エアルヌア

概要

カテゴリー人名
スペルEärnur
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(1928)~†2050?(享年122)。在位2043~2050(7年間)
エアルニル二世(父)
配偶者なし
なし

解説

ゴンドールの王
第32代
エアルニル二世
1945~2043
第33代
エアルヌア
第三紀2043~2050
王帰りますまで
統治権を持つ執政による統治
王国の再統一
エレスサール
3019~第四紀120

ゴンドール33代目にして(3019年にエレスサール王が戴冠する以前の)最後の王。武芸にのみ喜びを見出す性格で、王というよりは闘士に見えたという剛勇の人物。だが、思慮分別においてはそれを持ち合わせた父エアルニル二世に似ていなかったという。

戴冠前の第三紀1975年、アルセダインアルノール)を救援するための軍団の指揮を任され、父王エアルニル二世によって灰色港に派遣された。エアルヌアは、ネヌイアル湖と北連丘の間の平原で、フォルンオストから出撃したアングマールの軍勢と戦い、勝利を収めた(フォルンオストの合戦)。
だが敵が全滅した時にアングマールの魔王が現れ、エアルヌアに襲い掛かった。この時エアルヌアの乗馬が恐慌状態に陥り、彼はこれを御しきれずに遠くへ運び去られてしまい、魔王からその様を笑われた。魔王はその場に現れたグロールフィンデルによって追い払われ、北方から姿を消したが、エアルヌアは魔王から受けた屈辱を忘れなかった。

2043年に父エアルニル二世が死に、エアルヌアがゴンドールの王位を継ぐと、ミナス・モルグルを根城とする魔王がエアルヌアを挑発して一騎打ちを申し込んできた。この時は執政マルディルがエアルヌアを制止したが、その7年後の2050年に再び魔王から挑発されると、今度はマルディルもエアルヌアを止めることができなかった。エアルヌアはゴンドールの王冠を父エアルニルの亡骸の膝の上に置いていき、それから僅かな騎士のみを引き連れてミナス・モルグルへ向かい、そのまま戻らず消息を絶った。ゴンドールではエアルヌアは敵の罠にかかり、ミナス・モルグルで責め苛まれて死んだと信じられた。

エアルヌアは妻を娶らず、子を残さなかった。さらに当時は既に王家の血を引く者がとても少なくなっており、純粋な血統の者や王位を主張できるほどの実力者が残っていなかった。エルダカールが戴冠したときのような、王位を巡っての内乱(同族の争い)が再び起こることを恐れたゴンドール人は、王位継承者を選出することを諦めた。以後ゴンドールは、マルディルと彼の子孫達の執政によって「王帰りますまで」治められることになった。

ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

物語に関わる人物として名前が登場。詳細はロード・オブ・ザ・リングス オンライン/ストーリー/Volume I. Shadows of Angmarを参照(ネタバレあり)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 息子ぐらい残しとけよ・・・ -- 2007-10-28 (日) 00:55:34
    • 魔王からの逃亡、より正当かもしれないアルヴェドゥイの死と北方王国の滅亡を防げなかったこと、王家といっても傍系の出であること、これが重荷になって、自分に王家を継ぐ資格は、今はまだない、と思ってしまったのかも。そして魔王を倒したなら、正当な資格を持ったと自分で自分を認めることができる、と思ったのではないか・・というのを考えてみた -- 考え過ぎ 2010-12-07 (火) 03:12:16
  • アングマールダキル・・・ですね。 -- ホビット 2008-12-07 (日) 16:21:57
  • 父王たるエアルニル二世は、己が息子の戴冠を不安に思わなかったんだろうか……。どう見ても国を保てる君主に見えない。この時にゴンドールが滅びなかったのは幸運なだけ。 -- 「ど」の字 2009-06-03 (水) 01:09:11
    • 確かに愚かな行為だったのは間違いありませんが、この王の最後は悲しい。 -- 2009-06-03 (水) 11:21:03
  • マヌエル1世コムネノス -- 2009-07-20 (月) 23:51:54
    • 思慮分別もある父に対して武闘派の息子と言う構図からするとヨハネス8世パレオロゴスでは。もっともエアルヌアの頃はゴンドールはまだまだ元気ですが -- 2015-02-02 (月) 22:20:30
  • ボロミアの人となりはこの王に似ていたらしい。 -- 2010-03-13 (土) 22:23:27
  • 武芸に関してはゴンドールに並び立つ者がいない。 王でなく戦士だったら別な意味で名を残したかも。 -- 2012-04-12 (木) 18:04:27
    • ヘルムと勝負したらどっちが勝つかな? -- 2012-04-13 (金) 18:10:19
    • それより、魔王と実際、タイマンしたらどっちに軍配が上がるかな。 -- 2012-04-15 (日) 22:00:17
      • そりゃ魔王でしょ -- 2012-04-15 (日) 22:42:55
      • エオウィンと戦った際、原作では鉾で、映画版では人の頭ほどもある鉄球(普通の人は扱えません。)を振り回して、彼女の盾を破壊している。 人間の男には殺せない予言抜きでも魔王が余裕で勝つだろう。 -- 2012-04-16 (月) 21:31:38
  • 諡は間違いなく「武帝」で決まりだな -- 2015-04-27 (月) 00:38:10
    • 武王じゃないの? -- 2015-09-24 (木) 14:55:46
  • ヒャルメンダキルがユスティニアヌスならエアルヌアはヨハネス8世だなあ -- 2017-05-24 (水) 23:47:28
  • エアルヌアはコンモドゥスでしょ。相次ぐ蛮族の侵入から人生の大半を国家の防衛戦争に捧げながら哲学者肌だった賢帝マルクスの息子でありながら、剣闘や武勇に喜びを見出した剣闘士皇帝コンモドゥスこそ、まさにエアルヌアのイメージにピッタリ。親子二代で帝統が途絶えた点も似ている。 -- 2018-07-12 (木) 21:39:54
  • そもそもヨハネス8世は「最も狡猾なギリシャ人」と呼ばれたくらい権謀術数を好んだ人物。(戦争指揮も優れていたようだが)到底エアルヌアの器では無い。 -- 2018-07-12 (木) 21:42:08
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-12 (木) 21:42:08 (6d)