ウトゥムノ

概要

カテゴリー地名
スペルUtumno
異訳ウツムノ
その他の呼び名

解説

生身の命を持つ者の中で、ウトゥムノの地下深く降りていった者がどこにいるというのだろう。あるいは、メルコールの暗い意図を探った者が、どこにいるというのだろう。*1

クウェンヤで「地獄」の意*2
灯火の時代中つ国北方に作られたメルコールの最初の地下大城砦。エレド・エングリン(鉄山脈)を防壁としてその背後に築かれた。メルコールはここに拠って長い間中つ国を支配していたが、二つの木の時代クイヴィエーネンにてエルフが目覚めると、ヴァラールの軍勢がエルフを守るためにウトゥムノを攻撃してきて陥落し、徹底的に破壊された。(力の戦い
後に中つ国に舞い戻ったメルコール(モルゴス)は、ウトゥムノの前哨基地であったアングバンドを新たに根拠地とするようになったため、第一紀以後の歴史にはウトゥムノは登場しない。

シルマリルの物語』や『終わらざりし物語』で語られているオークの起源によると、ヴァラールの加護がなく、メルコールに抗するすべを知らなかったエルフ達はウトゥムノでおぞましい拷問を受け、オークへと変貌していった。メルコールは自分の仕事に満足したが、一方でオーク達のほうは自分たちを歪めたメルコールを嫌悪しきっていたという。
オークの他にも、メルコールはこのウトゥムノ時代に後の世を悩ませる数多くの怪物や害悪を生み出し、中つ国を浸食していた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • オークはここで拷問を受けて作られた。
    • エルフから作られたというのは一説みたいです。あくまで。 -- コナカ
    • エルフがああなるなんて考えられない。エルフから作られたとしたら、あまりにも変わりすぎ・・・。
      • それほどメルコールの拷問がむごかったという事なのでしょうか。
    • 心身共に物凄くおぞましくすれば、他の種族に受け入れられない、気に入らなくとも結局は自分の元に戻らざるを得ない。 そのつもりでメルコールは便利な道具としてエルフをオークに改造したのでしょう。 そのころのメルコールは邪魔をする、歪める、破壊する、汚濁する以外の能力はなくなってましたから。 己が所業のせいで自ら創造することはできないですから。 しかしオークにとっては迷惑な話。 平和に暮らしていたをいきなり拉致、監禁されたうえ、次世代に遺伝する醜悪な容姿になるまで拷問を受ける。 これでは性格も歪むのは当然。 自分たちよりも容姿、暮らしがまともな他種族を襲いたくなるのも分かる気がします。 仕返ししたくとも相手が強すぎますから鬱憤を他で紛らわすより他にないのでしょう。 しかし、そのためにかえって他種族から恐れられ、嫌われ、憎まれて手痛い逆襲を受ける。 それが世代を超えて長きに渡る繰り返し。 つまるところオークに救いはありません。 物語でもっとも哀れな種族はオークなのかもしれません。 しかし、この世の終わりの最後の合戦、ダゴール・ダグラスが終わってメルコールのばらまいた悪が一掃されたとき、彼らにも救済が訪れることを願っています。 -- 斎藤チロン 2010-05-15 (土) 20:14:07
      • 次の次の時には、オークさん、竜さん、バルログさん達とも一緒に歌いたい。 -- 2015-02-06 (金) 21:39:52
  • ここって実は「怒りの戦い」の後も、海の底に沈んでいないような位置にあるような気がするのですが・・・第2紀・第3紀の時代にも遺跡として存在しているならば、是非見てみたかった・・・けどバルログの生き残りとかいそうだな。 -- ボリーの用心棒 2010-08-20 (金) 23:53:21
    • 地下抗ほじくり返されて露天掘りされたらしいのでただの盆地か湖になってると思う -- 2016-09-29 (木) 14:28:02
  • ウツムノ>アングバンド>モルドールの順で規模が小さくなってるとか。 -- 2010-12-04 (土) 16:47:28
    • やはり最盛期のアングバントよりも大規模なものだったのでしょうね。 -- 2011-01-02 (日) 21:39:49
      • もともと、アングバンドは西からの備えとしての出城として造られたものだからね。 -- 2011-01-12 (水) 01:10:42
      • 最盛期のアングバントの方がデカイ気がする。元は砦だが、増改築してサンゴロドリムとか作ってるし、一度負けたのにそれより規模が小さいことは無いでしょう -- 2011-11-11 (金) 02:56:54
      • メルコールは後になるにつれて力を落としていってますから、ウトゥムノに匹敵するほどの要塞は再びは作れなかったのではないでしょうか。 -- 2012-09-06 (木) 15:56:03
  • なぜかずっとウツノムと誤読していました。 -- 2013-04-02 (火) 23:34:41
    • ウツノムおとされたメルコオルさん、鬱々とやさぐれはてて飲む打つ買うの日々、こないだも朝9時半頃にパチンコ屋の前でうつむいてたのみかけたよ。 -- 2015-02-08 (日) 22:14:33
  • オークに歪められた自覚なんてあったのか。 -- 2015-07-14 (火) 14:37:21
    • 慣れてしまうと、どんな過酷な状況に置かれても、それが当たり前と感じ、疑問にすら思わなくなるものですよ。 -- 2017-03-04 (土) 03:36:49
  • ウツムノとアングバンドとサンゴロドリムの区別がつかなかったが、ウツムノ=後背にかつてあった本城、アングバンド=そのときの前哨地下要塞、サンゴロドリム=それを掘ったときの瓦礫を積み上げて作った地上要塞、といった感じでしょうか?--トミー -- 2015-11-04 (水) 16:34:06
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「エルフたちの到来と虜囚となったメルコールのこと」
*2 シンダール語形はウドゥン(Udûn)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-04 (土) 03:36:49 (475d)