、
    鎖かたびらで身をよろった。
    輝く盾にはあらゆる危害や傷害をさける
    ルーン文字を刻みこんだ。
    弓はの角で作り、
    矢は黒檀を割ってしあげ、
    鎖胴着は銀で編み、
    玉髄(ぎょくずい)のさやにおさめた
    (はがね)のつるぎ、勇ましく、
    高い(かぶと)は堅牢無比、
    その前立(まえだて)にはワシの羽根
    胸に一個のエメラルドをつけた。

    船は星空の下、の下、
    北の岸べを遠くはなれて、
    この世の明るい境をこえ、
    魔の道にひき迷わされた。
    かれは凍った山中に影のさす
    せまい氷雪をきしませて逃げ、
    暑い坑道、燃える荒野を逃れて、
    なお星なき海をさ迷った末に、
    たどりついたのは、空虚の夜だった。
    そこをすぎて、かれにはまだ
    求める光も輝く岸も見られなかった。
    怒りの風がかれをおいはらった。
    泡立つ波に行方も知らず逃げのびて、
    西から東へあてどなく、
    先ぶれもなく、故郷へ急いだ。

    そのかれの許へ飛んで来たのは、エルウィングで、
    炎が暗闇に点ぜられた。
    かの女の首飾に燃えた火は、
    ダイヤモンドの光より明るかった。
    かの女がかれに結んだのがシルマリル
    冠においた生きた光よ。
    それからは不屈に、燃える額をむけ、
    かれは船首を進めていった。
    すると海のかなたの別世界から
    夜中に烈風がたちまちおこった。
    これ、タルメネルの強風で、
    死神のふきつける息のように、
    定命(じょうみょう)の者の通らぬ道へと
    刺すような風が、かれの船を運んだ。
    絶えて航く者のない灰色の荒海を
    今度は東から西へとかれは流れすぎた。

    永劫の夜をくぐって、
    暗くとどろく波浪に運ばれていった。
    波のはるか下には、世の光のさす前に
    すでに没した陸土があった。
    それから遂にかれは、楽の音をきいた。
    そこはこの世の果てる真珠の浜辺、
    とわに泡立つ波が
    黄金と青い宝石をなぶるところ。
    かれは見た。山々*2が黙してそびえ、
    ヴァリノールの裾根に黄昏(たそがれ)がこもるのを。
    またエルダマールが海の彼方をのぞむ姿を。
    さすらいの人は夜からのがれて、
    ついに白い港にたどりついた、
    緑なす美しいエルフの故国に。
    そこはイルマリンのふもと、
    空気は鋭く、ガラスのように澄んで
    切りたつ谷間にきらきらと
    燈りともしたティリオンの塔が、
    暗い海に照り()えていた。

    かれは遍歴の船脚をここに止めた。
    エルフたちは歌を教え、
    老いた賢者たちは不思議を語り、
    黄金の竪琴が運ばれてきた。
    それからエルフの白衣を着せられて、
    七つの星*3にみちびかれ、
    カラキリアンをぬけるように、
    ひとりさびしく隠れ里へでかけていった。
    かれの来た(とき)のない室々では、
    無限の時が輝き落ちて、
    そびえ立つイルマリン
    長上王の御代が無窮に続いていた。
    それから、きいたためしのない言葉で、
    人間エルフのことをきいた。
    この世に住む者には禁ぜられた、
    この世の外の姿を示された。

    つぎに新しくエルフが作ってくれた船は、
    ミスリルとエルフのガラスから成り、
    輝く船首はあるが、こぐ()はなく、
    銀のマストに帆もはらず、
    舷燈がわりにシルマリル
    明るい旗には、燃える炎、
    これみなエルベレスが自らとりつけたもので、
    さらにかれのためにかの女は不滅の翼を作って備え、
    かれには不死の命運を与えて、
    岸なき天つ海原を渡るように
    の後、の後について飛ぶようにした。

    静かに銀の泉のおちる
    常宵(じょうしょう)なす高い峰*4から
    翼ある船がかれを運んだ。
    漂う光は峻嶮をこえていった。
    世の果て*5から飛び去って、闇をぬけ、
    はるかな故国を再び見いだそうと切望して、
    一つ星のように燃えながら
    霧の上空をこえて、かれは来た。
    日の出前の遠い(ほのお)となって、
    夜明けを待たぬ奇跡となって、
    北の国の川が薄墨色に流れるところへ。

    そして(なか)(くに)を越える時に
    かれがとうとうききつけたのは、
    太古人間の女たち、エルフ乙女たちの
    はげしい(すす)り泣きの声だった。
    しかしかれには強力な命運があった。
    の光がうすれるまで、丸い星を通すべく、
    死すべき人の住む此岸にはとどまれない。
    使命を伝える者は、とこしえに、
    かれの輝く燈明であるいやはての
    西方国フラムミフェアをかかげて、
    休むことを許されないのだ。

  • 英語原文

    Eärendil was a mariner
    that tarried in Arvernien;
    he built a boat of timber felled
    in Nimbrethil to journey in;
    her sails he wove of silver fair,
    of silver were her lanterns made,
    her prow was fashioned like a swan,
    and light upon her banners laid.

    In panoply of ancient kings,
    in chainéd rings he armoured him;
    his shining shield was scored with runes
    to ward all wounds and harm from him;
    his bow was made of dragon-horn,
    his arrows shorn of ebony;
    of silver was his habergeon,
    his scabbard of chalcedony;
    his sword of steel was valiant,
    of adamant his helmet tall,
    an eagle-plume upon his crest,
    upon his breast an emerald.

    Beneath the Moon and under star
    he wandered far from northern strands,
    bewildered on enchanted ways
    beyond the days of mortal lands.
    From gnashing of the Narrow Ice
    where shadow lies on frozen hills,
    from nether heats and burning waste
    he turned in haste, and roving still
    on starless waters far astray
    at last he came to Night of Naught,
    and passed, and never sight he saw
    of shining shore nor light he sought.
    The winds of wrath came driving him,
    and blindly in the foam he fled
    from west to east and errandless,
    unheralded he homeward sped.

    There flying Elwing came to him,
    and flame was in the darkness lit;
    more bright than light of diamond
    the fire upon her carcanet.
    The Silmaril she bound on him
    and crowned him with the living light
    and dauntless then with burning brow
    he turned his prow; and in the night
    from Otherworld beyond the Sea
    there strong and free a storm arose,
    a wind of power in Tarmenel;
    by paths that seldom mortal goes
    his boat it bore with biting breath
    as might of death across the grey
    and long forsaken seas distressed;
    from east to west he passed away.

    Through Evernight he back was borne
    on black and roaring waves that ran
    o'er leagues unlit and foundered shores
    that drowned before the Days began,
    until he heard on strands of pearl
    where ends the world the music long,
    where ever-foaming billows roll
    the yellow gold and jewels wan.
    He saw the Mountain silent rise
    where twilight lies upon the knees
    of Valinor, and Eldamar
    beheld afar beyond the seas.
    A wanderer escaped from night
    to haven white he came at last,
    to Elvenhome the green and fair
    where keen the air, where pale as glass
    beneath the Hill of Ilmarin
    a-glimmer in a valley sheer
    the lamplit towers of Tirion
    are mirrored on the Shadowmere.

    He tarried there from errantry,
    and melodies they taught to him,
    and sages old him marvels told,
    and harps of gold they brought to him.
    They clothed him then in elven-white,
    and seven lights before him sent,
    as through the Calacirian
    to hidden land forlorn he went.
    He came unto the timeless halls
    where shining fall the countless years,
    and endless reigns the Elder King
    in Ilmarin on Mountain sheer;
    and words unheard were spoken then
    of folk of Men and Elven-kin,
    beyond the world were visions showed
    forbid to those that dwell therein.

    A ship then new they built for him
    of mithril and of elven-glass
    with shining prow; no shaven oar
    nor sail she bore on silver mast:
    the Silmaril as lantern light
    and banner bright with living flame
    to gleam thereon by Elbereth
    herself was set, who thither came
    and wings immortal made for him,
    and laid on him undying doom,
    to sail the shoreless skies and come
    behind the Sun and light of Moon.

    From Evereven's lofty hills
    where softly silver fountains fall
    his wings him bore, a wandering light,
    beyond the mighty Mountain Wall.
    From a World's End there he turned away,
    and yearned again to find afar
    his home through shadows journeying,
    and burning as an island star
    on high above the mists he came,
    a distant flame before the Sun,
    a wonder ere the waking dawn
    where grey the Norland waters run.

    And over Middle-earth he passed
    and heard at last the weeping sore
    of women and of elven-maids
    in Elder Days, in years of yore.
    But on him mighty doom was laid,
    till Moon should fade, an orbéd star
    to pass, and tarry never more
    on Hither Shores where Mortals are;
    for ever still a herald on
    an errand that should never rest
    to bear his shining lamp afar,
    the Flammifer of Westernesse.

コメント

コメントはありません。 Comments/エアレンディルの歌?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 旅の仲間』「数々の出会い」
*2 英語原文は単数形のthe Mountain
*3 英語原文はseven lights(七つの光)
*4 unfinished index』によると、「常宵なす高い峰(Evereven's lofty hills)」のEverevenとはエルダマールのこと。Ever-eveとも呼ばれる。
*5 『unfinished index』によると、「世の果て(World's End)」とはヴァリノールの遠隔の地(The remote side of Valinor)のこと

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-21 (木) 18:09:47 (272d)