ウルガス

概要

カテゴリー種族
スペルUrgath

解説

ICE設定に登場する東夷の一派。リューンの湖の東岸一帯の土地を支配し、母系部族による緩やかな連合体を築いている。北岸に住むロガス、西岸に住むサガスとは、第二紀の東方から移住してきた民ウガス(Ulgath)を共通の祖先に持つ。また一部の者たちは、沿岸部に住むガスマリグ?エレド・リスイ付近に住むブライガスという別個の独立した氏族を形成している。周辺勢力の動向に影響を受けやすく、時代によって所属する陣営を度々変えている。

歴史

第二紀の頃、ウガスの民は東方の大河タラスラント(Talathrant)の流域に住み、ヴァリアグの祖先であるイオリアグ(Ioriag)と連合体を築いていた。
第二紀596年から、川の上流に住む南ウガスはイオリアグと同盟を組み、730年頃には同胞の北ウガスを川の下流から追い出して土地を奪った。
だが1000年頃には彼らもイオリアグによってその地を追われ、やむなく西方へ向かい、リューンの湖の南東に位置するスルベキ?川(Surubeki)の流域を中心に住むようになった.
この頃から、彼らは放浪の民(Wandering People)を意味するウルガスを名乗るようになった。

ウルガスの信奉する神々の中にはモルゴスも含まれていた。そのためモルドールを本拠としたサウロンは彼らを味方に引き入れようと、ロクソール(Lokuthor)という名のウルガスの高僧に接近し、力の弱い指輪の一つである束縛の指輪(Binding Ring)を授けた。ロクソールは東夷の民をサウロンの影響下に置くために活動する召使となった。

第二紀の末期、モルドールと最後の同盟との間で戦いが起きるとウルガスも冥王の陣営に加わり戦った。
だがダゴラルド?の戦いでサウロンが敗れ、モルドールの勢力が瓦解すると、諸部族は全ウルガスの支配権を握ろうと互いに激しく争い、第三紀の最初の四世紀の間それが続いた。一部の部族は土着の民であるドナスの部族と同盟を結んだり、湖の北側にあるドルイニオンと交易を行うものが現れた。そうした部族はやがて西方の民と同化し、湾岸の人々(People of the Bay)を意味するガスマリグ(Gathmarig)という名の別の氏族になった。

480年頃、東から虫害がウルガスを襲い、多くの部族が貧窮した。ある族長の夫アテョリ・サフド(Atyoli Sahd)という男は妻の後継者となる自分の娘を追放し、族長の座に収まった。サフドに率いられた部族はより良い土地を求めて同胞と決別し、西方に移動した。
サフドの一党はオドリアグの土地を抜け、北国人の町ブルフ・アルメンリク(Burh Armenrik)を略奪した後、ロヴァニオンに住んでいた別の氏族サガスの縄張りに侵入して土地と家畜を奪った。しかし、その土地タラス・ハルロクも貧しく、西に追いやられたサガスは北国人からの略奪でむしろ豊かになった。そこでサフドの一党はサガスの首長カロスと同盟を組み、大挙してゴンドールに侵入し、ローメンダキル一世を殺した。しかし、その後継者のトゥランバールとの戦いに敗れ、サフドの族長は討ち死にした。
北国人の追撃を逃れ、東まで逃れた一党はウルガスの領地に帰還したが、同胞には合流せず、自らを男によって率いられる人々を意味するブライガス(Brygath)と名乗り、別の氏族となった。

1250年頃、リューンで頻発する紛争の沈静化を名目に、ミナルカールヴィドゥガヴィア率いるゴンドールロヴァニオンの連合軍がリューン南部に侵攻し、ウルガスも攻撃を受けた。一連の遠征により、東夷の殆どの民が西方に対する憎しみを抱いた。

その後、十三世紀頃から、平原の神ケルカッスク(Kerkassk)の化身を名乗る人物が東夷の民の元に現れるようになった。その正体はサウロンの召使の一人であるネモル(Nemol)という魔術師だった。彼はケルカッスクを強欲な西方人から平原の民を庇護する守護神と騙り、布教活動を続けた。多くの者がその教えに耳を傾け、アングマールで行われている聖戦に参加するべく、Kharg Huka(。「PlainsWarriors」)の傭兵団に参加し、西方に向かった。

リューンの湖の南岸に面した都市ミストランド(Mistrand)を中心にケルカッスクの信仰は徐々にリューン全域に広がり、ウルガスの民も教化されていった。首長たちの中にはドルウィンリムの商人たちから貢物を受け取っている者たちがおり、中には彼らに味方する者もいた。しかし、1650年頃までにドルウィンリムの入植地ケレパール(Kelepar)が陥落し、交流は途絶した。
やがて、ウルガスを含むリューンの東夷はミストランドを首都とする馬車族の連合イガス(Igath)として統一され、ゴンドールへ侵攻を開始した。

出典

  • 『Perils on the Sea of Rhûn』
  • 『The Inland Sea』

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • いろいろ複雑ね。 -- 2018-03-19 (月) 13:46:25
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-19 (月) 13:46:25 (190d)